スリーベース(三塁打)

色々なスリーベース、スリーベースと判断してはダメな事例。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■スリーベース(三塁打)

☆ポイント

 スリーベースと三塁打は同義語です。スリーベースとは「打撃の成果のみによって打者走者が3塁まで進むことが出来たヒット」のことです。野手が打球を処理し、返球するまでの間に打者走者が3塁まで進めればスリーベースになりますが、「打球の処理や返球時にエラーが発生した」「他の走者を刺そうとした送球の隙をついた」等の要因によって打者走者が3塁まで進んだ場合にはスリーベースにならず、二塁打や単打になります。


左中間を破るスリーベース

スリーベース(1)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「左中間を抜けるスリーベース」

 オーソドックスなスリーベースです。ヒットを表す「」をスリーベースでは右下枠から右上枠、左上枠へ書きます。打者が打撃によって3塁まで進みましたので、「/」を3枠分に引きます。そして右下枠に左中間を表す「78」と打球の方向を表す「」を書きます。


センターオーバーのスリーベース

スリーベース(2)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「センターの頭上を越えるスリーベース」

 これもオーソドックスなスリーベースです。スリーベースを表す「」を右下枠から右上枠、左上枠へ書き、センターオーバーを表す「」「」を書きます。


ライト線へのスリーベース

スリーベース(3)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はライト線を抜ける。打者走者は2塁を回って3塁を目指すが、打球を捕ったライトからセカンド、3塁(サード)へと返球が送られクロスプレーに。しかしセーフだった」

 3塁上でクロスプレーになりましたが、打者走者は自らの打撃結果によって無事に3塁まで進塁出来ましたのでスリーベースです。この場合、打者走者がアウトになりませんでしたのでライトからサードへの送球リレーを書く必要はありません。
 書き方はスリーベースを表す「」を右下枠から右上枠、左上枠へ書き、右下枠にライト線を表す「」「」を書きます。


本塁でアウトになったスリーベース

本塁でアウトのスリーベース

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球は右中間を破る。打者走者は3塁を回って一気に本塁を目指すが、打球を捕ったライトからセカンド、キャッチャーへ好返球が送られタッチアウト」

 スリーベースの定義は先にも書いたように「打撃の成果のみによって打者走者が3塁まで進むことが出来たヒット」です。この例文のようなプレーですと、打者走者は本塁でアウトになりましたが、打撃によって3塁まで進めたのも事実です。このようなプレーは「スリーベース+走塁死」という扱いになります。

 書き方はスリーベースを表す「」を右下枠から右上枠、左上枠へ書き、右下枠に右中間を破るを表す「89」「」を書きます。そして左下枠には本塁でアウトになった要因であるライトからセカンド、キャッチャーへの送球を表す「94−2」を書きます。スリーベースと走塁死(ライトからキャッチャーまでの送球)は一連のプレーですので左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。中心には「アウトカウント」を書きます。


エンタイトルスリーベース

エンタイトルスリーベース

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「打球はライトの頭上を越えてノーバウンドでライトフェンスを越えたが、グランドルールによりエンタイトルスリーベースが宣告された」

 プロ野球や高校野球では見る機会がありませんが、草野球や少年野球ではグランドの形状によっては発生するプレーです。簡単に説明すると、外野フェンスまでの距離があまりにも近いグランドでは、フェンスをノーバウンドで越えてもホームランにならず、エンタイトルスリーベース(ツーベースの場合も)になったりします。これ以外にもローカルルールによってエンタイトルスリーベースの定義が決められている場合もあります。もちろん、それを判断(宣告)するのは審判ですし、審判には試合前に両チームへこういった特殊ルールを説明する義務があります。

 書き方ですが、普通のスリーベースのように「」を右下枠から右上枠、左上枠へ書き、右下枠にライトオーバーを表す「」「」を書きます。そしてエンタイトルスリーベースとわかるように左上枠に「T3(テイク3ベースの意)」を書きます。「T3」を書かずに普通のスリーベースと同じ扱いにしても何ら問題ありません(記入者の好みの問題です)。また、記録集計上はエンタイトルスリーベースも普通のスリーベースと区別せずにカウントします


走塁妨害が発生したスリーベース

走塁妨害が発生したスリーベース

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「打球はライト線を深々と転がって行く。3塁を目指した打者走者は2塁ベースを回ったところで突っ立っていたショートと衝突し転倒。審判が走塁妨害を宣告し、打者走者は3塁への進塁を認められた」

 こういった妨害プレーが発生した場合、「走塁妨害(走者と野手の交錯)が発生しなければ、どうなっていたか?」を考えて下さい。この例ですと、打球はライト線を延々と転がっていったのですから、打者走者は3塁まで進めたであろう=スリーベースだろうと考えます。審判が走塁妨害を宣告したからといって記録を「二塁打+走塁妨害による進塁」とすれば、スリーベースを打ったハズの打者が、妨害を受けた被害者なのに記録上で損をします。そうならないように「スリーベース」という記録になります。
 書き方は普通のライト線を抜けるスリーベースと同じです。
(参考:走塁妨害
公認野球規則7・06(a)
走塁を妨げられた走者に対してプレイが行われている場合、または打者走者が一塁に触れる前にその走塁を妨げられた場合には、ボールデッドとし、塁上の各走者はオブストラクションが無ければ達しただろうと推定する塁まで、アウトのおそれなく進塁することが許される。


ここから下は『スリーベースではない』例です。
シングルヒット+エラー

ツーベース+エラー

捕球エラーで3塁へ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ライト線へヒット。ところが捕球しようとしたライトが打球を蹴ってしまい、打者走者は一気に3塁まで進めた」

 打者走者は3塁まで進めましたが、ライトがエラーをしなければ間違いなく3塁まで進めなかったと思われます。このような場合は「ライトのエラーが無ければ、打者走者は何塁でストップしていたか?」を考えます。
 「打者走者は1塁でストップしていたであろう」と思われる場合は(左図a.)のようになります。右下枠にライト線へのヒットを表す「」「」「」を書き、左上枠にはライトの捕球エラーを表す「E9」を書きます。このヒットとエラーは一連のプレーですので右下枠から左上枠へ「継続線」を引きます。つまり、「単打+エラー」です。
 「打者走者は2塁でストップしていたであろう」と思われる場合は(左図b.)のようになります。右下枠から右上枠へツーベースを表す「」、右下枠にライト線へを表す「」「」を書きます。左上枠にはライトの捕球エラーを表す「E9」。このツーベースとエラーは一連のプレーですので右上枠から左上枠を「継続線」で結びます。つまり、「二塁打+エラー」です。


送球の間に3塁へ

送球の間に3塁へ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死1塁。打者の打球はセンターの頭上を越え、1塁走者が一気に生還。打者走者は2塁に到達していたが、センターから本塁へ送球されているのを見て、3塁へ進んだ」

 打者走者は3塁まで進みましたが、自らの打撃(センターオーバー)によって進めたのは2塁までです。3塁へは送球の間に進めただけです。このような場合はスリーベースとならず、ツーベースになります。
 書き方はツーベースを表す「」を右下枠から右上枠に書き、右下枠にセンターオーバーを表す「」「」を書きます。右上枠から左上枠へ送球の間に3塁へ進塁したこと(記録に付かない進塁)を表す「←(矢印)」を書きます。
 この「矢印」を用いた「記録に付かない進塁」は、この例のような「送球の間に進塁」だけでなく、色々な場面で使用します。

※この項目の書き方は、スコアブックを記入するにおいて非常に頻度の高い、重要な記入法です。必ず、理屈&記入法を覚えて下さい!


野手の隙を突き3塁へ

野手の隙を突き3塁へ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「レフト線を抜けるヒット。打者走者は2塁へ。よく見ると3塁ベース付近に野手が誰もいないので、打者走者は3塁を奪った」

 打者走者は、自らの打撃(レフト線へのヒット)によって2塁へ出塁し、3塁へは野手の隙を突いた好走塁にて進みました。
 書き方はツーベースを表す「」を右下枠から右上枠に書き、右下枠にレフト線を抜けるを表す「」「」を書き、右上枠から左上枠へ送球の間に3塁へ進塁したこと(記録に付かない進塁)を表す「←(矢印)」を書きます。

 ただ、この例のようなプレーではスリーベースと判断をしても問題ありません。この項では「塁打の考え方」の一例として解説しています。


このページの書き方のおさらい

 



 



 


ページ最上部へ▲

スコアブックを記入するにおいて基礎となる記号を紹介。記入の対象が打者(または打者走者)のスコアカードのみという簡単な記入を集めた初歩的なコーナー。