映画で英会話 セリフ TangoTango!! 映画 あらすじ 感想 セリフ 英会話 字幕

               ウェイキング・ライフ (2001・米)
監督・脚本:リチャードリンクレイター


Brian: Hey, it's me. I just got back into town and I thought maybe I could bum a ride off of you or something, but that's cool. Yeah, I guess I'll hang out with you later or something.


自分の街に帰ってきた青年(ワイリー・ウィギンズ)。駅で公衆電話から電話をかけた。


bum a ride off「車にただ乗りする」
bum off は「せびる」こと。「ちょっとおくれ」と誰かに「たかる」ときにどうぞ。

<例>
I managed to bum a ride on the last flight out here.
 ここへの最終便にかろうじて乗ったの。  『アビス

hang out with 〜「〜 と付き合う」
付き合うといっても恋人同士に限定されません。友達と連れ立って、そのへんをたむろするってカンジです。

【訳】
Brian: 僕だ、今、帰ったとこ。迎えに来てもらおうかと思ってたけど、ま、いいや。またそのうち会おうや。




One second of dream consciousness, well, that's infinitely longer than a waking second, you know what I'm saying?
「夢の中での1秒は目覚めているときより長く感じる。俺のいっていることがわかるか?」

Oh yeah, definitely. For example I wake up and it is 10:12, and then I go back to sleep and have those long, intricate, beautiful dreams that seem to last for hours, and then I wake up and it's 10:13.
「わかるわ。例えば、10時12分に目覚めて、また眠りにつくとすごく長い夢をみた。再び目覚めて、時計をみたら、10時13分だった」

これは監督作品の『恋人までの距離(ディスタンス)』の二人(ここでは再開している)、フランス人セリーヌ(ジュリー・デルピー)とアメリカ人ジェシー(イーサンホーク)の会話です。

目覚めて時計をみて、また眠ったら夢を見た。長い夢だと思ったのに、あれからたったの1分しかたってなかった。なんてことよくあるよね。主人公の青年は幾度となく夢の中で目覚める夢を見る。目覚めても目覚めても夢の中、そこで、断片的にさまざまな人が彼に語りかけていくというストーリー。 「すべて頭の中で起きたと思われることを、どうやって映画にするか」を考えたという監督。これは一般用のソニーTRV900sとPCIカメラを使用して、生身の俳優で実写を撮り、同時進行で編集したものを30人ものアーティストがMacG4で実写フィルムをアニメにペイントしていったという実験的作品。会話ばかりで理屈っぽいけど、うごうご動くアニメで見ると言葉の洪水も妙に心地よい。でもって、時々、 あ、その感覚わかるって・・・納得。お、なんか酔いそう。

←Listen!  リハーサル中のトスカ・タンゴ・オーケストラ。そこの音はもう少し

抑揚をつけてほしい 抑えぎみにしてほしい      (答えは下に)

* Script シナリオを読もう  * DVD/20世紀フォックス・ホーム  

* CD:サントラ/テイチクエンタテインメント 試聴はこちら   * VHS:海外版




Dream is destiny.... Waking Life はお好き?


ハンドル名   男性 女性

URL / Twitter ID / Mail address他

なんだこれ? つまんない いまいち ま、こんなものか いいぞ むっちゃいい すごすぎる



web拍手ぽちっとな
あなたのご意見をここに掲載しても いいよ ダメ 


    あ-うえ-おか-けは-ひふ-ほやらわ英数



    【リスニングの答え】
    Will you try that a little more subdued?  そこはもう少し抑えたかんじでやっくれる?

    subdued「抑えられた、控えめな」

    正解(抑えぎみにしてほしい) 8 / 不正解 6