oracle

スポンサードリンク ********************************************************************** 注意点 ********************************************************************** SGAのサイズについて ●SGA(System Global Area)の構成 ・データベース・バッファ・キャッシュ ・REDOログ・バッファ ・共有プール ・ソート・エリア(MTSサーバ構成の場合) 既存のSGAサイズの確認方法 1.ServerManagerを起動する 2.internalで接続する 3.以下のコマンドを実行する show SGA 4.結果 例) 全システム・グローバル領域 18714712バイト → 以下の総計 Fixed Size 49240バイト → 固定(OS、OracleのVersionにより異なる) Variable Size 10203136バイト → shared_pool_size + 他要素 Database Buffers 8388608バイト → db_block_size * db_block_buffers Redo Buffers 73728バイト → log_buffer(マニュアル上) ●SGAサイズの決定時の注意点 1.対象の製品のリリース・ノートを参照し、上限値等を確認する。 2.1つのoracleシステムが使用するSGAの大きさよりもSHMMAX(カーネル・パラメータ: 共有メモリ・セグメントの最大サイズ)を大きく設定する。  SHMMAX > 1つのOracleシステムが使用するSGAの大きさ 3.概算方法 (SGA SIZEの上限値) ≒ DB_BLOCK_BUFFERS×DB_BLOCK_SIZE+SHARED_POOL_SIZE+LOG_BUFFER+1〜2MB 4.init*.oraの上記パラメータを全て「SMALL」に設定し、上記の式を満たすか 計算する事をお勧めします。 ●SGAがたりる条件 ・SGAのサイズが実メモリのサイズ以下である(これは当然のこととしてです。) ・SGAのサイズが設定可能(獲得可能)な最大サイズ1.7GB以下である ・SGAがSHMMAX以下である ・SGAを実メモリの空き容量以上に指定してもswapに退避可能である ●セマフォについて SEMMNS > processes + max processes + instance_processes + system processes→ system上で稼動する 全てのインスタンスのinit.oraの processes パラメータの 総数 max processes→ 同一システム上で稼動するインスタンスの processes パラメータのうち最大の 値 instance_processes→ BACKGROUND PROCESS数(SMON, PMON, DBWR, LGWR,CKPT等) × インスタンス数 * インスタンス起動時のBACKGROUND PROCESS数は、 ORACLEのVERSIONや初期化パラメータ(job_queue_processes、log_archive_start 等) の設定により変化します。 見積もり時には、6 PROCESS(SMON,PMON,DBWR,LGWR,CKPT,RECO)で計算し 少し余裕をもたせる。 system→ Oracle Database以外が必要とするsemaphoreの数 ●248日問題 以下の方法で、該当ライブラリから個別パッチの入替え対象となっているモ ジュールを 抽出してchecksumを行い、その値と”パッチダウンロード”にある『注意点/ 適用方法 (patchXXXXXXX.txt)』に記載されている個別パッチ・モジュールに関する checksum情報 を比較して頂くことにより、確認できます。 Sun Solaris(SPARC) 8.0.6.Xの場合 % /usr/ccs/bin/ar -x $ORACLE_HOME/lib/libcore4.a sltm.o % /usr/ccs/bin/ar -x $ORACLE_HOME/lib/libcore4.a sslss.o % /usr/bin/cksum sltm.o 3308435142 4400 sltm.o % /usr/bin/cksum sslss.o 2934814422 10176 sslss.o   ~~~~~|~~~~ ~~~|~ checksum情報 ファイルサイズ(byte) ********************************************************************** コマンドについて ********************************************************************** ●上から、制御ファイル、データファイル、オンラインREDOファイル(バックアップに必要) select name from v$controlfile; select name from v$datafile; select member from v$logfile; select * from v$log_history; アーカイブログファイルのやつ ●アーカイブログモードに切り替え $ svrmgrl connect internal startup mount alter database archivelog; alter database open; alter system archive log start; alter sytem switch logfile; ●インポート、エクスポートについて exportについて exp system/manager FILE=exdat1.dmp FULL=Y importについて IDを確認すること imp system/manager FILE=exdt1.dmp FULL=Y DESTROY=Y IGNORE=Y テーブルスペースの作成 ◎crtabsp.sql connect system/manager create tablespace schedule datafile 'c:\intra\dbs\schedule.ora' size 50M default strage (initial 500k next 500k minextents 1 maxextents 121 pctincrease 0); ◎connect system/manager create user sch_dba identified by sch_dba default tablespace schedule temporary tablespace temporary_data; grant connect, resource to sch_dba; alter database drop logfile group 7 ********************************************************************** リスナーに関して ********************************************************************** リスナーログの切り離し ■[リスナーのログ出力を動的に停止する方法] % lsnrctl LSNRCTL> set current_listener <リスナー名> <= オプション(リスナー名が LISTENER ではない場合) LSNRCTL> set log_status OFF <= 出力停止 LSNRCTL> set log_status ON <= 出力開始  ※上記手順の場合は、出力停止中の間にリスナーログをmv,rm,compress 等を   実施します。   set log_status ON を実行してログ出力を再開する際に、該当リスナーが指定   する名称のログファイルが存在しない場合は、set log_status ON のタイミング   で新規ファイルが自動生成されます。   (新規ファイル自動生成時は、「DD-MON-YY HH24:MI:SS * log_status * 0」    というような出力が1行目に出力されて作成されます。) ■リスナーを停止せず listener.log を連続性を保ったまま新しく出力させる方法 [対処] lsnrctl ユーティリティの set log_file コマンドを使用することで可能です。 以下の手順例をご参考下さい。 例) 現在のファイル名を listener.log とします。 1. 以下のコマンドを使用し、新たに listener1.log を出力させるようにします。 % lsnrctl LSNRCTL> set log_file listener1.log # この時点で、listener.log があるディレクトリに # 新たに listener1.log というファイルが作成され、 # 今後はこのファイル上にロギングが行なわれます。 2. 現在の listener.log をリネームします。 % mv listener.log listener.log.20030507 3. 再度、現在のファイル名 listener1.log を 以下のコマンドを使用し、listener.log と元の名前で 出力させるようにします。 % lsnrctl LSNRCTL> set log_file listener.log これにより、listener.log の再作成が行なわれたことになります。 また、listener.log.20030507, listener1.log そして現在の listener.log と、 その間の連続性は失われてはいません。 ●他のリスナーに乗り換える。 % lsnrctl LSNRCTL> set current_listener listener_1523 lsnrctl start LISTENER_1523 ********************************************************************** 設定ファイルについて ********************************************************************** SID 名前 言語 Japanese_Japan.JA16SJIS(言語環境) サーバ構成 ? SGA  db_block_buffers バッファキャッシュ内の有効なデータベースバッファの数を指定  shared_pool_size 共有プールのサイズ  log_buffer redoエントリをredoログファイルにバッファリングする時のメモリ量 db_block_size 表、索引にfreelists記憶パラメータの最大値。大きいほどパフォーマンスが高い control_files コントロールファイル(ミラー化を推奨) dump_file  core_dump  background_dump  user_dump redo_log archivelog listener_port db_files オープンできるファイルの最大数 db_file_multiblock_read_count  1回のI/Oで読み取られるブロック最大数 db_block_size DBのブロックのバイト単位のサイズ shared_pool_size

間違い、修正、追加は恐れ入りますがご連絡ください。

もどる
solarisコマンド関連ページ


unixコマンド関連ページ
oracleコマンド関連ページ
合計今日昨日