UNIXコマンド(solaris)

スポンサードリンク

**********************************************************************
テキスト
**********************************************************************
cat
cat		cat >ファイル名
		新規作成 ctrl+dで終了

cut
cut		cut 場所 ファイル名
		cut -c 10-					10文字目以降表示
		cut -f 2					第2フィールドを表示
		cut -d 2					第2フィールドを表示(カンマ区切り)

dd
dd		dd if=コピー元 of=コピー先 オプション
		conv=lcase					大文字を小文字に変換
		conv=ucase					小文字を大文字に変換

expand
expand		expand -a ファイル名				タブをスペースに変換

fold
fold		fold -40 ファイル名				40字で改行

grep
grep		grep "単語" ファイル名
		-c		行数を表示
		-v		単語が無い行を表示
		-i	大文字、小文字を区別しない

head
head    head -2 ファイル名
        頭2行を表示

nkf
nkf	nkf -e paper.txt > paper.euc		←eucコードのファイルにする
	-j	JISコードに変換する  
	-e	EUCコードに変換する  
	-s	シフトJISコードに変換する 

paste
paste	paste ファイル1 ファイル2		←ファイルを横に繋げる

tail
tail    tail -n 5 -f ファイル名
        -n 行数
        -f 随時更新
    +n 逆行数

tr e x < file				file内の文字'e'を'x'に変換する。
tr '[a-z]' '[A-Z]' < file			file内の小文字を大文字に変換する。
tr ' ' '\11' < file				file内のスペースをすべてタブに変換する。
tr -s ' ' '\11' < file			file内の複数スペースをすべて1つのタブに変換する。
tr -d ' ' < file				file内のスペースをすべて削除する。

unexpand
unexpand	unexpand -a ファイル名		スペースをタブに変換する

uniq
uniq	uniq 3-	3行目以降は同じ行を省略できる。
vi
vi      テキスト編集できる
        :s/aaa/bbb/g				 	aaaをbbbに変換する

wc
wc      wc ファイル名                           ←行数、単語数、バイト数がわかる。



間違い、修正、追加は恐れ入りますがご連絡ください。

もどる


solarisコマンド関連ページ
unixコマンド関連ページ
oracleコマンド関連ページ