スポンサーリンク

リングシャドウ

リングシャドウでは、フットワークを使ってパンチを打つ練習をします。
フットワークとは足を使った動作のことです。

基本フットワーク

1.右足を後ろに蹴り上げる。 2.左足を前方へ移動させる。3.蹴り上げた右足を引く。 これらを足を高く上げずにスリ足の要領で前方へ移動する。

基本フットワーク図

    基本フットワーク チェックポイント
  • 1〜3を同時にできるよう確認しながら行い、上半身は動かさずに前方へ移動しましょう。 また、1回1回確実にできるようになったら2〜3回連続で前方へフットワークしてみましょう。
    フットワークについての補足説明

左ジャブ・フットワーク

1〜3.上記の基本フットワークを参照。
4.1〜3により前方へ移動すると同時に左ジャブを打つ。
フットワークしながらパンチを打つという複雑な動作を必要としますが、まずは基本フットワークをマスターすることにより左ジャブもスムーズに出せるようになるでしょう。

左ジャブ・フットワーク

    左ジャブ・フットワーク チェックポイント
  • 1〜4を同時にできるよう確認しながら行いましょう。
    フットワークの後に遅れて左ジャブを出すと相手からの攻撃の絶好のマトになってしまうので必ず出ると同時に素早く打ち込みましょう。
    根気よく何回も繰り返し練習して体にしみ込ませて下さい。

スポンサーリンク

右ストレート・フットワーク

1〜3.上記の基本フットワークを参照。 4.1〜3により前方へ移動すると同時に右ストレートを打つ。5.左拳をあごの横に付けてガードする。
これは左拳でガードをする動作が加わることにより左ジャブフットワークよりも複雑になります。そのためシャドウボクシングで行う右ストレートも確実にできるようにしておきましょう。

右ストレート・フットワーク図

    右ストレート・フットワーク チェックポイント
  • 1〜5を同時にできるよう確認しながら行いましょう。慣れてきたら左ジャブフットワークで左ジャブを打ち、引くと同時に右ストレートを打ちましょう。右ストレートは単発では打たず左ジャブとからめて打つよう心掛けましょう。
  • ジムではシャドウボクシングを2〜3ラウンド行います。

■シェイプアップ効果
下半身を動かすことにより下半身の引き締めに大きな効果が期待できます。足を蹴り上げることで下腿二頭筋大腿四頭筋(ふともも)の引き締めに効果があります。両足をバランスよく引き締めるためには構えを交互に変えてフットワークをしましょう。
上半身はシャドウボクシングと同様の効果が期待できます。シャドウボクシングのページを参照して下さい。
■ボクシング効果
フットワークを使ってパンチを打つことにより、前進移動との相乗効果で重いパンチを打つことができます。つまり打撃パワーのアップが期待できます。
また、相手を想定して練習することにより相手との距離やタイミングをつかむことができるようになります。
さらに、素早くフットワークすると同時に左右の連続パンチを打つことにより相手の懐に入るスピードを身に付けることもできます。

基礎トレーニング
応用テクニック

ボクシングの筋トレ
リンク


ホーム > ボクシングトレーニング > リングシャドウ

since 2001.6.14 --last updated