Vine Linuxのコマンド(一部)


大体のコマンドは、”コマンド名 --help“で使い方が出ます。
viエディタのコマンド(一部)は、こちらへ。
cdディレクトリを移動する
書式:
cd ディレクトリ (ディレクトリ|ディレクトリ|ディレクトリ)
cd .. と指定すると一つ上のディレクトリへ移動する
cd ~ ホームディレクトリへ移動する
catファイルの中身を表示する
cat ファイル名
chmod ファイル、ディレクトリのアクセス権限をかえる
書式:
chmod [-オプション] アクセス権限 {ファイル名|ディレクトリ名}
オプション
-R ディレクトリ内のすべてのファイル、ディレクトリの権限を変更する
chownファイルの所有者を変更する
書式:
chown [-オプション] ユーザー名 [:ユーザー名] ファイル名
オプション
-R ディレクトリ内のすべてのファイル、ディレクトの所有者を変更する

aaadirの所有者をuserにする
chown -R user:user aaadir
chgrpファイルのグループを変更する
書式:
chgrp [オプション] グループ名 (ファイル名|ディレクトリ名)
オプション
-R 指定したディレクトリ以下のファイル、ディレクトリのグループを変更する
compress ファイルを圧縮する
書式:
compress [オプション] ファイル名
オプション
-c 圧縮データを標準出力する
-d 圧縮したデータを復元する
-f 同じファイル名が存在した場合、確認なしで上書きする
-v ファイルの圧縮率を表示する
cp ファイルをコピーする
書式:
cp [オプション] コピー元ファイル名 コピー先ファイル名
オプション
-p ファイルの所有者、タイムスタンプ、アクセス権限などの情報もコピーする
-i コピー先にファイル名がある場合、コピーするか確認する
-f コピー先にファイル名がある場合でも、強制的に上書きする
-r ディレクトリごとコピーする
del ファイルを削除する
書式:
del [-オプション] ファイル名
-r ディレクトリーごと削除する
del -r filename <filinameディレクトリ以下を削除する。
date 現在の日付を表示、設定、変更する
date [-オプション] [日付]
オプション
-u 日付時刻を表示設定する
df 使用法: df [オプション]‥‥ [ファイル]‥‥
ファイルが属するファイルシステムについての情報を表示する。
或いは、指定がなければ、全ファイルシステムの使用量を表示する。
オプション意味
-a,--all0 ブロックのファイルシステムも表示させる
 --block-size=サイズ指定サイズの大きさを 1 ブロックとする
-h,--human-readable人に解りやすい形式で表示する (例: 1K 234M 2G)
-H,--si同上。但し、桁幅を 1024 の代わりに 1000 とする
-i,--inodesブロック使用情報の代わりに、inode 情報を表示
-k,--kilobytesキロバイト単位で表示
-l,--localローカルファイルシステムのみ表示する
-m,--megabytesメガバイト単位で表示
 --no-syncキャッシュとディスクとの同期を取らずに表示(標準)
-P,--portabilityPOSIX 形式の出力フォーマットを利用する
 --syncキャッシュとディスクとの同期を取ってから表示
-t,--type=タイプ指定したタイプのファイルシステムのみ表示する
-T,--print-typeファイルシステムの種類を表示する
-x,--exclude-type=タイプ指定したタイプのファイルシステム以外を表示する
-v (無視される)
 --help使い方を表示する
 --versionバージョン番号を表示する
diff ファイルの相違点を抽出する
書式:
diff [-オプション] ファイル1 ファイル2
オプション
-a テキストファイルじゃなくてもテキストファイルとして比較する
-i 大文字と小文字の違いを無視する
-w 空白を無視して比較する
dump ファイルシステムのバックアップをとる
書式:
dump [-オプション] ファイルシステム
オプション
(0〜9) ダンプレベル。
f バックアップ先デバイスファイル

# dump 0uf /dev/hdb1 /home
domainname サーバーのドメイン名を表示、設定する
書式:
domainname ドメイン名
exit ログアウトする
書式:
exit
fdformat フロッピーディスクをフォーマットする
書式:
fdformat デバイス
fdformat /dev/fd0 h1440
fdisk パーティションを作る
書式:
fdisk /dev/hdb
n パーティションの作成
d パーティションの削除
w パーティション情報の書き込みと終了
m コマンドヘルプ
find ファイルを検索する
書式:
find [ファイル名] 検索条件
オプション
-atime 指定した時間とファイルが最後にアクセスされた時間を比較する
-mtime 指定した時間とファイルの最終更新日を比較する
-name ファイル名 ファイル名で検索する
-user ユーザー名 ファイルの所有者と指定したユーザ名を比較する
-print 条件に合致したファイル名を表示する
-type ファイルタイプ 指定したファイルタイプと比較する
例:ルートから .logファイルを検索
find / -name '*.log*' -print
file ファイルの種類を表示する
書式:
file ファイル名
grep 特定の文字を含む行を検索する
書式:
grep [-オプション] 検索文字 ファイル名
オプション
-h 複数ファイルを指定した場合、抽出した行の先頭にファイル名を表示しない
-i パターンで検索する際、大文字、小文字を区別しない
-n パターンを含む行が、検索したファイルの何行目にあるのかを表示する
-v パターンに含まれない行を抽出する
groups ユーザがどのグループに所属しているか表示する
書式:
groups ユーザー名
groupdel グループを削除する
書式:
groupdel グループ名

groupdel aaa <aaaグループを削除する。

gunzip 圧縮されたファイルを解凍する
書式:
gunzip オプション ファイル
オプション
-c 圧縮データを標準出力する
-f 同じファイル名が存在した場合、確認なしで強制上書きする
gzipファイルを圧縮する
書式:
gzip [オプション] ファイル名
オプション
-c 圧縮データを出力する
-r 再起的にディレクトリ内を圧縮する
-f 同じファイル名が存在した場合、確認しないで上書きする
-d 圧縮したデータを復元する
-v 圧縮処理の状態表示する
-t 圧縮されたファイルのチェックをする

圧縮
gzip -r ファイル名
展開
gzip -d ファイル名
historyコマンドを実行した履歴を表示する
hdparm ハードディスクの電源を切る
書式:
hdparm -S 時間 デバイス
ドライブBが止まるまでの時間設定
hdparm -S 10 /dev/hdb
-Sは大文字で、数値は1あたり5秒。
上は50秒でプライマリ スレーブのディスク電源OFF。
セカンダリ マスターは、
hdparm -S 10 /dev/hdc
起動時設定
/etc/rc.d/rc.localに
/sbin/hdparm -S 10 /dev/hdb
を追記。
headファイルの先頭だけ表示する
書式:
head [オプション] ファイル名
オプション

-n 行数

先頭15行表示する場合
head -15 aaa.txt
hostname サーバーのホスト名を表示、設定する
書式:
hostname [-オプション] ホスト名
オプション
-s ホスト名だけ表示する
ifconfigネットワークインターフェースの動作状況を確認する
idユーザー名やID、グループを確認する
jobsバックグランドで実行しているジョブを表示する
kill実行中のジョブを強制終了する
kinput2日本語入力システムを起動する
lynxテキストでwebページを表示する
lessファイルの内容を画面ずつ表示する
ln リンクを作成する。(Windowsのショートカットみたいなもの)
書式:
ln [-オプション] 元ファイル名 別名ファイル名
オプション
-s
シンボリックリンクで別名を作成する
ハードリンクとは、オプション「-s」を指定しない時に適用され、ハードリンクが削除されると元も削除される
シンボリックリンクはリンクファイルを削除しても、元のファイルは削除されない。
ハードリンクだけの削除は出来ないようです。
ls 自分がアクセスしているディレクトリ内のファイル一覧を表示する
書式:
ls [-オプション] [パス]
オプション
-a 隠しファイルも表示する
-1 1列表示する
-l 詳細情報を表示する
-t タイムスタンプ順にソートして表示する
-r 降順で表示する
mailメールを送受信する
make複数のプログラムから実行モジュールを作成する
mkdir ディレクトリを作成する
書式:
mkdir [-オプション] ディレクトリ名
オプション -p
存在しないディレクトリを指定しても強制的に作成される。
/111/222 というディレクトリしかないのに、
/111/222/333/444 という階層ディレクトリを作成したい場合-pを付ける
mkfsファイルシステムを作る
moreファイルの内容を1画面ずつ表示する
書式:
more [オプション] aaa.txt
オプション
-c 1行ずつ表示しないで、画面をクリアして表示する
-行数 指定した行数で改ページする
+行番号 指定した行番号から表示する
q 終了
mount ディスクを付ける
書式:
mount オプション デバイス
オプション
-r 読み込み専用でマウントする
-w 書き込み可能でマウントする
-t (ext2|ext3|vfat|auto|iso9660|ntfs|loop) マウントするファイルシステムのタイプを指定する
プライマリスレーブのHDDを /mnt/hdbにマウントする場合。
mount -t auto /dev/hdb /mnt/hdb/
mv ファイルを移動する、ファイル名を変更(リネーム)する
書式:
mv [-オプション] 移動元 移動先
オプション
-i 移動先に同じファイルがある場合はコピーするかどうか確認をする
-f 移動先に同じファイルがある場合は強制的に上書きする
-u 移動先に同じファイルがあり、タイムスタンプが移動元ファイルと同じか移動元より最新なら移動しない
netstatネットワーク情報を表示する
接続待ち状態のソケットを表示
netstat -l
netstat -alnpA inet
niceプロセスの優先度を指定してコマンドを実行する
nkf文字コード変換
passwd パスワードの変更
書式:
passwd <変更するユーザー名>
pgファイルの内容を画面ずつ表示する
書式:
pg [オプション] ファイル名
オプション
-c 1行ずつ画面表示しないで、画面をクリアして表示する
-e ファイルの最後を表示すると終了する
-行数 1画面の行数を指定する
pingネットワークにつながれたコンピュータにデータ(パケット)が送れるか確認する
ps実行中のプロセスを表示する
ps -A (全部のプロセスを表示)
ps ax
pwd自分がアクセスしているディレクトリを表示する
pwd
restoreファイルを復元する
書式: restore [オプション] ファイル
dumpコマンドでバックアップしたファイルシステムを復元します。

オプション

r ファイルをリストア
i 対話的リストア
f バックアップデバイスの指定
例 カレントに取り出す。
restore rf /dev/hdb1
rm ファイルを削除する
書式:
rm [-オプション] ファイル名
オプション
-i 削除する前に確認する
-f アクセス権限のないファイル、存在しないファイルを指定してもエラーメッセージをユーザに通知しない
-r ディレクトリごと削除する

例)
mogeディレクトリを確認無しで削除する
rm -fr moge

rmdir ディレクトリを削除する
書式:
rmdir [-オプション] ディレクトリ名
オプション -p
削除するディレクトリ内にファイルがない場合、
指定されたディレクトリを強制的にすべて削除する
ファイルが存在する場合は rm コマンドを使用
rpm パッケージを操作する
書式:
rpm オプション パッケージ名
オプション
-i パッケージをインストールする
q パッケージがインストールされているか確認する
e パッケージをアンインストールする
v インストールの詳細を表示する
h インストール中に#を表示して進捗を確認する
U 既にインストールされているパッケージをアップデートする
よく使う書式:
rpm -ivh パッケージ名 インストール
rpm -Uvh パッケージ名 アップグレード
shutdown コンピュータの電源を切る、再起動する。
書式:
再起動
shutdown -r now
電源オフ
shutdown -h now
sortテキストファイルをソート(昇順)する
su ユーザの切り替え
書式:
su - [ユーザー名]
-を入れると新たにログインしたのと同じになります
ユーザー名 切り替えたいユーザー名。なければrootに。
tailファイルの最後だけ表示する
書式:
tail [オプション] ファイル名
オプション

-n 行数

後ろ15行表示する場合
tail -15 aaa.txt
tar複数のファイルをひとつにまとめる
touch新しいファイルを作成
書式:
touch <ファイル名>
存在するファイル名を指定した場合は、タイムスタンプを現在の日時に更新します。
umask使用ユーザーのアクセス権限の初期設定を変更、確認する
umount ディスクを外す
書式:
umount [-オプション] デバイス
オプション
-t マウントしたすべてのマウントを解除する
umount /mnt/cdrom
useradd ユーザの追加
書式:

useradd <ユーザーアカウント>

ログイン不可のユーザーを作成する
useradd -s /bin/false <ユーザーアカウント>
作成済みのユーザーアカウントの変更は、
usermod -s /bin/false <ユーザーアカウント>

FTPはログイン出来るユーザーを作成する。

useradd -s /sbin/nologin <ユーザーアカウント>
作成済みユーザーは、
usermod -s /sbin/nologin <ユーザーアカウント>

ユーザー作成時、グループがある場合。
useradd -g <グループ名> <ユーザーアカウント>

userdel ユーザーを削除する
書式:
userdel -r <ユーザーアカウント>
-rを付けるとホームディレクトリも同時に削除する
uniq重複している行はまとめて表示する
uncompress圧縮されたファイルを解凍する
whereisコマンドが格納されているディレクトリを表示する
which実行されているコマンドのプログラムが格納されているディレクトリを表示する
whoログインしているユーザを探す
7za Linux用7-zipを使えるようにした場合、7-zip圧縮する。
簡単な書式:
7za <switch>::= <switch_symbol><switch_characters>[<option>]
詳しいスイッチは、Windows用7-zipの日本語ヘルプファイルが良いです。

最適化を考えていない例)

全てカレントの場合。
7za a -t7z -mx=9 -md=1m -mfb=255 圧縮して作成するファイル名 ファイル名かディレクトリ名
testディレクトリを圧縮
7za a -t7z -mx=9 -md=1m -mfb=255 archive.7z test
test.txtファイルを圧縮
7za a -t7z -mx=9 -md=1m -mfb=255 archive.7z test.txt
複数のtxtファイルを圧縮
7za a -t7z -mx=9 -md=1m -mfb=255 archive.7z *.txt

解凍
7za x archive.7z

Linux用7-zipを使えるようにする。
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=111810から
最新のLinux用binをwgetします。
tar zxvf p7zip_4.44_x86_linux_bin.tar.bz2で解凍。
解凍したディレクトリ内で./install.shを実行。
または、解凍したディレクトリのbinディレクトリにある7zaを、
/usr/bin/に移動かコピー。(もしかしたら、/usr/local/bin/かもしれません)
うちでは、これで使えるようになりました。
もどる