スポンサーリンク

ボクシング プロテスト情報

プロボクサーになるには、日本プロボクシング協会(JPBA)加盟のジムに所属していなければいけません。 一般的な受験までの期間は、半年〜1年程度。この間、内容の濃いトレーニングを行う必要があります。

ボクシングはスポーツ経験あるなしに関わらず、やる気と根気、そしてトレーニングに対する真摯な姿勢が大切です。 スポーツ経験がまったくない状態からプロボクサーになった選手はたくさんいます。 今、プロボクサーになりたいと心から思ったなら、自分を信じてトレーニングを行って下さい。 きっとよい結果が訪れることと思います。

ボクシングのライセンスにはA級(8回戦以上の試合に出場できる)、B級(6回戦以上の試合に出場できる)、C級(4回戦以上の試合に出場できる)とがあり、ほとんどの人はC級からの受験となります。

8回戦、6回戦、4回戦とはラウンド数で4回戦は4ラウンドの試合ということです。

下表はプロテストの受験に際しての詳細です。参考にして下さい。

受験資格 ■ 満17歳から満32歳まで
※プロテスト申込み時に32歳であれば受験可
■ コミッションドクターによる健康診断に合格した者。(B型肝炎検査、頭部CT 検査)※30歳以上はCTに代わり頭部MRI検査
■ 受験地における各地区ボクシング協会加盟ジムに所属している者。
プロテスト申込書等はこちら >>(JBC公式サイト)

・ 視力検査は必要だが、以前のように厳密な数値基準(0.5以下は不可等)で受験不可になることはない。つまり安全性に問題なければ受験可能。視力基準については完全撤廃の方向に進んでいる。但し、極度の近視、弱視などは網膜はく離との因果関係から受験が認められない場合もある。(2008年 JBCに電話確認済み)

・ ボクサーの安全面を考慮して、37歳の誕生日と同時にライセンスは失効。
提出書類 ■ プロボクサー新人テスト申込書(マネージャーの記名、押印のあるもの)
■ コミッションドクターの診断に基づく健康診断書
■ 親権者の承諾書(未成年者のみ)
■ 社団法人アマチュアボクシング連盟の戦績証明(B級テスト受験者のみ)
■ 外国人登録証及び健康保険証のコピー(外国人の場合)
費 用 受験料/C級・6,300円 B級・10,500(税込)
審査時期 不定期(東京では毎月)
審査内容 ■ 筆記(プロボクサーとして当然知っておくべき基本的問題)
■ 実技(スパーリング2ラウンド ※1ラウンド2分30秒)
問い合わせ先 財団法人日本ボクシングコミッション  03(3816)5761
女子ボクシング プロテスト情報はこちら>>

【関連リンク】 レベルアップQ&Aより
プロテストのペーパー試験について
プロテストのポイント
プロテストって何をするの?

ホーム > 情報 > プロテスト受験情報

since 2001.6.14 --last updated