映画で英会話 セリフ 感想 映画で英会話 TangoTango!!

                          ホステージ (2005・米)
監督:フローラン・シリ 脚本:ダグ・リチャードソン


Jeff: This is Jeff Talley, Dennis. I'm with the local police. You the man in charge in there?
Dennis: Yeah, I'm in charge.
Jeff: All right. Then you can tell me who shot my cop. Was it you or Kevin?
Dennis: No, no don't put that on us.


小高い丘に建つ豪邸で若者3人組による人質事件が発生する。早速署長の ジェフ・タリー(ブルース・ウィリス)が交渉開始し、デニス(ジョナサン・タッカー)をいう青年と電話で話し始めた。


in charge of 〜 「〜に責任をもつ」
事件や仕事を「管理した」り「指揮する」こと。 自分が「担当者である」と言いたければ、

 I am in charge of this. と。

もたつく相手にいら立ったら、

 Who's in charge of this? 「責任者出てこい」

相手に仕事を任せたければ、

 You are in charge. で。

しかし、このデニス君、リーダーにしてはチト、頼りなくて、とほほ。

【訳】
Jeff: 地元警察のジェフ・タリーだ。君がリーダーか?
Dennis: ああ、俺がリーダーだ。
Jeff: よし、なら、俺の部下を撃ったのは誰だ? お前か?  それともケヴィンか?
Dennis: 違う。あれは俺たちじゃない。



LAPDの凄腕交渉人として活躍してきたジェフ・タリーだが、交渉に失敗してことに負い目を感じ、 職を辞して小さな町の警察署長となっていた。そんなある日、完璧な防犯設備を備えた邸宅に三人の男が侵入し、 主人のウォルター(ケヴィン・ポラック)と娘(ミシェル・ホーン) と幼い息子(ジミー・ベネット)を人質に取り立てこもる。

交渉に当たるジェフに更なる危機が。 その邸宅には犯罪組織が狙う重要な機密資料が隠されていたのだ。自らの妻(セレナ・スコット・トーマス)と娘(ルーマー・ウィリス)を 誘拐されたジェフは、同時にふたつの人質事件に立ち向かわなければならない極限状況に追い込まれる。

* DVD/松竹   * CD:サントラ/ロックチッパーレコード   * ホステージ/ロバート クレイス著/講談社



Hostage はお好き?


ハンドル名  男性 女性

URL or Mail Address(←公開したい時だけ書いてね)

なんだこれ? つまんない いまいち ま、こんなものか いいぞ むっちゃいい すごすぎる



web拍手ぽちっとな
あなたのご意見をここに掲載しても いいよ ダメ 


    あ-うえ-おか-けは-ひふ-ほやらわ英数



    Levi's の新着アイテムをチェック新着アイテムをチェック Nodame Cantabile 1 Tomoko Ninomiya (著)  コミック「のだめカンタービレ」の英語訳版。 映画 あらすじ 感想 セリフ 英会話 字幕