ボクシングトレーニングを図解で解説。基本をしっかり身に付けていきましょう。
スポンサーリンク

ボクシングトレーニング

ボクシングが危険なスポーツだといわれるのは試合のみがクローズアップされ、練習風景を目にすることが極端に少ないことが考えられます。リングに立つことだけがボクシングではないのです。
ここでは、ボクシングの練習メニューに従って練習することにより筋力アップやシェイプアップが効果的にできると共に初心者やこれからボクシングを始めようと考えている方が基礎トレーニングをマスターできるものです。

基礎トレーニングコーナーはシェイプアップや筋力アップを目指すコーナーであると共に初心者の方が基礎トレーニングをマスターできるコーナーです。基礎トレーニングは実際のボクシングジムの練習メニュー構成になっており、上から順番に練習することでジム練習の流れも実感できるようになっています。

応用テクニックコーナーは基礎トレーニングをマスターした方がボクシングの技術をさらに身に付けるためのコーナーです。

拳を握ってみよう

(1)〜(3)の要領で拳を握ります。
パンチを打つとき以外は力を抜き(リラックスし)、手の中に”卵”を握っているイメージで優しく握ります。
パンチが当たる瞬間ギュッと握り、ナックルパートがきれいに当たるよう正確なパンチを心がけましょう。

拳の握り方

 

スポンサーリンク

 

■ボクシング・レベルアップQ&A

ボクシング用語集一覧

質問掲示板
レベルアップQ&A
よくある質問
ピックアップサイト
日本ボクシング界を改善
Q&A人気ページ
用語集

ホーム > ボクシングトレーニング

since 2001.6.14 --last updated