PR 新製品情報! ホームシアター DVDレコーダー パソコン ゲームほか 映画で英会話 TangoTango!!

                  ビフォア・サンセット (2001・米)
監督・脚本: リチャード・リンクレイター 脚本:ジュリー・デルピー イーサン・ホーク


Celine: There's been so much water under the bridge, it's not even about you anymore. It's about that moment in time that's forever gone.


water under the bridge
「もう元には戻らない」 流れ行く川のように「過ぎてしまった」こと。それはもう元に戻そうとしても戻れない「どうにもならないこと」をも意味します。「腹水盆に帰らず」です。(↑この解釈に関しては下の木庭さんのコメントをお読み下さいね。あ、そうか〜と納得できます。使ってみたくなる表現です。)

「お久しぶり」の返事として

Yes. A lot of water under the bridge.「ホント、お久しぶりです」

なんて場合にも使えるみたい。    


DVD ビフォア・サンセット

<例>
I assured him that you were a big girl now and that what happened between us is strictly water under the bridge.  君は大人だし過ぎ去ったことは水に流してくれるだろうとヒューズを説得したんだよ。  (『赤ちゃんはトップレディがお好き


【訳】
Celine: 時は流れたわ。あなたのことだけじゃなく、あの瞬間が二度と戻らないことが悲しいの。

フランス人女子大生セリーヌ(ジュリー・デルピー)と貧乏旅行中の  アメリカ人ジェシー(イーサン・ホーク) が列車の中で出会って意気投合。黄昏ていくウィーンの美しい街の風景で綴られる14時間だけの恋  の物語、『恋人までの距離』。二人は、半年後に会う約束をして別れたのですが、その後、再会したか、それともしなかったかその余韻を残したまま映画は終わりました。その思いは、9年後に二人がこの映画で再会を果たすまで、みなの心に残り続けたはず。

作家となったジェシーの本の出版記念で訪れたパリで再会を果たした二人。帰国時間の迫るジェシーに残された時間はわずか。そこで、二人はパリの街を歩きながら、しゃべり倒すのです。

この監督はとにかく会話を得意とする人で、出演者セリフ覚えるの大変だろうなって思うぐらいしゃべらせる。『ウェイキング・ライフ』など多少理屈っぽいと感じることもあったのですが、今回は違う。イーサンとジュリーも参加した脚本。別の人生を歩んできた時間を縮めるためにしゃべり続ける二人の会話の中の、ふとしたしぐさや、表情、間、言葉のはしばしに、二人の心情が痛いほど伝わってくる。

刻々と迫る時間とともに繰り広げられる絶妙な会話。9年前の出会いは、いろんな意味で今も皆の心の中でつながっていた。まさしく、そのことが実感できる。9年後の今だからこそ、できた話。余韻を残したラストもお見事。歌い、ギターまで奏でるジュリーの魅力に圧倒された85分。思わず、胸が熱くなります。

→ もっと読む/バックナンバー

* DVD/ワーナー・ホーム・ビデオ   * Before Sunrise & Before Sunset/Alfred a Knopf

* CD:サントラ/Before Sunset and Before Sunrise/Milan


 
もう、続編はいらない Before Sunset はお好き?

*武蔵野市・木庭邦夫さん(M)
There's been so much water under the bridge.・・・ですが:「もう元には戻らない」・・・「覆水盆に返らず」・・・・の意味ではなくて・・・・「二人が最初に会ってから今までに二人にはそれぞれ色々なことがあったんだろうなあ !!」・・・と言った意味の方が正解ではないでしょうか?  A lot of water under the bridge.・・・は私の大好きなフレーズで久しく会っていなかった友人などと再会した際には良く使っておりますが・・・・・やはり「再会するまでの長い間には色々な出来事があったなあ !!」・・・と言った意味で使って おります。 私の意見が正解ではないかもしれませんが一言。

↑どうもありがとうございました!!


ハンドル名  男性 女性

URL or Mail Address(←公開したい時にどうぞ)

なんだこれ? つまんない いまいち ま、こんなものか いいぞ むっちゃいい すごすぎる
感動 感涙 爆笑 共感 絶叫 胸躍 驚愕 耽美 難解 悶々 痛感 観たい



web拍手ぽちっとな
あなたのご意見をここに掲載しても いいよ ダメ 


    あ-うえ-おか-けは-ひふ-ほやらわ英数



    Click Here!
    歩いてまわる小さなパリ{日帰り旅行も!}
    パリの老舗&最新スポットを楽しんだら、ヴェルサイユとシャルトルに足を延ばして。有名スポットから徒歩15分圏内、秘密の166件を案内。
    映画気分でパリを散歩 映画の舞台を歩くパリ旅行  パリの街1区から20区までの映画の舞台となった名所を地図と写真で紹介していく。その場所を舞台とした数々の映画の案内も掲載。映画好き、パリ好き、個性的で新しいパリ旅行を探していた人たちにとっての魅力的な1冊。