超回復

負荷を掛けた筋トレでは筋繊維の損傷が起こり、その損傷を修復する過程で以前よりも筋繊維が大きくなろうとする働きのことを超回復と言います。

超回復は一般的に48時間〜72時間(2〜3日)かかると言われており、超回復のタイミングで筋トレ再開することで筋肉は大きくなっていきます。このことから、休息もトレーニング効果を発揮させるためには重要な要素だと言うことが分かります。

また、トレーニング直後はタンパク質が分解されやすくなっているため、筋肥大を目指す場合は栄養を与えてあげる必要があります。 合成を促進させるためにトレーニング直後にはプロテインなどでタンパク質を摂取することがトレーニング効果を高めるために重要となります。

以上のことから、筋トレの効果を高めるためには、 ・トレーニングの質 ・栄養補給 ・休息 この3つを最適化させるトレーニング計画が必要であると言えます。

ただ、個人差や筋トレの強度などが関連するため超回復の時期をピンポイントで見つけ出すのは、困難です。 そのため、通常2〜3日置きにトレーニングしていくことで超回復の誤差を最小限に留めることが可能で個々人のペースで進めていくことが必要です。

毎日、筋トレしたい場合は、1日目:腕の筋トレ、2日目:背中の筋トレ、3日目下半身の筋トレ など部位を変えて行うことで毎日トレーニングしても超回復の恩恵を受けることが可能となります。


スポンサーリンク

筋トレ用語集一覧

よくある質問
レベルアップQ&A
掲示板
用語集

ホーム > ボクシング、トレーニング基礎知識 > 超回復

since 2001.6.14 --last updated