ツーベース(二塁打)

色々なツーベース、ツーベースと判断してはダメな事例。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■ツーベース(二塁打)

☆ポイント

 ツーベースと二塁打は同義語です。ツーベースとは「打撃の成果のみによって打者走者が2塁まで進むことが出来たヒット」のことです。野手が打球を処理し、返球するまでの間に打者走者が2塁まで進めればツーベースになりますが、「打球の処理や返球時にエラーが発生した」「他の走者を刺そうとした送球の隙をついた」等の要因によって打者走者が2塁まで進んだ場合にはツーベースにならず、単打になります。


左中間を破るツーベース

ツーベース(1)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「左中間を抜けるツーベース」

 オーソドックスなツーベースです。ヒットを表す「」をツーベースでは右下枠と右上枠に書きます。打者が打撃によって2塁まで進みましたので、「/」を2枠分に引きます。そして右下枠に打球が飛んだ先である左中間を表す「78」と打球の方向を表す「」を書きます。


センターオーバーのツーベース

ツーベース(2)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「センターの頭上を越えるツーベース」

 これもオーソドックスなツーベースです。ツーベースを表す「」を右下枠から右上枠へ書き、センターオーバーを表す「」「」を書きます。


レフト線へのツーベース

ツーベース(3)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はレフト線へ。打者走者は1塁を回って2塁を目指すが、打球を捕ったレフトから2塁(セカンド)へ好返球が送られクロスプレーに。しかしセーフだった」

 2塁上でクロスプレーになりましたが、打者走者は自らの打撃結果によって無事に2塁まで進塁出来ましたのでツーベースです。この場合、打者走者がアウトになりませんでしたのでレフトからセカンドへの送球を書く必要はありません。
 書き方はツーベースを表す「」を右下枠から右上枠へ書き、右下枠にレフト線を表す「」「」を書きます。


走塁死でツーベース

3塁でアウトのツーベース

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はライト線を抜ける。打者走者は2塁を回って一気に3塁を目指すが、打球を捕ったライトからサードへダイレクトで好返球が送られタッチアウト」

 ツーベースの定義は先にも書いたように「打撃の成果のみによって打者走者が2塁まで進むことが出来たヒット」です。この例文のようなプレーですと、打者走者は3塁でタッチアウトになりましたが、打撃によって2塁まで進めたのも事実です。このようなプレーは「ツーベース+走塁死」という扱いになります。
 書き方はツーベースを表す「」を右下枠から右上枠へ書き、右下枠にライト線を表す「」「」を書きます。そして左上枠には3塁でアウトになった要因であるライトからサードへの送球を表す「9−5」を書きます。ツーベースと走塁死(ライトからサードへの送球)は一連のプレーですので右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。中心には「アウトカウント」を書きます。
(参考:継続線)


サード強襲の内野安打ツーベース

レフトへのツーベース

内野安打でツーベース(1)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はサードへの強烈なゴロ。サードは打球をはじいてしまい、ボールはファールグランドへ転がって行く。サードがボールを拾った頃には、打者走者は2塁へ到達していた」

 頻度は高くありませんが見かけるプレーです。サードへのゴロは強烈=強襲ヒットだったとします。
 書き方はツーベースを表す「」を右下枠から右上枠へ書き、右下枠に内野安打を表す「半円」、その中にサード強襲を表す「_(アンダーライン)」「」を書きます(左図a.)。打者走者が2塁まで進んだのに打球を処理したのはサードですから「サードへのツーベース(内野安打)」ということになります。
 この例ではサード強襲の打球をサード自身が拾い直したのでこのように書きましたが、もしサードがはじいた打球が外野へ転がり、レフトが処理した場合には普通にレフト(線)へのツーベースと考えて下さい(左図b.)。


内野フライのハズがツーベース

内野安打でツーベース(2)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球は高く上がった内野フライ。セカンドとファースト両者が捕球体勢に入ろうとしたが、結局お見合いをしてしまい、打球は誰にも触れられずにフェアゾーンに落下。セカンドが打球を拾う頃には打者走者は2塁へ到達していた」

 草野球ではよく見かけるプレーです(笑)。エラーのように思えるプレーですが、フライ打球に触れながら落としたわけではありませんし、明確な捕球体勢なのに落としたわけでもありませんから、エラーになりません。
 書き方はツーベースを表す「」を右下枠から右上枠へ書き、右下枠に内野安打を表す「半円」、その中に打球を拾ったセカンドを表す「」を書きます。
 ただ、この記入だけですと後日に記録を見た時に記入内容の意味がわからない(常識的に考えてセカンドへのツーベースというプレーが理解しにくい)ので、こういった場合は補足として欄外に注釈を書くことをオススメします(左図参照)。


エンタイトルツーベース

エンタイトルツーベース

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「打球はセンターの頭上を越えてからバウンドし、外野フェンスを越えた。エンタイトルツーベースが宣告された」

 プロ野球や高校野球では、たま〜に見かける程度ですが、草野球や少年野球では頻度の高いプレーです。簡単に説明すると、打球がフェアゾーン内の地面などにバウンドして、グランドのへ打球が出た場合にはエンタイトルツーベースが宣告されます(これ以外にもグランドルールによって発生条件が決められている場合あり)。もちろん、それを判断(宣告)するのは審判です。
 書き方ですが、普通のツーベースをのように「」を右下枠から右上枠へ書き、右下枠にセンターオーバーを表す「」「」を書きます。そしてエンタイトルツーベースだということをわかるように右上枠に「T2(テイク2ベースの意)」を書きます。「T2」を書かずに普通のツーベースと同じ扱いにしても何ら問題ありません(記入者の好みの問題です)。また、記録集計上はエンタイトルツーベースも普通のツーベースと区別せずにカウントします


走塁妨害がなくてもツーベース

走塁妨害が発生したツーベース

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「打球はライトフェンス直撃。2塁を目指した打者走者は1塁ベースを回ったところで突っ立っていたファーストと衝突し転倒。審判が走塁妨害を宣告し、打者走者は2塁への進塁を認められた」

 こういった妨害プレーが発生した場合、「走塁妨害(走者と野手の交錯)が発生しなければ、どうなっていたか?」を考えて下さい。この例ですと、打球はライトフェンス直撃ですから、打者走者は2塁まで進めたであろう=ツーベースだろうと考えます。審判が走塁妨害を宣告したからといって記録を「単打+走塁妨害による進塁」とすれば、ツーベースを打ったハズの打者が、妨害を受けた被害者なのに記録上で損をします。そうならないように「ツーベース」という記録になります。
 書き方は普通のライトオーバーのツーベースと同じです。
(参考:走塁妨害
公認野球規則7・06(a)
走塁を妨げられた走者に対してプレイが行われている場合、または打者走者が一塁に触れる前にその走塁を妨げられた場合には、ボールデッドとし、塁上の各走者はオブストラクションが無ければ達しただろうと推定する塁まで、アウトのおそれなく進塁することが許される。


ここから下は『ツーベースではない』例です。
センターのエラーで2塁へ

捕球エラーで2塁へ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「センター前ヒット。ところがセンターが打球をトンネルし、それを見た打者走者は2塁へ」

 打者走者は2塁まで進みましたが、センターが打球をトンネルしていなければ間違いなく1塁までしか進めなかったと思われます。このような場合はツーベースとならず、「シングルヒット+エラー」になります。
 書き方は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書き、右上枠にセンターの捕球エラーを表す「E8」を書きます。ヒットとエラーは一連のプレーですので右下枠から右上枠を「継続線」で結びます。
(参考:初歩的なエラー記入


送球の間に2塁へ

送球の間に2塁へ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死2塁。打者がセンター前ヒットを打ち、2塁走者が生還。センターが本塁へ送球している間に打者走者は2塁へ」

 打者走者は2塁まで進みましたが、自らの打撃(センター前ヒット)によって進めたのは1塁までです。2塁へは送球の間に進めただけです。このような場合はツーベースとならず、シングルヒットになります。
 書き方は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書き、右下枠から右上枠へ送球の間に2塁へ進塁したこと(記録に付かない進塁)を表す「↑(矢印)」を書きます。
 この「矢印」を用いた「記録に付かない進塁」は、この例のような「送球の間に進塁」だけでなく、色々な場面で使用します。

※この項目の書き方は、スコアブックを記入するにおいて非常に頻度の高い、重要な記入法です。必ず、理屈&記入法を覚えて下さい!


野手の隙を突き2塁へ

野手の隙を突き2塁へ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ライト前ヒット。打者走者は1塁へ。よく見ると2塁ベース付近に野手が誰もいないので、打者走者は2塁を奪った」

 打者走者は、自らの打撃(ライト前ヒット)によって1塁へ出塁し、2塁へは野手の隙を突いた好走塁にて進みました。
 書き方は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書き、右下枠から右上枠へ送球の間に2塁へ進塁したこと(記録に付かない進塁)を表す「↑(矢印)」を書きます。

 ただ、この例のようなプレーをツーベースだと判断しても何ら問題ありません。この項では「塁打の考え方」の一例として解説しています。


このページの書き方のおさらい

 



 



 


ページ最上部へ▲

スコアブックを記入するにおいて基礎となる記号を紹介。記入の対象が打者(または打者走者)のスコアカードのみという簡単な記入を集めた初歩的なコーナー。