東日本大震災 山村塾にできること

 この度の東日本大震災について全国、世界で様々な支援の輪が広がっています。
 また、とても甚大で広範囲な被害であることから、長期的、多面的な取り組みが求められています。
 遠く離れておりなかなか直接的な活動はできませんが、山村塾にできることとして以下のことに取り組みます。
 会員や関係者の皆様のご協力をよろしくお願いします。

■ 活動日に募金
 ある程度集まった時点で日本財団の東日本大震災支援基金へ募金します。
 *日本財団
  http://www.nippon-foundation.or.jp/index.html

■ 岩手県大船渡市「さんさんの会」に協力。
 山村塾では5/8(日)八女市の松原さんの竹林でタケノコ堀りを行い、四季菜館で水煮し、
約25キロを送りました。今後もできることをやります。

 *さんさんの会:おにぎり等が中心の避難所は栄養が偏りがちになるため、野菜を中心と
 したおかずを炊き出しし毎日2000食届けています。
  http://www.facebook.com/sansannokai
  http://ameblo.jp/porcorosso-blog/

■ メンバー宅での受入を検討。
 例えば
 ・四季菜館(椿原)でファームステイ受入。農作業の手伝いしながら。
 ・デイサービス&託児所の「こもれびの家(毛利)」は子供達の受入OK。
 など。詳しくは相談しながら。

■ その他
 県や市、関連団体などとの連携で、出来ることがあればその都度検討します。
 この他に、皆さんからのご提案や情報がありましたら事務局までお願いします。

++++++++++++++++++++
◆以下、全国ワークキャンプフォーラムなどで共に活動を行う、神戸の団体ブレーンヒューマニティーさんのブログを紹介します。
東北地方太平洋沖地震支援に関する共同アピール

◆いまできることとして。山村塾に関係のある団体のHPを紹介します。
日本財団 東北地方太平洋沖地震支援基金

トチギ環境未来基地(認定NPO法人トチギボランティアネットワークでの募金活動)

NPO法人NICE(東日本大震災に対する、NICEからの発信と方針)



山村塾トップページへ