徳川慶喜
 

<1837〜1913年 江戸幕府第15代将軍>
水戸藩主徳川斉昭の7男。1847年御三卿のひとつ一橋家を継いだ。62年将軍後見職、66年将軍家茂の死により15代将軍となった。

慶喜の生きた時代
 
1837年
 慶喜が生まれる
 大塩平八郎の乱
1839年
 蛮社の獄
1841年
 水野忠邦が天保の改革
 株仲間の禁止
1843年
 人返し令・上地令
 水野忠邦が失脚
 オランダが開国を勧告
1853年
 ペリーが浦賀に来航
 徳川家定が将軍に
 日米和親条約
1856年
 ハリスが下田に着任
1858年
 井伊直弼が大老に就任
 徳川家茂が将軍に
 安政の大獄が始まる
1860年
 桜田門外の変
1862年
 生麦事件
1863年
 薩英戦争
1864年
 第1回長州征伐
1866年
 慶喜が将軍に
1867年
 大政奉還
 王政復古の大号令
1868年
 五箇条の誓文
1869年
 版籍奉還
1871年
 廃藩置県
1913年
 慶喜死去
 

 

最後の将軍―徳川慶喜 (文春文庫)

 
 
 
 
徳川慶喜は、明治になってずっと後に、子息に対して次のように語ったと伝えられています。

「あの時は、ああするより他なかった。やっぱり、あれが一番よかったんだ」

 「あの時」というのは、もちろん、彼が15代将軍のときに行った大政奉還と、その前後の行動のことです。あの難局のさなか、彼の行動を決定づけた判断とは、いったいどのようなものだったのでしょうか。

 大政奉還が行われたのは、1867年(慶応3年)陰暦10月です。翌年2月12日、朝敵の汚名を着せられた慶喜は、江戸城を出て上野寛永寺に移り、恭順謹慎の態度を示しました。何も語らず貝のように口を閉ざし、その態度をずっと貫き通したのです。
 
 ちょうどそのころ東海道を東下中だった官軍はますます強大化していました。しかし、だからといって幕府軍の軍事力が衰退していったわけではありません。江戸か、あるいは江戸の西で幕府軍と官軍が衝突していたならば、もしかして幕府軍が勝ったかもしれません。このとき海軍を有していたのは幕府軍だけでしたから、十分に対抗できる実力を備えていたのです。
 
 慶喜が謹慎しているさなかの4月11日、ついに江戸城無血開城となり、江戸の街は戦火から免れることができました。そのとき慶喜はすぐさま江戸を離れて水戸に赴きます。しかしそこでも彼は謹慎し続けました。のちに水戸から静岡に移りますが、それでも謹慎を貫きました。もし慶喜が一声号令を発すれば、幕府軍や諸藩はその旗の下に集まったに違いないのですが、彼は決してそうしようとはしませんでした。
 
 実は、慶喜は早い段階から日本の分裂をねらう外国勢力の存在に気づいていたと言われます。慶喜が京都から江戸に帰ってきたとき、フランス公使のロッシュが訪ねてきて、「フランスが軍事的にも経済的にも協力するから、薩長をやっつけろ」とけしかけますが、慶喜はそれをきっぱりと拒否しています。そのほかにも将軍職に就いてから、数多くの外国要人たちと会っていろいろな折衝にあたっていました。
 
 慶喜はすでに、甘言を弄し虎視眈々と漁夫の利をねらっている者たちの気配を感じ取っていたのです。ですから、慶喜の頭にあったのは、幕府がどうとか薩長がどうとかいう問題ではなく、「日本の存立」ただ一念だったのです。そして、日本人同士が争うという愚かな行為だけは何が何でも避けたかったのです。
 
 そうして、明治維新を迎え、やがて大日本帝国憲法ができあがったときには、彼はそのことを大変に喜んだといいます。日本の国体を踏まえ、諸外国と比べて遜色のない、近代国家としてのさまざまな要件を整えた憲法ができあがった、このことに慶喜は大変満足したといいます。
 
 よく、明治維新の基礎を作ったのは坂本竜馬であると言われます。しかし、一介の浪人の能力にはしょせん限界があります。やはり権力を有する立場にあり、その権力を最大限に生かし、しかも違った形で発揮した権力者に負うところがなければ、あのような事態には決してなり得なかったでしょう。
 
 「東照神君(家康)は、天下のために幕府を開かれたのであるが、余(自分)は天下のために幕府を葬ろうと思う」と言って将軍になった慶喜。後に彼は、明治政府から公爵をさずけられ、一等旭日大綬章を受けました。明治政府も慶喜の行動を評価する歴史解釈をしたんですね。

 
 
 

 
トップページ