ホームラン(本塁打)

ホームラン、ランニングホームラン。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■ホームラン(本塁打)

☆ポイント

 ホームランと本塁打は同義語です。打球がノーバウンドで外野フェンスを越える「(普通の)ホームラン」と打者走者が野手の打球処理の間に一気にホームまで生還(ダイヤモンドを1周する)する「ランニングホームラン」があります。どちらも記録上は同じように扱います。


左中間へのホームラン

ホームラン(1)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「左中間スタンドへ入るホームラン」

 ヒットを表す「」をホームランでは右下枠から右上枠、左上枠、左下枠へと1周分書きます。そして右下枠に左中間オーバーを表す「78」「」を書きます。そして、中央には得点(そのスコアカードに該当する打者が本塁へ生還)を表す「」を書きます。


ライトポール直撃のホームラン

ホームラン(2)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ライトポール直撃のホームラン」

 ホームランを表す「」を1周させ、ライトポールの方向を表す「」「」を書きます。そして、中央には得点を表す「」を書きます。
 例文には「ライトポール直撃」と書きましたが、この書き方が「ポール直撃」を表しているわけではなく、「ライトポール際」などライトより右側のホームランならば同じように書きます。


右中間へのランニングホームラン

ランニングホームラン(1)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球は右中間を抜けて延々と転がって行く。ライトが打球に追いつき、セカンドへ返球した頃には打者走者は本塁へ生還していた」

 ホームランを表す「」を1周させ、右中間を表す「89」「」を右下枠に書きます。中央には得点を表す「」を書きます。そして、左下枠に「このホームランはランニングホームランである」と示すために「RH」を書きます。この「RH」は書かなくても問題ありません。ランニングホームランとスタンドインのホームランを区別した人は書いて下さい。


センターオーバーのランニングホームラン

エラーが絡んで打者走者生還

ランニングホームラン(2)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はセンターの頭上を越えて延々と転がって行く。センターが打球に追いつき、ショート、セカンドへと返球が送られいる間に送球ミスや捕球ミスが重なり、打者走者は一気に本塁へ生還した」

 センターから内野への返球リレー中に送球・捕球ミスがありました。「それらのミスさえ無ければ、打者走者が本塁まで進めなかったのでは?」と思われるプレーでも打者走者がダイヤモンドを一気に1周した功績を称え(?)、ランニングホームランとして処理することが多いです。ただし、フライを落球やゴロをトンネルなど打球を処理する時にエラーをした場合はランニングホームランになりません。打者走者が本塁まで還れたのはエラーが最大の要因であると記録者が判断すれば、ランニングホームランになりません。

 書き方ですが「ランニングホームランだ」と判断した場合は(左図a.)です。ホームランを表す「」を1周させ、右下枠にセンターオーバーを表す「」「」、中央には得点を表す「」を書きます。そして、右下枠にランニングホームランを表す「RH」を書きます。
 「ランニングホームランでは無い」と判断した場合には(左図b.)のような書き方になります。エラー無しで打者が進めたであろう塁までが塁打になり、あとはエラーと進塁を結びつける作業です。(左図b.)の内容を説明しますと、エラーが無ければ打者走者はツーベース、3塁へ進めたのはセンターからショートへの悪送球(左上枠)、本塁へ生還したのはショートからの返球をセカンドが捕球エラーしたこと(左下枠)が原因だと記録者が判断したものです。これらは一連のプレーですので「継続線」で結ばれています。


ページ最上部へ▲

スコアブックを記入するにおいて基礎となる記号を紹介。記入の対象が打者(または打者走者)のスコアカードのみという簡単な記入を集めた初歩的なコーナー。