映画で英会話 TangoTango!!

ブレード・ランナー (1982・米)
監督:リドリー・スコット


You've done a man's job! I guess you're through, huh?


ユー・ガット・メール 寿命を短かく設定されているレプリカントたち。死の恐怖におののく 彼らを死の淵へ追いつめたデッカード(ハリソンフォード)に声をかけたガフ (エドワード・ジェームズ・オルモス)。


through 「やり終えて、終わって、済んで」
You're finished. と同じ意味。

Are you through? と尋ねられたら

レストランでなら::   出されたものは全部食べ終えたか

話なら::   言いたいことは言い尽くしたか

仕事なら::   すべて終わったか

これは途中で終えるのではなく、物事を完了したときに  使う終了の表現です。

【訳】  おみごと。終わりましたね。

→ もっと読む/バックナンバー


【ロケ地】 ブラッドベリ・ビル / Bradbury Building   地図

人よりも老化の進むのが早いセバスチャン(ウィリアム・サンダーソン)と彼の 作ったアンドロイドたちが孤独に暮らしていたのがこのビルの一室。逃走中の レプリカントの一人(ルトガー・ハウアー)とブレードランナーのデッカード が 最後の死闘を繰り広げた場所でもあります。

内部中央に天窓を持つアトリウムが特徴。1893年建造で、 今はオフィスビル、1階は店舗として使われています。映画の中でも殺されたセバスチャンの 住所をデカードに連絡する警官がここの住所をそのまま使っていました。

Bradbury Building 304 South Broadway, Los Angeles, CA 90013, USA +1 213-626-1893

      写真撮影 (c) dorichi さん   

* Script / 英語 / シナリオを読もう  

* DVD/ワーナー・ホーム・ビデオ

* CD:サントラ/イーストウエスト・ジャパン

* 原作本:アンドロイドは電気羊の夢を見るか?/フィリップ・K・ディック/¥640/早川書房  

* Do Androids Dream of Electric Sheep?/Philip K. Dick/¥1,558/Del Rey Books     * 地球の歩き方 海外格安航空券



Blade Runner はお好き?

* れむらー さん(M) すごすぎる 2007/8/11/ 10:45
SF映画の金字塔です。見ていない方は、SF映画に対する偏見が変わると思います。 ダリル・ハンナが演じるレプリカントが、デカルトの言葉を発した時には胸が詰まりました。

85年の公開時には遠い未来の話だと思ってましたが、2019年まであと12年になっちゃいましたね。(こんな世界には全然なりそうもないですが。。。)

* ゲルハルトさん(M) すごすぎる 2006/5/29/03:35
公開3年後にレンタルビデオで観たのが最初だったと思います。以来多くの映画を観ましたが、未だに私の中のno.1です。何度繰り返して観たことか。スペースハードボイルドとでも言いましょうか。最後のロイの「全て(の思い出)が雨の中の涙のように・・・。」というセリフが心に残ります。とてもいい映画です。

* ふくぶちょさん(M) むっちゃいい
かっこいい映画です。 あのレプリカント達もそう悪い奴らでは無いですよね。”ただ生きたいだけ”,”ただ知りたいだけ” そんなところが悲しく感じてしまうのです。 最初見たときはナカナカ理解できないところもあって何回も観ました。ユニコーンのとことか。

* KYKさん(M)  すごすぎる
ストーリーもさることながら、映像、音楽が醸し出す雰囲気がすごすぎる。この後に「未来世紀ブラジル」を見たらさらに楽しめます。


ハンドル名  男性 女性

URL or Mail Address(←公開してもいい時にどうぞ)

なんだこれ? つまんない いまいち ま、こんなものか いいぞ むっちゃいい すごすぎる
感動 感涙 爆笑 共感 絶叫 胸躍 驚愕 耽美 難解 悶々 痛感 観たい



web拍手ぽちっとな
あなたのご意見をここに掲載しても いいよ ダメ 


あ-うえ-おか-けは-ひふ-ほやらわ英数

世界 映画 ロケ地の旅 Indexへ

映画で英会話TangoTango!!



魔法の口ぐせ英語CD BOOK―ストーリーに乗せてお届けします これ以上、無駄で苦しい英語の勉強を続けますか?  「お客様は神様です」「今日はついてないなあ」「まだ未練があるの?」 私たちが普段の会話で使っているこんな表現を、英語で言ってみたくないですか? 魔法のようにみるみる上達する「ものまね」勉強法を伝授。 LIVE from N.Y.―ニューヨークをまるごと聞き取ろう! [CD1枚付き]  「駅の発車案内」「ホテルのボイスメール」「フライト・アテンダントのアナウンス」「電話でショーのチケットを買う」「青空市場でチーズを買う」「友だちの雑談を聞く」など全26のシチュエーションに分かれ、1日(回)に1ユニットずつ勉強できるようになっている。基本的な学習法としては、まずCDを聞いて問題に答え、背景知識に関するコラムを読む。次に、CDの英文中からピックアップした日常会話にそのまま使えるフレーズ解説を読み、もう一度前に戻って問題に答える。