UNIXコマンド(cpio,gzip,tar,ufsdump,ufsrestore,unzip)

スポンサードリンク
**********************************************************************
圧縮展開
**********************************************************************
cpio
cpio		cpio -idmv < solaris64_9.2.0.1.0.Disk1.cpio
							cpioファイルを展開する。

gzip
gzip		gzip -c kkk > kkk.gz				元のファイルを残して圧縮
		-d 展開する					gzファイルを展開

tar
tar     tar xvf ファイル名 その中のファイル名   ←展開
        tar xzvf ファイル名.tar.gz              ←解凍して展開(GNUzip)
        tar cvf ファイル名 圧縮ディレクトリ     ←圧縮
        tar cvzf ファイル名 圧縮ディレクトリ     ←圧縮してgzip
	tar -tvf テープドバイス			←一覧表示

ufsdump
ufsdump							バックアップ取得
		ufsdump 0f backup.dump /dev/rdsk/c0t0d0s7
							/dev/rdsk/c0t0d0s7をbackup.dumpという名前でバックアップ
		ufsdump 0f - /dev/rdsk/c0t0d0s7 | (cd /home; ufsrestore xf -)
							ディスクコピー方法。/dev/rdsk/c0t0d0s7を/homeにコピー
ufsrestore
		ufsrestore rf /dev/rmt/0		全部戻す
		ufsrestore -i デバイス名		対話モード
			ls				ファイル名閲覧
			cd				移動
			add				リストア対象に追加
			extract				リストア開始
			Specify next volume #: 1	リストアを開始すると聞かれるので1を入力する。

unzip
unzip   unzip ファイル名
        gunzip でできなかったらためしてちょ。


間違い、修正、追加は恐れ入りますがご連絡ください。

もどる


solarisコマンド関連ページ
unixコマンド関連ページ
oracleコマンド関連ページ