初歩的なエラー記入

落球、悪送球を基に打者走者を対象にしたシンプルなエラー。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■初歩的なエラー記入

☆ポイント

 「野手のミス=エラー」ではありません。野手がミスをしてもエラーにならないことは多くあります。エラーが記録される場合は「野手の捕球ミス・送球ミスが、打者の出塁や走者の進塁の原因になった場合」と「野手のミスにより、アウトに出来る機会を失った場合(野選は除く)」などです。
 例えば「無死走者無し。打者がセカンドへフライを打ち上げた。セカンドはフライを落球したがすぐに拾い直し、打者が1塁ベースに到達するより早くに1塁へ送球してアウトにした」というプレーがあったとします。セカンドはフライを落球するというミスプレーをしましたが、そのミスによって打者が出塁したり走者が進塁したわけではありませんので、エラーになりません。「エラーにならないミスもある。ミスの全てがエラーになるわけでは無い」ということをしっかりと踏まえて下さい。
 また、暴投(ワイルドピッチ)、捕逸(パスボール)、野手選択(野選,フィルダーズチョイス)などのミスプレーは「エラー」に含まれません。それぞれ「暴投,捕逸,野選」といったエラーとは違う項目で集計します。


センターがフライを落球

フライを落球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「センターがフライを落球。打者走者は1塁でストップ」

 センターがフライを捕球していれば、打者はアウトでした。つまり、打者が出塁したのはセンターのフライ落球が原因ですので、センターにエラーが記録されます。
 右下枠にセンターへのフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、その左横にエラーを表す「」を書きます。


サードがライナーを落球

ライナーを落球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「サード正面へのライナーをサードがグラブではじいてしまう。打者走者は1塁でストップ」

 サードがライナーを捕球していれば、打者はアウトでした。つまり、打者が出塁したのはサードのライナー落球が原因ですので、サードにエラーが記録されます。
 右下枠にサードへのライナーを表す「」「−(直線)」を書き、その左横にエラーを表す「」を書きます。


ショートゴロエラー

ゴロを捕球ミス

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ショートがゴロをはじいてしまい、すぐに拾い直したが一塁へ投げられず。打者走者は1塁でストップ」
<例>
「ショートがゴロをトンネルし、打球はレフトまで転がった。打者走者は1塁でストップ」
<例>
「ショートがゴロを捕球しようとした時に誤って打球を蹴ってしまう。そのボールをセカンドが拾い直したが、1塁へは投げれず。打者走者は1塁でストップ」

 上に挙げた3つの例は異なったプレーですが、これらのプレーには

  • ショートが捕球時にミスをした
  • ボールは1塁へは送球されず
  • 打者走者は1塁でストップ

という3つの共通点があります。実はこれら3点だけがスコアブックを記入するのに必要な情報であり、これら以外の部分のプレーは、記入するのに必要では無い情報です。
 具体的には、取り損ねた打球をショート自身が拾い直そうが、セカンドやレフトなど他の野手がカバーして拾おうが「ショートが打球を捕り損ねた」ということに変わりがありません。また、打球をトンネルしても蹴ってしまっても「捕球ミス」なのです。
 このようにエラーを記録する場合には、野手の動作の中で「必要な情報/不必要な情報」を分別することが求められます。無駄なプレー部分を削ぎ落とした「そのプレーを記入するのに必要な情報」だけを見出す知識と判断力、コツが必要になります。

 さて記入ですが、ショートがゴロを捕り損ねたことが打者が出塁した原因ですので、ショートのエラーです。
 記入は右下枠にショートへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、その左横にエラーを表す「」を書きます。


サードゴロエラー

ゴロを捕球ミス(送球あり)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「サードがゴロを捕球ミスし、すぐに拾い直してファーストへ送球するも間に合わずセーフ」

 サードがゴロを捕り損ねたことによって、1塁への送球が間に合わずに打者が出塁しましたので、サードのエラーです。
 右下枠にサードへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、その左横にエラーを表す「」を書きます。そして、ファーストへの送球を表す「−3」を書きます。

 市販のスコアブック解説本などでは、打球処理エラーが発生した後の送球に関する記入については触れていないことが多いですが、当サイトでは送球を記入することを推奨しています。と言っても全ての送球を記入するのではなく、内野安打と同じく「送球を書く方がプレーの雰囲気が出る場合」のみ記入します。

※注意
「内野安打」と「エラー」の区別や記入を混合しないで下さい。例えば、サードが捕球時にミスをしてボールを拾い直して1塁へ送球しても……

  • 捕球ミスが無くても1塁はセーフだったと思われる場合
    ⇒内野安打
  • 捕球ミスが無ければ1塁はアウトだったと思われる場合
    ⇒エラー

(参考:打球をはじいた内野安打


ファーストゴロも悪送球

悪送球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ファーストへゴロの打球。打球を捕ったファーストが1塁ベースカバーのピッチャーへ悪送球し、打者走者は1塁セーフ」

 ファーストがピッチャーへ正しく送球していれば、打者はアウトでした。つまり、打者が出塁したのはファーストの悪送球が原因ですので、ファーストにエラーが記録されます。
 右下枠にファーストへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球エラーを表すために右横に「」を書きます。あとはピッチャーへの送球を表す「−1」を書きます。

※注意
捕球エラーと送球エラーでは「E」の字を書く位置が違います。

  • 捕球ミス ⇒ 野手記号の左横に「E」
  • 送球ミス ⇒ 野手記号の右横に「E」

逆に言えば、「E」が書いてある場所を見ることによって、捕球エラーか送球エラーかを区別できます。


キャッチャーゴロも送球が打者走者に当る

送球が走者に当たる

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ボテボテのゴロ打球をキャッチャーが拾って1塁へ送球するが、送球が打者走者の体に当たってしまい1塁セーフに」

 キャッチャーが送球を(打者走者の体に当てずに)正しく1塁へ送球していれば、打者はアウトでした。つまり、打者が出塁したのはキャッチャーの悪送球が原因ですので、キャッチャーにエラーが記録されます。
 このように送球が走者に当っていなければアウトを取れていたであろう場合は、送球した野手に悪送球というエラーが記録されます(走者による守備妨害が宣告された場合を除く)。送球が当った走者は痛いですが、守備側も痛いです(笑)
 右下枠にキャッチャーへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球エラーを表すために右横に「」を書きます。あとはファーストへの送球を表す「−3」を書きます。


セカンドゴロもファーストが送球を捕球ミス

送球を捕球ミス

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「セカンドがゴロを捕りファーストへ正しく送球するが、ファーストが送球を落としてしまい1塁セーフに」

 ファーストが送球を捕球していれば、打者はアウトでした。つまり、打者が出塁したのはファーストの捕球ミスが原因ですので、ファーストにエラーが記録されます。
 右下枠にセカンドへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、ファーストへの送球を表す「−3」を書きます。そしてファーストの捕球エラーを表すためにファーストの左横に「」を書きます。つまり「−E3」となります。


ファーストゴロもタッチ時に落球

タッチ時に落球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ゴロ打球をファーストが前進して捕球し、1塁へ向かって走っている打者走者の体へタッチ。しかし、タッチ時にグラブからボールを落としてしまい、タッチプレーが認められず、1塁セーフに」

 ファーストがタッチした時にボールを落とさなければ、打者はアウトでした。つまり、打者が出塁したのはファーストの捕球ミスが原因ですので、ファーストにエラーが記録されます。プレーの意味合いとしては1つ上の「送球を捕球ミス」と同じです。
 右下枠にファーストへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、ファースト自らがタッチしましたので左側に「」を書きます。そしてファーストのタッチ時の落球(捕球エラー)を表すためにファーストの左横に「」を書きます。つまり「−E3」となります。
(参考:打者走者へタッチした内野ゴロ


このページの書き方のおさらい

 



 



 



ページ最上部へ▲

スコアブックを記入するにおいて基礎となる記号を紹介。記入の対象が打者(または打者走者)のスコアカードのみという簡単な記入を集めた初歩的なコーナー。