平潟名物あんこう



平潟では昔よりあんこうの水揚げが多く、
一般家庭でもよく食べられてきましたが、
近年では水揚げも少なくなって高価なってしまいました。
平潟ではあんこうの水揚げは多いと言われています。
当店自慢のあんこうどぶ汁
あんきもをたっぷりと使った、
味噌仕立ての鍋です。

      
あんこうとは
アンコウ科の海産硬骨魚で大きさは、150センチ、重さ50キロ位
になるものもあります。産地は南海、北海共に獲れる、
冬期に北海で獲れるものが美味しいと言われています、
関東では、常磐沖(平潟港含む)で捕れたものが
美味しいと言われています。

料理
冬から早春を旬として、肉も皮も臓物も食べられるので、
経済的とされています。トモ・ヌノ・キモ・水袋・エラ・柳肉・皮
これらをあんこうの七つ道具と言うくらいで、
肉よりもむしろ皮や臓物が美味しいと言う人もいます。
トモ酢
トモとは腹から出る円い袋状のもので、よく水洗いして
湯煎にかけ、肝を混ぜた味噌酢をつけて
食べるものとされていますが、一般には肉と皮をゆで
それに味噌酢をつけて食べるとされています。
当宿ではそれとは別の調理法でお出ししています(特別注文)。
調理法は残念ながらここではご紹介できません、ぜひ、
しのはら 
にお召し上がりにいらして下さい

あんこう鍋
一般には醤油仕立てのものが知られているとおもいますが、
こちらの地方ではスープに肝を入れた味噌仕立ての
あんこう汁が有名です。