UNIXコマンド

スポンサードリンク ********************************************************************** システム系コマンド ********************************************************************** arp arp -a 通信できるサーバの確認 boot 起動 boot -s シングルユーザーモードで起動 boot -r リコンフィギュア(周辺機器つけたときに使用) boot cdrom CDから起動 cfgadm マルチユーザーモードのまま、ハードの切り離し、認識ができます。 cfgadm -al インターフェース情報が見られます。 cfgadm -av 詳細が見られます。 cfgadm -c connect 電源供給開始 cfgadm -c disconnect 電源切断 cfgadm -c configure ドライバを読み込む cfgadm -y 質問にyesで答える cfgadm -f 強制的に実行する 例)cfgadm -av c1::dsk/c1t0d0 df df -k ディスクのマウント状態を見られる dmesg メモリ、cpuなどハード構成が見られる eeprom /usr/platform/sun4u/sbin/eeprom ハードの設定情報が見られる ifconf ifconf -a NICの設定情報確認 id id -a ユーザー情報の表示 installboot /usr/platform/`uname -i`/lib/fs/ufs/bootblk /dev/dsk/c0t0d0s0 インストールブロックを作成 ipcs ipcs -a 共有メモリ、セマフォの確認 kill kill -9 プロセス番号 プロセスを強制終了させます。 kill -HUP プロセス番号 プロセスのリフレッシュ namazu namazu 検索文字列 インデックス modload modload -p sys/semsys モジュールをロードします。(/etc/systemの反映?) mount mount /dev/dsk/c0t0d0s0 /mnt /dev/dsk/c0t0d0s0を/mntという名前でマウント mt テープを操作 mt fsf 1 1つ早送り mt bsfm 1 1つ巻き戻し mt rewind 全部巻き戻し mt offline テープを排出 netstat netstat -nr ネットワークの状況がわかる。ルーティングケーブルを見る。 nslookup DNSの情報を表示します。 patchadd -d . パッチファイル パッチを当てる pkgadd パッケージソフトの追加 pkgadd -d . GNNgcc ソフトのインストール(ディレクトリ) pkgadd -d ./ファイル名 ソフトのインストール(ファイル) pkginfo pkginfo インストールしてあるソフト情報 pkgmod pkgmod -d ファイル(ディレクトリ)名 ソフトのインストール pkgrm pkgrm 名前 パッケージの削除 prtdiag /usr/platform/sun4u/sbin/prtdiag ハード周りの設定が見られる。 reboot reboor 再起動 reboot -- -s シングルユーザーモードで再起動 reset rebootと同じだが、めもりをクリアする。 sendmail テストモード $m 何が入ってるかわかる $R o メールアドレス配送 チェックリレー shutdown シャットダウンする。 shutdown -i0 -g0 -y okプロンプトまで落とす shutdown -i5 -g0 -y 電源断 shutdown -i6 -g0 -y 再起動 showrev showrev -p パッチ情報表示(以下の情報もパッチ情報には必要。) truss truss -o /tmp/truss.log command.sh 実行のログを細かくとる ufsdump バックアップ取得 ufsdump 0f backup.dump /dev/rdsk/c0t0d0s7 /dev/rdsk/c0t0d0s7をbackup.dumpという名前でバックアップ ufsdump 0f - /dev/rdsk/c0t0d0s7 | (cd /home; ufsrestore xf -) ディスクコピー方法。/dev/rdsk/c0t0d0s7を/homeにコピー ufsrestore ufsrestore rf /dev/rmt/0 全部戻す ufsrestore -i デバイス名 対話モード ls ファイル名閲覧 cd 移動 add リストア対象に追加 extract リストア開始 Specify next volume #: 1 リストアを開始すると聞かれるので1を入力する。 vmstat vmstat メモリ、ディスク等の状況がわかる ==========管理でない。 tcsh tcshモードにする。(/etc/passwdを書き換えればいきなりできる。) ==========ファイル設定 裏口設定 /etc/hosts 10.51.254.11 subaru.e2 /etc/netmasks 10.51.254.0 255.255.255.0 /etc/hostname.eri1 subaru.e2 rootでlogin /etc/default/login をviで編集 CONSOLEの行を注釈化する。 ********************************************************************** ネットワークの設定(IPの変更) ********************************************************************** subaruを192.168.0.3で使う場合。(ゲートウェイは192.168.0.1です。) ☆以下の3つのファイルを編集して再起動する。 /etc/hostsに次を記入 127.0.0.1 localhost 192.168.0.3 subaru subaru.xosada.jp loghost /etc/inet/netmasksに次を記入 192.168.0.0 255.255.255.0 /etc/defaultrouterに次を記入 192.168.0.1 ********************************************************************** ネットワークの設定(2個目のNICの設定) ********************************************************************** subaruのもう1つのNICを192.168.1.30で使う場合。 ☆以下の3つのファイルを編集して再起動する。 /etc/hostsに次の行を追加 192.168.1.30 subaru.e2 /etc/netmasksに次の行を追加 192.168.1.0 255.255.255.0 /etc/hostname.eri1に次の行を追加 subaru.e2 ********************************************************************** DNSを指定する(DNSサーバはDIONのDNSサーバ210.196.3.183です。) ********************************************************************** ☆以下の1つのファイルを編集する。 /etc/resolv.confに次を記入 nameserver 210.196.3.183 domain xosada.jp 他には、hostsを優先に見に行かせるために、以下のファイルを編集する方法もある。 /etc/nsswitch.conf ********************************************************************** VFSの設定。(solaris7以降で有効) ********************************************************************** /etc/vfstab ファイルについて(viで編集して、こんな感じがお勧めかな?) #device device mount FS fsck mount mount #to mount to fsck point type pass at boot options # #/dev/dsk/c1d0s2 /dev/rdsk/c1d0s2 /usr ufs 1 yes - fd - /dev/fd fd - no - /proc - /proc proc - no - /dev/md/dsk/d1 - - swap - no - /dev/md/dsk/d0 /dev/md/rdsk/d0 / ufs 1 no logging /dev/md/dsk/d6 /dev/md/rdsk/d6 /usr ufs 1 no logging /dev/md/dsk/d4 /dev/md/rdsk/d4 /var ufs 1 no logging /dev/md/dsk/d5 /dev/md/rdsk/d5 /opt ufs 2 yes logging /dev/md/dsk/d3 /dev/md/rdsk/d3 /usr/openwin ufs 2 yes logging swap - /tmp tmpfs - yes - orion:/m42 - /m45 nfs - yes rw,soft ☆それぞれの説明!!  device to mount 物理的なデバイス名です。  device to fsck fsckするデバイス名を指定します。NFSマウントなどufs以外の場合には、『-』を記入!  mount point filesystemをなんという名前でマウントするかを記入!  FS type NFSマウントは『NFS』、ローカルディスクは『ufs』と書きます。他にはhsfs、pcfs、proc、swap、tmpfsなどがあります。  fsck pass fsckのパスを示します。このフィールドは、 nfs等、ufs以外のファイルシステムの場合には、'--' となります。  mount at boot boot時にマウントするなら『yes』、しないなら『no』と記入!  options いろんなオプションが入ります。ローカルディスクなら『logging』、NFSなら『rw,soft』とか書くのが多いかな? ********************************************************************** NFS(Network File System)の設定。(windowsでいうネットワークドライブの割り当て) ********************************************************************** orionの/m42をsubaruの/m45としてマウントする場合。(ややこしかったら置換して使用例だけどうぞ!) (IPでやるとうまくいかない場合があります。) ☆一時的に設定する場合  ・マウントされる側の設定 次の1つのコマンドをrootで実行します。 share -F nfs -o root=マウントするサーバ マウントさせるディレクトリ 使用例) share -F nfs -o root=subaru /m42  ・マウントする側の設定 次の2つのコマンドをrootで実行します。 mkdir マウントするディレクトリ mount -F nfs -o rw,soft マウントされるサーバ名:マウントされるディレクトリ名 マウントするディレクトリ名 使用例) mkdir /m45 mount -F nfs -o rw,soft orion:/m42 /m45 10.51.254.13:/export/home - /export/home nfs - yes rw,soft 対象ホスト:そのディレクトリ - マウントする名前 種類 - 起動時にマウントするか 権限 ☆再起動しても使う場合  ・マウントされる側の設定 /etc/dfs/dfstabを編集して、次の1行を追加します。 share -F nfs -o root=マウントするサーバ マウントさせるディレクトリ その後、nfsサーバーのデーモンを再起動します。(再起動したくない場合は一時的に設定する場合を参照) 使用例) vi /etc/dfs/dfstab share -F nfs -o root=subaru /m42 /etc/init.d/nfs.server stop ; /etc/init.d/nfs.server start  ・マウントする側の設定 /etc/vfstabを編集(1行追記) マウントされるサーバ名:マウントされるディレクトリ名 - マウントするディレクトリ名 nfs - yes rw,soft,bg マウントする。 使用例) vi /etc/vfstab orion:/m42 - /m45 nfs - yes rw,soft mount /m45 ********************************************************************** rootで直接ログインできるように設定する。 ********************************************************************** /etc/default/login をviで編集し、CONSOLEの行を注釈化する。

間違い、修正、追加は恐れ入りますがご連絡ください。

もどる


solarisコマンド関連ページ
unixコマンド関連ページ
oracleコマンド関連ページ