三振と四死球

四死球、故意四球敬遠、三振、振り逃げ、スリーバント失敗。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■三振と四死球

☆ポイント

 四死球や三振は球審が判定します。球審が打者の体に投球が触れたと判断すれば死球ですし、ボール4を宣告すれば四球です。
 もし、打者やスコアラーの目から見て「今の投球は明らかに打者の体に当たっていない」ことがあっても球審が死球を宣告すれば死球ですし、球審がボールカウントを勘違いしてボール3なのに四球を宣告すれば四球です(このような場合は、四球に足りない1球分を水増し記入せず、実際にあった投球分のボールカウントのみ記入します)。
 ちなみに連盟や主催者が任命した「公式記録員」は、球審のボールカウントやアウトカウントの数え間違いに気付けば、球審に助言しなければならない義務がありますが、一般のスコアラーは球審の判定をそのまま受け入れることになります。


フォアボール

四球(フォアボール)

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「5球目を選んでフォアボール」

 ボールカウントが4になりますと四球です。右下枠に四球を表す「」を書きます。
 よくある初歩的な記入間違いは、打者が一塁に出塁したので右下枠に「/」を引いて「B」を書くことです。「/」はあくまで安打による出塁の場合のみに書きます。
(参考:ヒット


草野球ではあまり見かけない敬遠

故意四球(敬遠)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「投球前から立ち上がっていた捕手が4ボール目を捕り、四球になった」

 一般的に「敬遠」と呼ばれるプレーを野球用語では「故意四球」と呼びます。どちらの言葉を使っても差し支えありませんが、「2つの言葉が同義語」だということは覚えて下さい。当サイト内では、どちらの言葉も半々で使っています。
記入ですが、右下枠に敬遠四球を表す「IB」を書きます。

※敬遠の判断基準
 故意四球(敬遠)と普通の四球を区別する判断基準は、「4ボール目の時の捕手の捕球動作」です。4ボール目の投球を始めから立って捕球をしようとしている捕手に向かって、投手が意図的に投球すれば、敬遠になります。4ボール目より前(3ボールまで)の投球内容は一切問いません。
 例えば、2ストライク3ボールまで普通に打者と勝負をしていても4ボール目を捕手が始めから立って捕球すれば、敬遠になります。逆に明らかに打者との勝負を避けた投球でも捕手が座ったままの場合は敬遠になりません。
公認野球規則10・14
(b)故意四球は、投球する前から立ち上がっている捕手に四球目にあたるボールを、投手が意識して投げた場合に、記録される。


痛っ!デッドボール

死球(デッドボール)

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「4球目が打者の体に当たり、デッドボールが宣告された」

 投球が打者の体や着衣(ユニフォームやヘルメット、スパイクなど)に直接当たれば、死球になります。打者が投球を避けようとした結果、投球がバットに当たっても死球にはなりません。
 記入ですが、右下枠に死球を表す「DB」を書きます。死球はボールカウントがつきませんので、ボールカウント欄には何も書きません。

※補足事項
以下のことは審判が判断しますが、参考程度に覚えておいた方が良いです。

  1. 投球が打者の体に当たってもバットを振っていれば空振りストライクになります。
  2. ストライクゾーンを通過した投球が打者の体に当たった場合は見逃しストライクになります。
  3. アマチュア野球では「打者が投球を避けようとする行為が見られなかった場合には死球にならない」ことが多いです(公認野球規約に基づいた判定)。このような場合、デッドボールだった投球はボールとしてカウントされます。(プロ野球では投球のスピードが速く、打者が故意に避けないハズが無いという概念の基にこのルールが適用されていません)

三振

三振

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「5球目を三振」

 空振り三振、見逃し三振のどちらの場合も右下枠に「」を書きます。
 後日、記入したスコアブックを閲覧した時に「このKが表すのは、空振り三振?見逃し三振?」を判断するにはボールカウント欄の最後(右端)に記入したボールカウント記号を見ます。最後の記号が「見逃しストライク」ならが「K」が表すのは見逃し三振であり、「空振りストライク」なら空振り三振なのです。左図は最後の記号が「×(見逃しストライク)」ですから、見逃し三振を表しています。
 そして、中心には「このアウトが何アウト目か?」を表す「アウトカウント」を書きます。左図は「2アウト目」という意味です。

アウトカウントはローマ数字にて表記します
 算用数字(アラビア数字。1234など)で書きますと、他の枠内に書いた野手を表す数字とゴチャ混ぜになりますので、見た目で区別するためにローマ数字を用います。ローマ数字は機種依存文字です(環境によってはその文字が正しく表示されません)。そこで、当サイトでは文章中にはローマ数字を使用せずに他の言葉や表現に置き換えています。図の中は機種依存文字の影響が無いので使用しています。


暴投による振り逃げ成功

捕逸による振り逃げ成功

振り逃げ成功

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「打者は三振をしたが、捕手が投球を捕球できなかったのを見て1塁へ走り出し、振り逃げを成功させた」

 振り逃げについての説明です。「振り逃げ」という名称ながら、打者が見逃し三振した(バットを振らなかった)場合でも試みることは可能です。振り逃げが可能なシチュエーションは、

  • 「無死か1死で、走者が1塁にいない場合(2,3塁の走者は不問)」または「2死(走者問わず)」
  • 3ストライク目の投球が、捕手が捕球するまでに地面に触れた場合(ワンバウンドしたフォークボール等を捕手が上手く捕球してもこれに該当します)

という条件を2つ共クリアした場合に振り逃げを試みることが可能です。(しかし、選手や審判のルール把握不足によって、振り逃げが出来ないアウトカウントや走者状態なのに振り逃げを試みたり、振り逃げが認められる場合も多くあります・・・)
 また、振り逃げの成功・失敗を問わず、打者には三振、投手には奪三振が記録されます。

 さて、3ストライク目の投球を捕手が捕球できなかった原因が、

  • 投手にある場合(暴投・ワイルドピッチ)は「KW」(左図a.)
  • 捕手にある(捕逸・パスボール)は「KP」(左図b.)

を右下枠に書きます。つまり、三振を表す記号である「K」に暴投を表す記号の「W」か、捕逸を表す記号の「P」を組み合わせた記号です。
(参考:暴投(ワイルドピッチ)捕逸(パスボール)



振り逃げ成功(番外編)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者

 頻度は低いですが、次に挙げる3パターンの振り逃げ成功もあります。頭の片隅にでも置いて下さい。


キャッチャー悪送球による振り逃げ成功
<例>
「振り逃げを試みた打者走者を刺そうとして捕手が1塁へ送球したものの悪送球に」

 (左図c.)このような「悪送球(エラー)が原因による振り逃げ成功」があります。この場合の記入は、三振の記号である「」にエラーの内容を合わせたものになります。記録としては三振+エラーです。また、捕手の1塁への送球が打者走者に当たってしまい、悪送球になってしまった場合も同様に書きます。
(参考:送球エラー


ファースト捕球エラーによる振り逃げ成功
<例>
「振り逃げを試みた打者走者を刺そうとして捕手が1塁へ送球したものの、ファーストが送球を捕球エラーし、セーフに」

 (左図d.)今度は捕球側のエラーによる振り逃げ成功です。これも記録としては三振+エラーです。
(参考:送球を捕球ミス


守備側のミスによる振り逃げ成功
<例>
「3ストライク目の投球を地面に触れてから捕手がキャッチ。振り逃げを試みた打者走者を刺そうとして、捕手が打者走者を追いかけてタッチしようとしたが、追いつかずに1塁セーフに」

 (左図e.)この例のポイントは「暴投も捕逸もエラーも無かったのに振り逃げ成功となった」です。プロ野球ではあり得ないプレーですが、草野球では守備側が振り逃げというものを把握できていない場合によく発生します(捕手が打者のことを3ストライクでアウトになったと思い込んだ場合など)。
 こういった場合、振り逃げの原因は投手の暴投になります。なぜならば、打者が振り逃げを出来る権利を得たのは、投球がワンバウンドになったからです。キャッチャーが捕球するまでにワンバウンドした投球は振り逃げ対象です。つまり暴投扱いになるのです。もしこの例のようなプレーで、捕手が打者走者にタッチしようとしてボールを落としたりしていれば、捕手にエラーを記録できますが、「緩慢なプレーにはエラーを記録しない」というルールがあります。


捕手の判断ミスによる振り逃げ成功
<例>
「3ストライク目の低目の投球を捕手がキャッチ。捕手自身はノーバウンドで捕球し、打者アウトが成立したと思ったが、球審は打者アウトの宣告をせず。捕手は内野のボール回しのためにサードへ送球したが、その間に打者は1塁へ走り出し、振り逃げを成功させた」

 (左図f.)この例は「捕手の判断ミス」です。当たり前ですが、球審がアウトを宣告しなければアウトは成立しません。「判断ミス」といっても先行走者を刺し損ねるような野手選択の場合にはエラーが記録されませんが、この例のような「アウトになるハズの打者や走者を生かした」場合にはエラーが記録されます。同じようなパターンで「三振で3アウトだと勘違いした捕手が打者へタッチせずにベンチへ帰る」というプレーも見られます。
 このような場合、捕手にエラーを記録します。


振り逃げ失敗

振り逃げ失敗

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死。打者は三振したが、捕手が投球を捕球できなかったので振り逃げを試みるが、捕手がファーストへ送球しアウト」

 右下枠に三振を表す「」と捕手からファーストへ送球を表す「2−3」と書きます。
 打者の振り逃げを阻止する場合、捕手が一塁へ投げるよりも捕手が打者にタッチをしてアウトにすることが多いですが、その場合の記入は「K2」です。しかし、これを書く必要性は極めて低いので(刺殺の計算上)、捕手だけで振り逃げをアウトにした場合は「」のみの記入を推奨します。そして中心枠に「アウトカウント」を記入します。
 もちろん、振り逃げ失敗の場合にも打者には三振、投手には奪三振が記録されます。

この項の「K2」や「K2−3」という表記の数字の部分は、「ゴロ」を解説しているページを参照して下さい。
(参考:ゴロ


格好悪いスリーバント失敗

三振(スリーバント失敗)

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「一死。2ストライク1ボールからバントをするも打球はファウルに。スリーバント失敗」

 スリーバント失敗は三振になりますので、右下枠に三振を表す「」とバント失敗を表す「」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 俗に言う「スリーバント失敗」とは、2ストライクの状態で行ったバントがファウルになった場合のことです。2ストライクからバント空振りによって三振になった場合はスリーバント失敗ではなく、単なる空振り三振です。ボールカウント欄にはバント空振りの記号を書き、右下枠に「K」です。


ページ最上部へ▲

スコアブックを記入するにおいて基礎となる記号を紹介。記入の対象が打者(または打者走者)のスコアカードのみという簡単な記入を集めた初歩的なコーナー。