スーパーライザー

スーパーライザーは直線偏光近赤外線治療器といわれるもので
  光の中で最も深達性の高い波長帯の近赤外線を高出力で照射することができる
  光線治療器です。

  主に整形外科、ペインクリニック科などでその効果が認められ、
  生体の自然治癒力に働きかける治療法として、医療現場で大きな注目を
  集めています。

  ◆スーパーライザーには2つの効果があります。
  @鎮痛・消炎効果。
  A自分で病気を治そうとする能力を引き出す効果。

  人がストレスを受けると、自律神経の中の交感神経が興奮し血管を縮めます。
  血管が縮まると、酸素や栄養素を運ぶ血液の流れが悪くなり、様々な痛みや
  体の変調を訴える様になります。

  このような症状を和らげる為に、首の一ヶ所にスーパーライザーを照射する
  星状神経節近傍照射という治療法があり、安全で副作用もない治療法です
  星状神経節ブロック療法は、自律神経の中枢である視床下部に影響を及ぼし、
  全身的に交感神経の緊張を緩和します。

  外部的・内部的ストレスなどによる交感神経の過緊張が、全身的にさまざまな
  トラブルをつくります。
  血液の循環障害が起こり、ホルモンの分泌が乱れ、病気を防ぐ免疫の働きも低下し
  いろいろな症状がおこってきます。
  体の中には、体内に生じたいろいろな機能のアンバランスを元の状態に
  復元しようとする作用「生体の恒常性維持」の機能があります。

  星状神経節ブロック療法は、その機能を調節している視床下部に作用して
  自律神経系、内分泌系、免疫系の歪みを直し、恒常性維持を回復させます。
  自律神経系に対する作用は、まず全身の交感神経の過緊張を緩和し、血行の改善
  をします。
  この血行改善こそ、星状神経節ブロックでいろいろな病気や症状が改善される
  最大の理由です。


     

  星状神経節ブロックの効果は痛み、麻痺、血行障害を伴う疾患のみならず
  自律神経系、内分泌系、免疫系の広範囲にわたる疾患に有効です
  しかし、これまでの局所麻酔剤の注射による方法での
星状神経節ブロック
は、
  それに伴う危険性(局所麻酔剤によるショック、注射針による出血、感染、
  その他)の 心配がありました。
  その為に、ごく限られた疾患、即ち、頭頚部や上肢に痛みや麻痺などの後遺症を
  ひきおこす「重症の帯状疱疹」等の疾患にしか積極的には
  実施されてきませんでした。
  近年、科学技術の発達のおかげで生体に有用な、すぐれたレーザー光が開発され
  ました。
  それを利用することにより、安全で無痛のうちに
星状神経節ブロックに近似した
  効果を得られることが日本医師会雑誌に紹介されました。
  また、近赤外線治療器
「スーパーライザー」にも同じような効果が在る事
  が紹介されました。


  スーパーライザーは、光の中で最も生体深達性の高い波長帯の近赤外線(0.6μm
  〜 1.6μm)を高出力でスポット状に照射できる光線治療器です。
  半導体レーザーのような単一波長ではなく、幅広い波長対を有する複合波長である
  ため深い患部まで確実に到達し、心地よい温感とともに複数の波長帯に係る
  生体効果が期待できます。
  その効果はペインクリニックをはじめ各科で認められ、医療現場で幅広く
  利用されています。
 

  
以前より痛みに対する治療として麻酔科や整形外科で使用されております。
   頚部(星状神経節)に照射することで、自律神経の安定化がはかれ
   肩こり、頭痛の他に血行促進効果のため、手足の冷えも改善します。

   眼科的には、眼精疲労・目の痛み・調節力の低下・網膜の血行促進、傷の
   早期治癒を目的に使用しています。
   痛みや熱さも無く4分間寝ているだけの治療です。

   スーパーライザーを受けられた方からは、肩・首の緊張が取れた、
   手足の冷えが楽になった、見え方が楽になった等の感想があります。
    アレルギーによる鼻のかゆみに効く方もおられます。

                ご希望の方は、気軽に ご相談下さい


院長プロフィール

  院長 浦田 謙二

Link


眼精疲労や疼痛緩和のため
 スーパーライザーを導入しています
 お気軽にお尋ね下さい
  
  

青いこの看板が目印です