<ヘチ釣り>
                         by さだぼう

へち釣りとは、       
    短竿でシンプルな仕掛けで、道糸の変化や穂先でアタリを取る釣法です。

    全神経を穂先と道糸に集中し、黒鯛のアタリ読み取ります。

    この緊張感がたまりませんね〜

    アタリが手元まで伝わる為、強烈な黒鯛の引きをダイレクトに堪能できます。

    いわばガチンコ勝負と言った所でしょうか。

    一度この経験を味わうと病み付きになる事、間違いないでしょう。


                  

       それでは、タックル及び仕掛けを紹介します。


竿
    短竿の2.7〜3.0mのごく一般なヘチ竿を使用しています。

    釣り場によって使い分けてます。

            
リール
    大口の太鼓リールを使用し、道糸出した時に回転の良いものがいいでしよう。  


道糸
    2種類のラインがあります。

    1つはナイロンラインです。このラインは呼吸するのでやり取りの際、非常に楽でバラシも少ないですが、

    ただ感度に欠けます。

    2つ目はPEラインです。ラインに延びがない為、感度は抜群です。

    黒鯛の繊細なアタリを出すのも感度が一番ですからね。


ハリス  
    フロロカーボンで通常は1.5号ですが、ストラクチャー狙いですと2.0号、2.5号を使用しています。

    ちょっと太めですが、問題はありません。



    オーナー、がまかつの伊勢尼9号、10号を使用しています。

    時にはエサの大きさで12号まで使う時が有ります。


ガン玉
    基本は2B使用してますが、風、潮の流れ、落とす速度(イメージ)によって若干調整します。


その他
    ラインの出し入れをスムーズにする為、ボナンザLコートを吹き付けています。

            


釣り方

      タナ狙いで説明します。

      釣り方としましては2通りあります。道糸をフケをキープしながら落としていく方法と、ガン玉の重さを感じながら

      ラインを張らず、緩めずで落としていく方法です。

      狙うタナは2ヒロ(中層)までがポイントに成ります。それ以上深層狙ってもいいですがその分落とす回数が激減

      します。中層及び上層にポイントを絞り込み、落とす回数が増えればその分黒鯛と巡り合える確立が高く成ります。

      これは落し込みでも言えるでしょう。

      誘い方ですが、途中刻み、止めを入れ黒鯛に興味を示させます。

      活性が低くアタリが判らずエサが割られる事が多々ありますが、私は超スローで落とし、止めの誘いを3秒程待ちます。

      そうする事によって繊細なアタリも見逃す事もなく「エサ」グシャ!が解消されます。

      一度試して見てはいかがでしょうか。



アタリ
      代表的なアタリとしまして、落とす途中で道糸が止まる、震え、フケル、押さえ込み、手元に伝わるアタリなど・・・

      おかしいな〜と!思ったら聴きアワセ入れましよう。

合わせ
      黒鯛はエサをくわえて吐き出す習性がありますので、アタリが出ましたら即、手首を返すように優しく合わせましょう。

やり取り
      黒鯛の引きは強烈です。先ずは慌てず、竿のタメを聞かしてやり取りをします。

      必要に応じて道糸を出しますが、黒鯛の引きはずっと続くものでわなく段階的な物ですので弱まったら糸を巻き

      黒鯛との距離を狭くします。

取り込み
      黒鯛が浮いてきたらと思って安心していると最後の力を振り絞って再び突っ込みますので焦らず浮かせます。

      十分に空気を吸わしてからタモを出し、竿を立て引き寄せてからタモ網にいれましょう。


最後に、このシンプルで奥が深く攻撃的なヘチ釣りを、中京地区の黒鯛師も試してみたらどうだろうか。

きっと今までに味わったことの無い醍醐味を得る事が出来るでしょう。