内野へのシングルヒット

強襲ヒットやポテンヒット、バントヒットなど多種多様なパターンがある内野安打。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■内野へのシングルヒット

☆ポイント

 このページで解説している「内野へのシングルヒット」は、世間一般で言う内野安打のことです。前の項が「外野へのシングルヒット」なので、それと対にするためにこのような題にしただけです。
 内野安打の定義は、内野手(投手・捕手を含む)がフェアの打球に触れた(捕球の成否問わず)のにアウトを1つも取れず、エラーや野選が記録されなかった場合です。打球に触れた位置を気にする必要はありません。


セカンド内野安打

打球を捕っただけの内野安打

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「センターへ抜けるかという打球(ゴロ)をセカンドが捕球したが、1塁へは送球できず」

 セカンドが打球を捕りましたがアウトを取れませんでした。しかし、セカンドはエラーを犯していません。このような場合、記録は内野安打になります。ヒットを表す「」に「半円」が付いた記号が内野安打です。そして打球を処理したセカンドの「」をその半円の中に書きます。

※内野安打と外野へのヒットの書き方相違点
 内野安打では、外野へのヒットの時のように打球の方向を示す「・」を書く必要はありません(書いても支障はありません)。なぜならば、外野へのヒットの場合は打球の方向が走者の進塁に及ぼす影響が大きいですが、内野安打の場合は影響が無いに等しいからです。そのあたりの「書く,書かない」は、集計したいデータの詳細性や好みの問題でもありますので、記録者自身で判断して下さい。


ショート好守も内野安打

打球をはじいた内野安打

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「三遊間を抜けるかという打球(ゴロ)にショートがギリギリ追いついたが、打球をはじいてしまった」

 ショートは打球に追いつきましたが捕球に失敗しました。「エラーかな?」と思うところですが考えものです。三遊間の深い場所へのゴロですから、仮にショートが捕球に成功してから送球をしても打者走者(または他塁へ送球して走者)をアウトにすることは無理だった(間に合わなかった)と推測出来ます。このような「もし打球を捕球できていてもアウトを1つも取れなかったであろう」と思われる場合は、捕球時にミスがあってもエラーを付けず、内野安打になります(その捕球ミスが原因で走者がさらに1つ以上進塁した場合は内野安打+エラーになります)。
 書き方は右下枠に内野安打を表す「」と「半円」にショートの「」を書きます。


ファースト内野安打

送球したが間に合わなかった内野安打

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「一二塁間への打球(ゴロ)をファーストが捕り、1塁ベースカバーの投手へ送球したが、打者走者の足のほうが速くセーフ」

 打球を捕ったファーストにもベースカバーに入った投手にもミス(エラー)がありませんので内野安打になります。
 書き方は右下枠に内野安打を表す「」と「半円」、その中にファーストから投手への送球を表す「3−1」を書きます。

※この欄の書き方について
 市販のスコアブック解説本などでは、この欄で挙げた内野安打を記入する時に「3−1」ではなく「3」だけを書くように説明していると思います(まあ、何も説明していない本もありますが……)。しかし、当サイトでは「3−1」と書くことを推奨しています。なぜならば「野手が打球を捕っただけの内野安打」と「送球をしたが間に合わなかった内野安打」では、同じ内野安打でも意味合いが大きく違うからです。
 「捕っただけ」の方は、外野へ抜けるはずだった打球を野手が好守で止めたわけであり、ヒットでありながら野手の手柄とも言えます。反面、「送球したが間に合わなかった」の方は野手の肩が良ければアウトだったかもしれませんし、打者走者が俊足だったのでセーフになったのかもしれません。きわどいタイミングのプレーだと言えます。
 このように両者はかなり違うプレーなのでこのような記入法を推奨しています(記入するスペースにも問題が無いので)。


ショート内野安打。送球は無視。

送球したが間に合わなかった内野安打(送球の意味なし)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「三遊間を抜けるかという打球(ゴロ)をショートがダイビングキャッチし、起き上がってから1塁へ送球したが、打者走者は楽にセーフだった」

 この例の特徴は、ショートの行動です(プレーを文章で表しているので情景が伝わりにくいですが……)。ショートが3塁側へダイビングして打球を捕った場合、ショートが起き上がった段階で打者走者の1塁セーフは確定的です。ショートは起き上がってから1塁へ送球しましたが、この送球はアウトを取れるはずがない、ミスを誘発するだけの無駄な送球です(プロや高校野球ならば、送球したショートが監督やコーチに怒られるパターンです)。こういった「無駄な、意味のない送球」を伴った内野安打の場合には送球を書く必要はありません。1つ上の解説「送球したが間に合わなかった内野安打」内の「※この欄の書き方について」に書いてある記入意味に基づくと、このプレーでの送球は書かないべきです。
 そういうわけなので、書き方は右下枠に内野安打を表す「」と「半円」、その中に打球を処理したショートの「」を書くだけです。


サード内野安打

送球が逸れた内野安打

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ドン詰まりで転がった打球をサードが猛ダッシュで前進して拾い、1塁へ送球したが悪送球になった。打者走者は1塁ストップ」

 サードが1塁へ悪送球しましたので「サードの送球エラー」だと決めつけてしまうところですが考えものです。サード前のボテボテのゴロですから、例えサードが1塁へ正しい送球を行っていても打者走者がセーフだったかもしれません。そういった可能性がある場合、サードの送球エラーではなく内野安打になります(その悪送球が原因で走者がさらに1つ以上進塁した場合は内野安打+エラーになります)。
 書き方は右下枠に内野安打を表す「」と「半円」、その中にサードからファーストへの送球を表す「5−3」を書きます。


セカンド強襲内野安打

強襲内野安打

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「セカンドの正面へ強烈なゴロが飛び、セカンドは打球をはじく。セカンドはボールを拾うが1塁への送球は間に合わず」

※強襲とは
 打球の勢いが強すぎたばかりに正しく捕球できなかった(捕り損なった)プレーを強襲と呼びます。。ポイントは「野手の手が届く範囲」と「打球の強さ(速さ)」です。こういった条件の打球を野手が捕り損ねても捕球エラーは記録されません。この例のプレーだと、「セカンド強襲の内野安打」となります。その打球に対するプレーが「強襲ヒット」か「エラー」かの判断は記録者が行います。この判断は打点や自責点へ影響しますので、重要だと言えます。
 また「強襲ヒット」という用語自体の必要性は低いので、強襲という記号(用語)を使わずに「内野安打」に統一しても支障はありません。

 書き方は右下枠に内野安打を表す「」と「半円」、その中にセカンドの「」と強襲を表す「_(アンダーライン)」を書きます。


サード強襲内野安打

レフト前ヒット

強襲内野安打(打球は外野へ)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「サードの正面へ強烈なゴロが飛び、サードは打球をはじく。打球はそのまま外野へ転がり、レフトが拾った」

 このプレーでは2つの書き方(考え方)が存在します。1つは「サードへの強襲内野安打」(左図a.)。打球が強烈であった為にサードが捕球出来ず、ヒットになったという考えです。
 もう1つは「レフト前ヒット」(左図b.)です。サードが打球を処理しようとしたことは考慮せず、レフト前への打球だという考えです。
 つまり、最初に打球を処理しようとしたサードを主体に考えるか、実際に打球を処理したレフトを主体に考えるかの違いであって、どちらの書き方が正しい・間違いということではありません。どちらの書き方を採用するかは記入者の自由です。
 しかし、(左図b.)の書き方をすべき場合もあります。例えば、この例の打撃によって2塁ランナーが一気に生還した時は「サード強襲内野安打」とするよりは「レフト前ヒット」とした方がシックリくるでしょう。また、打球を処理したレフトが2塁を狙った打者走者を2塁で刺した場合は、サード強襲内野安打と記入してしまうと後々の記入がスムーズに進みません。このように場面によっては書き方を考慮する必要が生まれるときもあります。


サードへのバントヒット

バントヒット

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「サードへのバントヒット(サードは送球せず)」

 サードへの内野安打を表す「」「半円」「」に「BH」が付いています。これがバントヒットを表す記号で、英語の「Bunt Hit」の頭文字を採っています。常識範囲内のプレーでは、バントヒットは必ず内野安打ですから「BH」は「内野安打記号」と必ずセットで記入します。
 バントヒットの場合もヒッティングでの内野安打と同じように打球(バント)を捕った野手が行った送球を書く書かないの判断をしなければなりません。

(参考:送球したが間に合わなかった内野安打送球したが間に合わなかった内野安打(送球の意味無し)


ピッチャーへのバントヒット

バントヒット(例外編)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「3塁線へバントを転がし、投手が捕るも送球できず」

 投手がバントを処理する場合、打球の方向は投手の正面もあれば1塁線側も3塁線側もありえます。バント打球の方向の違いには大きな意味合いがあったりしますので、それらを表現するのに外野へのヒットと同じように「・」を用いています。
 細かい記入にこだわらないのであれば、省略しても何ら問題ありません。(当サイト内でも「参考資料編」では省いています)
 書き方は「」「半円」「」「BH」に打球の方向を表す「」を書きます。
(参考:シングルヒット[単打](1)


ショートへのテキサスヒット

テキサスヒット(ポテンヒット)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「ショート後方へフラフラっとフライが上がり、ショートとレフトが共に打球を追うが間に合わずに打球は落下。ショートがボールを拾う」

 テキサスヒットとは「ポテンヒット」のことで、同じプレーに対して異なる呼称があるだけです。テキサスヒットは、プレーではなく現象を表している用語ですのでハッキリした定義が求められていません。
 テキサスヒットの定義は、当サイトの見解では「内野手と外野手が共にフライ打球を追うが、ノーバウンドでは捕球出来ず、落下したボールを内野手が拾った場合」です。落下した打球を外野手が拾った場合は「外野前ヒット」、打球を追ったのが内野手同士や外野手同士の場合は、それぞれ普通の「内野安打」や「外野前ヒット」にしています。
 書き方は、右下枠に内野安打を表す「」「半円」を書き、その中に打球を処理したショートの「」とテキサスヒットを表す「」を書きます。
(参考:ポテンヒットのような当たり


このページの書き方のおさらい

 



 



 



 


ページ最上部へ▲

スコアブックを記入するにおいて基礎となる記号を紹介。記入の対象が打者(または打者走者)のスコアカードのみという簡単な記入を集めた初歩的なコーナー。