UNIXコマンド(solaris)boot,cfgadm,ifconfig,installboot,mount,mt,reboot,reset,share,shutdown

スポンサードリンク

**********************************************************************
ハード関連
**********************************************************************
boot
boot							起動
		boot -s					シングルユーザーモードで起動
		boot -r					リコンフィギュア(周辺機器つけたときに使用)
		boot cdrom				CDから起動
cfgadm							マルチユーザーモードのまま、ハードの切り離し、認識ができます。
		cfgadm -al				インターフェース情報が見られます。
		cfgadm -av				詳細が見られます。
		cfgadm -c connect			電源供給開始
		cfgadm -c disconnect			電源切断
		cfgadm -c configure			ドライバを読み込む
		cfgadm -y				質問にyesで答える
		cfgadm -f				強制的に実行する
		例)cfgadm -av c1::dsk/c1t0d0
ifconf		ifconf -a				NICの設定情報確認

installboot
installboot	/usr/platform/`uname -i`/lib/fs/ufs/bootblk /dev/dsk/c0t0d0s0
							インストールブロックを作成

mount
mount		mount /dev/dsk/c0t0d0s0 /mnt		/dev/dsk/c0t0d0s0を/mntという名前でマウント

mt
mt		テープを操作
		mt fsf 1				1つ早送り
		mt bsfm 1				1つ巻き戻し
		mt rewind				全部巻き戻し
		mt offline				テープを排出

reboot
reboot		reboor					再起動
		reboot -- -s				シングルユーザーモードで再起動
reset							rebootと同じだが、めもりをクリアする。

share
share	share -F nfs -o rw=jungle01 /export/home	←IPはダメ

shutdown
shutdown						シャットダウンする。
		shutdown -i0 -g0 -y			okプロンプトまで落とす
		shutdown -i5 -g0 -y			電源断
		shutdown -i6 -g0 -y			再起動
tpclean
tpclean tpclean                                 ←クリーニング関連
        -L      ドライブ名、統計を表示 使用回数は20回 inet.dだけ落としてからやる。
        -C DLT1 DLT1を強制クリーニング
        -F 200  クリーニング頻度の設定(200時間ごとにクリーニング)



間違い、修正、追加は恐れ入りますがご連絡ください。

もどる


solarisコマンド関連ページ
unixコマンド関連ページ
oracleコマンド関連ページ