プロフィール




高橋伸哉(たかはし しんや) TAKAHASHI Shin'ya

1962年 仙台市生まれ
国立音楽大学音楽学部作曲学科卒業
同大学院音楽研究科作曲専攻修士課程修了
(社)日本作曲家協議会会員
21世紀の吹奏楽“響宴”会員
現在、東京都練馬区在住

平成10年度JBA(日本吹奏楽指導者協会)下谷賞受賞
第9回朝日作曲賞入選

2000年6月、小渕恵三元首相の内閣・自由民主党合同葬(於:日本武道館)において、総理府(現、内閣府)か
らの依頼により、奏楽の編曲を担当。

主な作品として、行進曲「K点を越えて」(1999年度全日本吹奏楽コンクール課題曲)をはじめ、「Jalan-jalan
〜神々の島の幻影〜」
(2005年ドイツ・バイエルン州吹奏楽コンクール上級カテゴリー課題曲)、「火焔」−国宝
「火焔土器」によせて−
「写楽」などがあり、それらの多くは出版・録音され、日本国内はもとより海外でも広く演
奏されている。

現在、作曲活動と並行して、全国各地の学校・一般団体への演奏指導や、各種コンクール審査員、各種演奏会
での客演指揮などを精力的に行なっており、いずれも高い評価と厚い支持を得ている。


   高橋伸哉ホームページ http://www.h3.dion.ne.jp/~shin-tk/




名字のおはなし

ページ先頭へ