スポンサーリンク

ロープスキッピング

ロープスキッピングとは縄跳びのことですが、一般的な縄跳びとは異なるところがあるので注意しながら行いましょう。

1.あごを引く。 2.脇を締める。 3.手首のスナップを使い縄を回転させる(図1)。 4.ひざのバネを使い着地する(図2)。 5.かかとは常に上げたまま跳ぶ(図3)。 最初からこれらすべてを意識して跳ぶことは困難なので、1番から1ずつ注意しながら跳びましょう。 ロープスキッピングはボクシングジムで1番最初に行う練習メニューです。基本中の基本ですが大きな効果があるのでしっかりとマスターしましょう。

ロープスキッピング図

    ロープスキッピング チェックポイント
  • ジャンプは低くリズミカルに跳びましょう。
  • スナップを使うといっても、腕を完全に静止させるのではなく多少は動かすことになります。重点を腕の回転よりもスナップに向けるということです。
  • ジムではロープスキッピングを最初と最後に2〜3ラウンドずつ行います。

スポンサーリンク

■シェイプアップ効果
ロープスキッピングは全身の筋肉をトータルに使うためバランスのとれた体づくりが期待できます。
主につま先で跳ぶことにより下腿二頭筋の引き締めと足首の引き締めに効果があります。
非常に効果的な有酸素運動で薄く筋肉を付けながら脂肪を燃焼させる理想的な運動です。
これは自宅の庭や公園でできるのでぜひやって見て下さい。1日おきに5ラウンド程行えばよいでしょう。
■ボクシング効果
1ラウンド休まず跳び続けることで持久力アップに大きな効果があります。
ボクシングでは1ラウンド3分戦い続けなければなりません。それも数ラウンドです。ロープスキッピングはボクシングの根幹をなすものと言っても過言ではありません。強烈なパンチを持っていても持久力がなければそのパンチ力は半減してしまいます。
プロボクサーを目指そうと考えている方は重要なポイントになるのでしっかり行いましょう。

ホーム > ボクシングトレーニング > ロープスキッピング

since 2001.6.14 --last updated