【平成25年度】 
私たちも梨花幼稚園を推薦します。
ご父母の方に推薦文をお願いしたところ、多数の方からお寄せいただきました。その一部をご紹介致します。

⇒平成29年度の推薦文はこちら
⇒平成28年度の推薦文はこちら
⇒平成27年度の推薦文はこちら
⇒平成26年度の推薦文はこちら
⇒平成24年度の推薦文はこちら
⇒平成23年度の推薦文はこちら

「何でそんなに遠い幼稚園にするの!もっと近い幼稚園にすればいい!」
「近所の子と同じ幼稚園にした方がいいじゃない!」と家族全員に反対された

「誰に何と言われても、梨花幼稚園がいい!!」
子どもが生まれたら、絶対に梨花幼稚園に入園させたい!!と思い、楽しみにしていた幼稚園生活。
入園前は、「何でそんなに遠い幼稚園にするの!もっと近い幼稚園にすればいい!」
「近所の子と同じ幼稚園にした方がいいじゃない!」と家族全員に反対された時期もありました。

そんな時、長男とコッコサークルに遊びに行き、園長先生の話の中で「いろいろな幼稚園を見てみて!!
それで、誰に何と言われようともあなたが行かせたいと思う幼稚園を選べばいいのよ!」
とおっしゃって 下さった時、「よし!やっぱり梨花幼稚園にしよう!!」と決め、現在小学2年生になる長男と、 年中になる長女がお世話になっています。

入園してすぐに、我が子の名前を全員の先生方が覚え呼んで下さり、頑固でナイーブな長女を受けとめ育てて下さる先生方に、心から感謝しています。
「梨花幼稚園にして本当によかった♪」と今では、家族全員が口を揃えて言っています。

葵区小瀬戸  S.M
入園する前に必ず私の子どもたちは、色々な園に数か所通い、
他の園の良さを知ろうと動いていました。

10年ほど前から、梨花幼稚園にお世話になってきました。2年ほど転勤で離れていましたが、それがまた、園の良さを知ることのできた「気づき」の時間でした。だいたい、どこの園にも良さがあります。しかし、何か問題が起きた時、不安そうに感じた時・・・、先生方の迅速な対応や伝達力の良さが、とてもすばらしいなぁと感じます。

入園する前に必ず私の子どもたちは、色々な園に数か所通い、他の園の良さを知ろうと動いていました。最終的には梨花幼稚園を選んできましたが・・・。「何でだろう?!」と考えた時、先生方や職員方の雰囲気の良さがこちらにも伝わり、一緒になって楽しんでいることがこちらにも分かるからこそ、子どもをお願いしたいという気持ちが生まれていたのかなと感じます。

きっと何年経っても、梨花幼稚園はイキイキ活躍していると思います。
「心のふるさと梨花幼稚園」 子ども達が大人になっても遊びに行くことができる幼稚園・・・。
本当に最高だと思います!!

駿河区寺田  T.S
確かに近くて、梨花幼稚園よりも安かった

現在、長女が年中でお世話になっています。

私には、もう一人息子がいまして、その息子は他の幼稚園を卒園しました。
どうして同じ幼稚園に行かせなかったの?と、よく聞かれるのですが、理由は保育時間でした。

本当に「えっ?また午前中に帰ってくるの?また給食なし?いったいいつからはじまるの〜?!」ママさんたちとこんな会話を何度したことか・・・。確かに近くて、梨花幼稚園よりも安かったですが・・・。 "どうせ預けるなら長い時間"と考えているママさんは多いのではないでしょうか?梨花幼稚園は、本当によくみてくれる園だと思います。

去年は、午前中に帰宅した記憶がないですし、給食もすぐに始まりました。そして何より、先生方の子供を預かる姿勢が素晴らしいです。 行事の多さやきめ細かいサポート、子供達のやる気を引き出す演出など、あげればきりがないです。
卒園させるのがもったいないと思う今日この頃です。

駿河区みずほ  Y.M
常に子供達に新しい事に挑戦させ、出来なかったら努力をさせ、
達成した時の充実感を味わわせる

とにかく、たくさんの行事体験が次から次へと盛りだくさんで、毎日楽しくてしかたのない様子で園に通い、
1年があっという間に過ぎました。

その行事のクオリティの高さに驚きです。先生達が、まさにディズニーランドのキャストの様に変身しては歌って踊る姿には、子供たちはもちろんですが、父母の私達までもが毎日楽しませて頂いています。

そして、楽しい事と並行しながら、常に子供達に新しい事に挑戦させ、出来なかったら努力をさせ、達成した時の充実感を味わわせる教育指導にも、しっかりと力を入れてくれています。

先生たちは、本当に一人ひとりの園児の事はよく見ていてくれているので、その子の個性に合わせたやり方を、さすがプロだなというやり方で指導してくれるのには、本当に感謝しています。
これから卒園まで、ワクワク楽しみな日々です。

駿河区敷地  M.K
子育てに少し疲れ不安もあったので、長く預ってくれたり、
しつけなどもしっかりやってくれそうな園を探していた

初めて梨花幼稚園を訪れた時のスタッフの笑顔を見て、ほぼ決定でした。

子育てに少し疲れ不安もあったので、長く預ってくれたり、しつけなどもしっかりやってくれそうな園を探していたので、まさにピッタリの環境でした。

子どもが通い始めて、そうしたイメージ以上の先生方の対応や、子どもの日々の「楽しかった」「また行きたい」という感想がすべてだと思います。 少し遠くても行かせたい幼稚園です。

駿河区大和  T.N
お作法や逆上がり、マラソンや鍵盤ハーモニカなど、
園での色々な経験を楽しみながら成長していく

家から近いという理由で、ミッキーひろばに入ったのですが、先生方の元気なパワーに圧倒され惹かれたのと、友達ができ楽しんでいる娘の姿を見て、入園を決めました。

それから早いもので2年が過ぎ、お作法や逆上がり、マラソンや鍵盤ハーモニカなど、園での色々な経験を楽しみながら成長していく娘の姿を見て、梨花幼稚園にお世話になって良かったと思っています。そうした経験は娘の自信にもつながっていると思います。

年長になってマーチングも始まり、「大変だけど楽しいよ!」と練習を頑張っている娘の姿をみながら、これからの成長にも期待しています。

駿河区丸子新田  C.M
梨花幼稚園とさよならをしたくなかった

何と言っても、梨花幼稚園のパワーの源は園長先生でしょう! 園長先生の元気、強さ、優しさが、園の先生方に伝わって、そして子ども達の成長につながっているのだと思います。

今年、長男は梨花幼稚園を卒園しました。素晴らしい経験と思い出を財産にして、涙々の卒園式を迎える事が出来ました。感謝の気持ちでいっぱいです。

そしてまた、今年からは長女が毎日元気に通っています。まだまだ梨花幼稚園とさよならをしたくなかった私は、また我が子と一緒に過ごせる梨花幼稚園との3年間を楽しみにしています。 

駿河区新川  K.Y
引っ込み思案だった娘の性格が一年でガラリと変わり

現在年長に長女、年少に次女がお世話になっています。

長女は、恥ずかしがり屋で私の後ろに隠れてしまう子でした。しかし、入園してから一度も「幼稚園に行きたくない」とグズって泣いたことがありません。本当に親自身驚いています。

それはきっと、毎朝先生方の明るい笑顔、そして元気いっぱいの「おはよう」のあいさつが何より子供にパワーと安心感を与え、信頼関係があるからこそだと思います。引っ込み思案だった娘の性格が一年でガラリと変わり、お作法で学んだお正月のごあいさつを親戚がたくさん集まる中、大きな声で感謝の気持ちを伝えたときには、とても嬉しく成長していく娘に感動し涙が出ました。

それから、何に対しても一生懸命楽しく取り組む姿勢が身につき、年中で鍵盤ハーモニカや逆上がりができた時の、達成感を既に味わった娘は自信に繋がり、何に対しても恐れず挑戦したいという気持ちまで芽生えました。

年長となった今、マーチングの練習で思うように出来ずに泣いてしまったと聞きました。でもきっと、悔し涙をこぼした分、強くたくましく、そして賢く育っていくと信じて、娘の成長を温かく見守り続けていきたいです。

娘達だけではなく、親の私達も改めてたくさんのことを学べる魅力がぎっしり詰まった幼稚園です。
次女も「先生だいすき、梨花幼稚園だいすき」と言います。この気持ちがあるだけで充分だと思います。

駿河区下川原  M.N
「子供は天才!」は本当なんです。

我が家では、現在1年生の長女がお世話になり、この4月から次女が年少に通っています。

幼稚園探しの時、「とりあえず楽しく過ごせれば」と幼稚園の教育の事など考えてもいなかったのですが、実際通わせてみると全く考えが変わりました。

もともと照れ屋で、年少の祖父母参観では舞台上で何もできず、祖父母が後で「舞台から降ろしてあげたかった」とまで言っていた娘は、園で様々な経験の機会を与えられ、卒園式では立派に代表の言葉を述べることができるまでに成長していました。

園長先生の言う、「子供は天才!」は本当なんです。まだまだ小さいからできるわけない・・・というのではなく、なんでも経験させ達成感を味わわせていくことで、どんな子供でも大きく成長できるのだと、梨花幼稚園で実感することができました。

それはその為のスキルがこの幼稚園の全ての先生方に備わっているからこそできることだと思います。そしてこの先生方だからこそ、安心して子供を預けられたんだと思います。

あと3年間しか梨花幼稚園に通えないと思うととても残念ですが、家族全員で、めいっぱい楽しみたいと思います!

駿河区石田  M.I
"ママが一緒じゃなきゃイヤ〜"

入園前、どこの幼稚園にしようかと迷いましたが、毎日楽しそうに登園していく娘の姿を見ると、梨花幼稚園に決めて良かったと思います。

“ママが一緒じゃなきゃイヤ〜”と言ったのは初日の前夜だけで、2日目からはニコニコはりきって出掛けていきます。連休になると“あといくつお休みしたら幼稚園にいける?!”と聞いてくる程大好きです。

イベントが盛りだくさんで楽しいようですが、ただ楽しいだけでなく、お作法やマーチングなどを通して、時には厳しくしつけていただいて、メリハリのあるご指導に感謝しています。初めてのお作法参観日、落ち着きがなくじっとしている事が苦手な娘が、元気な返事ときれいなお作法を見せてくれて、ウルッとしてしまいました。

これからの成長がとても楽しみです。

駿河区みずほ  K.N
ごはんも一人では食べてくれずママが食べさせてあげたり、
外では自分で歩かず抱っこばかり

今年から、もも組で娘がお世話になっています。

娘は言葉を話し始めるのが早く、周りからはしっかりして見えるのか、「○○ちゃんなら2歳児クラスに入れても大丈夫そうだね!」と言われてはいたものの、家ではまだまだ甘えん坊で、ごはんも一人では食べてくれずママが食べさせてあげたり、外では自分で歩かず抱っこばかり。ミッキーひろばやコッコサークルで見る園児達は、きちんとごあいさつもでき、楽しそうに歌ったり踊ったりしているので、娘にできるかなぁ?ついていけずに、幼稚園に行きたくないなんて言わないかなぁ?など不安だらけでした。

けれど、そんな親の不安をよそに、娘は毎日楽しそうに園に通っています。先生からの毎日の園での様子を書いたノートにも「ごはんを頑張って完食しました」 「今日は散歩でいっぱい歩きました」などと書いてあり、どんどんできる事が増えていっている事を感じます。

これから、幼稚園で色々な事を体験し、成長していく姿を見るのがとても楽しみです。

駿河区中田  A.E
新しい土地で、新しい環境。初めて長時間預っていただくという不安

我が家の入園の決め手となったシーン。それは、私の転勤が静岡に決まったことから始まります。

異動が年度末に決まり、異動先である静岡市の幼稚園を探す事になりました。園に関する情報を充分に集められる時間もなく、以前より姪がお世話になっていた梨花幼稚園に、まずお電話をさせて頂きました。

新しい土地で、新しい環境。初めて長時間預っていただくという不安。色々ありましたが、お電話させて頂いてその不安が一気にふきとびました。

その時に電話に出て下さった事務の先生のご対応に感動したからです。まだお会いした事のない私共の名前を、すぐに覚えてくださったからです。

きっと、素晴らしい先生方のいらっしゃる幼稚園なんだろうなぁと・・・。ささやかなエピソードではあると思いますが、我が家にとっては、この事が梨花幼稚園入園の決め手となりました。

駿河区中島  T.Y
近所にお友達のいない長男、おともだちができるかしら・・・と心配

年長に長男、年少に次男が、それぞれお世話になっています。

梨花幼稚園とは、長男が2才児ももぐみの時からのおつきあいです。主人とその兄弟みんな卒園生ですので、園を探すのにはあまり悩んだりしなかったのですが、年少より前に預けることには、少し戸惑いもありました。

けれど、活発で体力があり余る長男。次男がお腹にいる時でしたので、生まれてから、長男の相手を十分にしてあげられないかもしれない・・・と決心しました。近所にお友達のいない長男、おともだちができるかしら・・・と心配していた私達をよそに、長男は毎日生き生きと通い、のびのびと成長してくれています。とてもキチンと先生方に見ていただけるので、3月生まれの次男をももぐみに・・・というのも自然の流れだった気がします。

明るく元気な先生方に囲まれて、始めは泣いていた次男もお迎えではニコニコ!
兄弟そろって手をつなぎ登園していく姿を見ると、保育料を二人分払うのは大変だけれど、やっぱりこの園に入れて良かった!と思えます。

たくさんの行事、たくさんの経験を通して、子ども達の成長と可能性を実感できる幼稚園に出会えて良かったなぁと思います。

駿河区桃園町  M.E
入園前に色々な幼稚園の下見をした結果、他の幼稚園と比べて

現在、息子が年中です。

入園前に色々な幼稚園の下見をした結果、他の幼稚園と比べて、園長先生や各先生方が明るく元気で生き生きしているのが一番の決め手で、入園を決めました。

当初、私の梨花幼稚園のイメージは、教育熱心で他の幼稚園とは違い、レベルの高い事を園児に対して行うといった感じで、「自分の子どもが入って大丈夫かな!? ついていけるかな!?」と思いました。

入園後の数ヶ月は子どもが慣れるまで、食欲が増えたり、夜泣きをしたりして大変な時もありましたが、慣れた今では元気に通っています。

幼稚園の対応は、園児だけでなく父母に対しても丁寧です。細かいところまで配慮をしてくれるところは、他の幼稚園にはない、梨花幼稚園の特徴の一つだと感じています。

また、運動会や園児の発表会などの行事も盛大で、父母が参加出来るのも多く、面白いです。
入園して良かったと思っています。

駿河区西島  N.N
私が一番心配だったのは、食物アレルギーのある息子の食事の事

息子は1才2カ月の頃からマイスクールにお世話になり、この春から年少です。園に通い始めて私が一番心配だったのは、食物アレルギーのある息子の食事の事でした。何度も担任の先生と機会を設けていただきました。

もも組さんからは、アレルギー食を用意して頂き、おやつや行事でのお土産まで、全てに配慮して頂きました。
先生方から「成長すれば抵抗力もついてきますよ」と、励ましの言葉を頂きながらの2年間でした。

先生方の細やかな気遣いで、安心して通わせることが出来ました。
相談にのって下さった先生方に感謝しています。

駿河区みずほ  H.K
親子で成長していけます

毎年、色々な行事等を通して、我が子の成長をつくづくと感じます。
一年があっという間に過ぎていき、いつの間にか言動や行動が大人びてきて、見ているのが楽しいです。
そして、親子で成長していけます。

駿河区下川原  N.N
オムツで登園し、毎日泣きながら通っていました。

小4の長男が年中から2年間、年長の次男が年少から、梨花幼稚園にお世話になっています。

長男に、「梨花幼稚園といえば?」と質問すると「マーチング」と答えました。
「園での生活はほとんど忘れてしまっているけど・・・。でもマーチングをしている幼稚園は、他にはないよ。
めずらしいんだよ。厳しい時もあったけど楽しい時のほうが多かったな。」と話してくれました。

幼稚園を探していた時に、梨花幼稚園で年長さんのマーチングを見る機会がありました。「うわぁ〜スゴイ! 園児があんなことするんだ!!」と驚いたと同時に、わが子にも経験させたいと思い、入園を決めました。

年長の次男は、「ぼくは、小太鼓がんばるよ!!」と呪文のようにとなえて、小太鼓のリズムを口ずさんでいます。年少の時はオムツで登園し、毎日泣きながら通っていました。その子が今では、マーチングのデビューに向けてワクワクしながら張り切っています。

マーチングの活動を通して、どんなふうに成長していくのか、楽しみです。

駿河区大谷  Y.H
入園の決め手は、その言葉だったかも

小3の甥っ子が今でも時々「梨花がすごく楽しかった!!」とよく言っています。
入園の決め手は、その言葉だったかもしれません。

運動会や発表会に甥っ子の姿を見に行き「おおきくなった!!」「こんなことも出来るゥ!!」と、よく感動していました。そんな光景の中に、先生達の頑張りも感じていたと思います。

この1か月は、今でもそうですが朝はバタバタです。「お母さんとバイバイしたくないんだよォ〜」と曇りがちな顔です。始めの3〜4日は泣きながらでした。 でも、朝の先生の「○○ちゃんかっこいい!!」と「気をつけ、ピッ!!」で、バスが来ると、自分で待つと決めた場所に立つようになりました。運転手さんの先生とタッチをして出掛けて行きます。

小さなエピソードも話してくれます。給食を残さず食べている様で「集めて集めて全部食べたョ」と教えてくれます。ハナ歌は、どうやら幼稚園で習った歌のようです・・・。

何度かお手紙や折り紙を、年長さんや年中さんのお姉ちゃんお兄ちゃんから、もらって来ました。「もう、お手紙書けるんだ!!」「折り紙かわいい!!」そんな出来事の中にも、近い未来の息子の姿が見える気がします。

駿河区大和田  N.I
日常の生活や年間たくさんの行事を通して、人間の感覚全体を刺激し吸収できる

昨年から娘がもも組でお世話になり、この春から年少に通い、そして、弟も今年からもも組でお世話になっています。

普段休みの日しか子供と接する時間が少ない主人に、『梨花幼稚園で良かったなぁって思うことある?』と突然尋ねてみました。『○○ちゃんが毎日楽しく過ごせていること。そして、嫁がうれしそうにしていること。』意味がわからない私はよく聞いてみると、娘が休みの日も『今日は幼稚園行かないの?楽しいんだもん。』と、もも組に入園した4月には想像できなかった事を言っているからだと。そして、娘が話す幼稚園の出来事などをうれしそうに私が話しているからと言われました。

あっという間に過ぎてしまうであろう幼児期に、日常の生活や年間たくさんの行事を通して、人間の感覚全体を刺激し吸収できる、まさに五感をフルに体感できる幼稚園だと思います。

そして、多くの先生方のサポートがあり、安心して園生活を楽しむことができているのだなぁと感じます。梨花幼稚園は、子供だけでなく親や家族みんなが楽しめる所だと思います。

駿河区敷地  M.T
人見知りで引っ込み思案で、公園に遊びに行ってもママから絶対に離れないような子供

現在小学校4年生の長女に続き、年長で次女がお世話になっています。

長女は人見知りで引っ込み思案で、公園に遊びに行ってもママから絶対に離れないような子供でした。でも、梨花幼稚園に通って、マーチングやちびっこ発表会をはじめ、作法参観や誕生日会など、大舞台で発表する場も多く、家族でびっくりするくらい本人に自信がついたのか、授業中にすすんで手を挙げて発表できるようになりました。

次女は、早生まれということもあり、梨花のたくさんの行事についていけるか心配でしたが、年中で逆上がりができるようになり、マーチングではリーダーシップをとって練習に取り組んでいるようです。

先生方全員が、園児すべての名前と顔を覚えていて、帰り際にいろんな先生から、子供のちょっとしたエピソードを聞けるのも楽しみの一つです。

駿河区下川原  M.W
入園を決めたのは、先生方の笑顔と元気の良さです。

「今日は何の日?」「今日はね〜」毎朝決まった我が家でのこの会話。

梨花幼稚園は楽しい事がいっぱいなんです。七夕やクリスマス等の季節行事はもちろん、全員目標達成を目指し、外部講師を含む先生方の指導の下頑張る体育活動、自分達で作って食べる○○パーティー、園バスに乗って出掛ける園外保育etc・・・。どれを取っても子供達を見守るきめ細かい目がなければ、安心して子供を任せられませんが、梨花にはその目があるんです。担任以外のフリーの先生も多く、バスの運転手さんも子供の送迎だけでなく、出掛けた先では子供と一緒に遊びお弁当も食べ、男性教諭と共に子供の見守りをしてくれます。

入園先を探していくつかの幼稚園を見学させてもらったのですが、入園を決めたのは、先生方の笑顔と元気の良さです。そんな先生方だから子供は楽しく園生活を送る事ができ、親は安心して園に任せられるのです。今年度はどんな楽しい事があるのかと、子供より楽しみにしているのは親の私かもしれません。

やさしい先生、楽しい梨花幼稚園が、親子共々大好きです。

駿河区中島  M.K
「まあ、ここならいいか・・・」ではなく「この幼稚園だ!」

近所のお友達と同じ学区内の幼稚園に入れるのか?少し遠くても気に入った幼稚園に入れようか?・・・と、いくつかの幼稚園を子供と一緒に実際に見て、先生方の話を聞いて、園内も案内してもらいました。そんな中で「まあ、ここならいいか・・・」ではなく「この幼稚園だ!」と、直感したのが梨花幼稚園でした。

明るくハキハキとした先生方、楽しそうな子供達の笑い声、そして何と言ってもパワーあふれる園長先生。園舎は、そんな先生方と子供達で活気にあふれていました。

現在小学4年生の娘と小学2年生の娘の卒園を経て、年中に三女がお世話になり、幼稚園7年目ですが、子供達から一度も“幼稚園に行きたくない”と言われたことはありません。

卒園した娘いわく、梨花幼稚園に行っていて良かったことは、『友達が沢山できたこと、いろいろな場所でマーチング演奏ができたこと、いろいろなクラブがありいろんな体験ができたこと、先生方が楽しくやさしく指導してくれたこと』
うちの三姉妹は、梨花幼稚園に通って“心豊かにたくましく”育っています。

駿河区西脇  N.T  
母親として娘と共に梨花幼稚園にチャレンジしてみよう!という思いに

娘は、ももさんで1年お世話になり、今年年少さんになりました。

ももさんに入る前は、お友達と協調して生活できるのかとても心配でした。周りをよく見てはいますが、おもちゃをゆずれなかったり、お友達のおやつを食べてしまったり…。そんな心配の中、園長先生のお言葉で「子供同士で学び合うんです」

「こどもの人数が多い事で、個性のぶつかり合いの中、学ぶ事感じる事に恵まれているんです」というものに、母親として娘と共に梨花幼稚園にチャレンジしてみよう!という思いに至りました。

園のサポート体制はとても丁寧で、仕事をしている私にはとても有難いものです。娘本人が豊富な行事やイベントに「ドキドキして楽しみ!」と喜んで園に行く姿に、たのもしさを感じています。これは、先生方が子ども一人ひとりの段階に合わせ、ステップアップさせて、やりぬく事の楽しさを教えて下さっているからだと思います。

残り2年、成長が楽しみです。

駿河区東新田  S.A 
娘が、楽しくハッピーに3年間過ごせる幼稚園はどこだろう?

今、年長さんで娘がお世話になっています。
大切に大切に過ごしてきた幼稚園生活も、ついに最後の学年、最後の一年です。

入園の時、「3年間を思いっきり楽しんで、大事に過ごそう」と心に決めて、大切にしてきたはずなのに、この2年間を振り返るとあっという間でした。

我が家で末っ子の娘。小さな頃から人との中でのルール以外では細かい事は言わず、のんびり子育てしてきました。本人はマイペース。周りのペースにとらわれずに『自分は自分』で、明るくいつもニコニコと楽しそうにしている子でした。 人の目が気になりがちな世の中、私は娘の「自分は自分だよ」と通せるところがうらやましくもあり、時には難もあるのかもしれませんが、失わずにそのままで、明るくニコニコと育ってほしいと思いました。

そんな娘が、楽しくハッピーに3年間過ごせる幼稚園はどこだろう?そう考えた時、先生方自身が皆さんとにかく明るくて、ハッピーな雰囲気があふれている梨花幼稚園に、3年間親子一緒に通いたい!絶対楽しい3年間になるぞ!と、心に決めました。

入園してから2年。最初は寂しくて親子でメソメソしましたが(笑)、寂しい時には先生が受け止めて下さり、人よりゆっくりペースでも、やりたいと言えば辛抱強く待って下さって、娘の気持ちやペースを大事にして下さるので、おかげで娘も、いつの間にか人の気持ちを大事に想える子に成長しています。それは先生方から頂いた大きな宝物です。

いつもいつも笑顔で楽しい雰囲気で迎えて下さる先生方に、いつも親子で元気をもらいます。3年間もらい続けたその元気は、娘が大きくなってもず〜っと心の栄養になっていくのだろうなぁと思います。

娘は毎日幼稚園が楽しくて、先生方が大好きで、親の私も一緒になって楽しくて仕方ないので、年長の今は卒園が今から寂しくて仕方ありません。この1年、大事に親子で楽しんでいこうと思います。

そんな娘の、大きくなったらの今の夢は、「梨花幼稚園の先生になりたい!」だそうです。それだけ幼稚園での毎日が、輝いていて楽しいってことですね!

葵区与一  H.S 
私にとっても、とても大切な場所

梨花幼稚園にお世話になって、今年で8年目になりました。
私の一番の楽しみは、何と言っても親子遠足です。子どもとのお弁当、ママ友や先生方とのおしゃべり・・・。何度行っても楽しい思い出ばかりです。
梨花幼稚園は、子どもにとっても私にとっても、とても大切な場所になりました。

駿河区下川原  M.W 
息子はママッ子で、いつも周りの子たちに圧倒されて、
ママから離れる事ができませんでした。

今年から、年少でお世話になっております。
入園前の息子はママッ子で、いつも周りの子たちに圧倒されて、ママから離れる事ができませんでした。

そんな息子が、梨花幼稚園の様なパワフルでたくさん行事のある幼稚園で大丈夫か不安でした。案の定、入園体験日は、ママと離れるのを嫌がり、先生に抱っこしてもらいながら教室に入って行きました。戻ってきた息子は、目をキラキラさせながら「楽しかったよ〜!」と言って笑顔で話をしてくれました。それからは、幼稚園が大好きになった様で、元気に挨拶をしてバス登園する姿を見て、たった数日でこんなにも成長するのかと驚かされました。

今では「今日はこんな事やったよ〜!」という話を聞くのが楽しみになりました。
梨花幼稚園には、楽しい行事やイベントがたくさんあります。
これから三年間、いろいろな事を経験し、成長していく息子が今から楽しみです。

駿河区中島  Y.T 
全力で泥遊びをし、全力でマーチングをがんばる我が子

早いもので少しずつ卒園に向けて、準備を始めています。

入園当初から、泥あそび大好きのやんちゃなわが子でしたが、年長になった今も先生方に見守られ、体をつかった遊びが大好きです。

小学校に通う姉がいますが、小学生になると体中泥だらけで夢中になって遊ぶという機会が、ほぼなくなってしまいます。全力で泥遊びをし、全力でマーチングをがんばる我が子が少しまぶしい毎日です。

卒園まであと数カ月。外遊びでまっ黒になった顔と、マーチングの大太鼓の練習でついた背中の筋肉を忘れぬよう、見守っていこうと思います。

駿河区みずほ  M.Y 
泣きじゃくる娘に私が動揺

現在小2の長女がもも組に入園した当初、泣きじゃくる娘に私が動揺していると、先生が、「お母さん大丈夫です。お任せ下さい。」と一言。少し心配しながら迎えに行くと、娘は笑顔で先生にさよならをしていました。細かな娘の様子を教えて頂いたり、一人ずつ話し掛けをしてくれる先生方の様子を見て、私の心配はなくなりました。安心して子供をお願いできる幼稚園だと思います。

信頼できる先生方と、心豊かにたくましくの精神で、長女はすごく成長しました。

年長マーチングとちびっこ発表会は、感動的でした。

4年間で、たくさんの自信をつけて頂き、それは今でも娘の宝になっています。本当に梨花幼稚園にして良かったなぁと思っています。今は年中にいる次女の成長が楽しみです。

  葵区羽鳥  A.M 
お問い合わせ
学校法人 鷲巣学園 梨花幼稚園
TEL 054-258-9118

担当: 大石、萩原

《追記》
*幼稚園への入園料・保育料共に、26年度も値上がりはありません。ページトップへ戻る