五十肩の症状と原因 | 仙台やすらぎの杜整体院

五十肩(四十肩)の症状 仙台市やすらぎの杜整体院

肩が痛くて腕が挙がらないあなたへ

五十肩とは、年齢が40代以上から50代の人に多い肩関節の症状です。
医学用語では五十肩のことを、肩関節周囲炎といいます。

肩の痛みや、動きにくさを訴えます。おこりやすい男女差や、左右差はありません。 腕を上げようとすると肩が痛い、手を後ろにまわそうとすると痛い、などの症状を訴えます。

ある日を境に激痛を訴えることが多いです。
急性期はじっとしていても痛く、痛みで眠れないという人もいます。
慢性期になると徐々に動かせるようになりますが、ある程度まで動かすと痛みが生じます。

何もせずに放っておいても自然治癒する場合もありますが、たいていは病院で治療を受けても、症状が長引くケースが多いです。
右の肩がやっと治ったと思ったら、左の肩が五十肩になったりします。
両肩がいっぺんに発症するケースは少ないようです。

五十肩(四十肩)の原因 仙台市やすらぎの杜整体院

五十肩がなぜ起こるかというはっきりした原因は解明されておらず、老化のせいにされてしまう場合がほとんどです。

五十肩の痛みは突然に襲ってきます。ある日を境にして突然痛くなるのです。
患者さん本人に訊いてみても思い当たる心当たりがありません。

五十肩の原因ははっきりと解明されておらず、病院や治療院などで治療をうけてもなかなか改善しにくいのが現状です。
老化などによる骨や関節の変形が原因であるとする従来の損傷モデルでは、肩関節の可動域を無理に広げるような治療が行なわれているケースが多いのです。

仙台やすらぎの杜整体院では五十肩の痛みは、肩甲骨周囲の筋肉に発生したトリガーポイントによる関連痛と考えています。
骨や関節ではなく、筋肉に原因を探り施術を行なっています。