PR 新製品情報! ホームシアター DVDレコーダー パソコン ゲームほか 映画で英会話 TangoTango!!

            ファントム・オブ・パラダイス(1974・米)
監督・脚本:ブライアン・デ・パルマ


You better get yourself together. You got a show to do. It's opening night.

落ち着けよ。ショウはどうする。初日だぞ。


BUY DVD at Amazon.co.jp

『オペラ座の怪人』を見た後、なんとなく気になってこの作品を見た。わははー。出るわ、出るわ、妖しげな人物が次から次へ。まずは、スワン(ポール・ウィリアムス:この作品の音楽も手がけている)。ハンサムでカリスマ・ロック・プロデューサーの設定だがどことなく不気味。

物語はウィンスロウ・リーチ(ウィリアム・フィンリー)という青年が作曲した曲をスワンが盗んだことから始まる。その後、不幸続きのウィンスロウが、パラダイス劇場に舞い戻り、作曲を開始。気のいい彼はここでも、スワンに言いくるめられちゃう。とほほ。愛する女性フェニックス(ジェシカ・ハーパー)をスターにすべく必死の彼は、スワンが選んだ歌手ビーフ(ゲリット・グラハム)に脅しをかけ追い出そうとするのだ。(この脅し方がまたワハハなのだが)

で、このセリフ。初日にファントム(幽霊)が怖いと言って逃げ出すビーフは、フィルビン(ジョージ・メモリー)に説得されるんだけど…。

Get yourself together. は動揺している人に向かって「しっかりしろ」と励ます表現。本来の自分を取り戻して「落ち着けよ」という意味です。

ダースベイダーのように黒マントに仮面、機械音でしゃべるファントムと化したウィンスロウはカワイソーだけどヘン。スワンも怖くてヘン。ビーフは案外、今となってはフツーかも。最後のシーンなんかヘタなホラーより怖くておぞましい。毒々しいカルト作品。でも、一番怖いのは、実は、途中まで、スワンのことを男装した女性だとばかり思っていたおいらか? ううっ。

* DVD/20世紀フォックス・ホーム

* CD:サントラ/ユニバーサル   * ファウスト/ヨハーン・ヴォルフガング ゲーテ



死んだ鳥のレーベルがかっこいい Phantom of the Paradise はお好き?

ハンドル名   男性 女性

URL / Twitter ID / Mail address他

なんだこれ? つまんない いまいち ま、こんなものか いいぞ むっちゃいい すごすぎる



web拍手ぽちっとな
あなたのご意見をここに掲載しても いいよ ダメ 


    あ-うえ-おか-けは-ひふ-ほやらわ英数