ボールカウント

ストライクやボール、ファウルなど「ボールカウント」と呼ばれる記号。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■ボールカウント

☆ポイント

 ボールカウントとは「投球(投手が打者に対して投げた球)の判定」です。ボールカウントを大まかに分類すれば、「ストライク」か「ボール」のどちらかであり、打者がファウルゾーンへ打ち損じたものがファウルになります。ボールカウントを判定するのは球審です。ボールカウントは球審の判定どおりに記録するだけですので、記入作業は比較的簡単です。

 唯一の問題は「ハーフスイング気味のストライク」が発生した場合です。当たり前ですが、打者がバットを振ってストライクが宣告されれば「空振りストライク」、打者がバットを振らずにストライクが宣告されれば「見逃しストライク」です。しかし、よくあるパターンで「打者がバットを振ったか止めたか微妙な状態で、ボール球とは言い切れない投球に対してストライクが宣告された」というのがあります。
 このような時にマメな(正規な)球審ですと、「空振りストライク」なのか「見逃しストライク」なのかをジェスチャー(手振りや口頭)で宣告しますが、宣告してくれない審判も少なくありません。そのような場合はスコアラー自身が空振りストライクか見逃しストライクかを判断するしかありません。考え方(対処法)として

  1. その打者に空振りか見逃しのどっちだと思ったかを聞く。
  2. スイングしようとした打者がバットスイングを止めたのは投球がボールだと思ったのであろうから、それでもストライクと判定されたのはスイングが止まりきっていなかった。つまり空振りが妥当だと考える。

というのがあります。参考にして下さい。


ボール

ボール

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「ストライクゾーンを通らず、バッターが見送った投球」

 ストライクゾーンを通過した投球でもストライクゾーンを通過するより前に地面に触れた(バウンドした)投球はボールです。捕手が捕球できないような大暴投や敬遠球もボールです。打者の体に投球が当たり、死球(デッドボール)が宣告された場合は、ボールカウントに数えません(ボールでもストライクでもない)。
公認野球規則2・04
「ボール」−ストライクゾーンを通過しなかった投球、または地面に触れた投球で、いずれも打者が打たなかったものである。


見逃しストライク

ストライク(見逃し)

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「ストライクゾーンを通過し、バッターが見逃した球」

 ストライクゾーンを通過した投球であれば、捕手が受け損なった場合や打者の体に投球が当たった場合でもストライクです。
公認野球規則2・73
「ストライク」−次のような、投手の正規な投球で、審判員によって"ストライク"と宣告されたものをいう。
(b)打者が打たなかった投球のうち、ボールの一部分がストライクゾーンのどの部分でもインフライトの状態で通過したもの。
(f)バウンドしない投球がストライクゾーンで打者に触れたもの。


空振り

空振り

《記録判断 ⇒ 審判(記録者の場合も)
<例>
「バットを振ったが空振り」

 打者がバットを振って投球を空振りしたこと。バットにかすった投球を捕手がノーバウンド捕球した場合(俗にいうファウルチップ、チップ)も空振りに含まれます。
 打者の体に投球が当たったのに空振りした場合は、空振りが優先され、デッドボールになりません。
公認野球規則2・73
「ストライク」−次のような、投手の正規な投球で、審判員によって"ストライク"と宣告されたものをいう。
(a)打者が打った(バントの場合も含む)が、投球がバットに当たらなかったもの。
(e)打者が打った(バントした場合も含む)が、投球がバットには触れないで打者の身体または着衣に触れたもの。


かっこ悪いバント空振り

空振り(バント)

《記録判断 ⇒ 審判(記録者の場合も)
<例>
「バントの構えのまま、空振り」

 バントとは、スイングしない(バットを振り回さない)打撃のことです。スイングさえしなければ、両手でバットのグリップ部分を持ったまま、投球をコツンと打ってもバントになるわけですが、現実としてこの行為をバントと呼ぶかどうかは微妙です(バントか否かは審判が判断します)。
 一般的なバントの概念は、打者の片手か両手がバットのグリップ部分以外を持って行った打撃のことです。上記「空振り」と同じく、バントのファウルチップを捕手が捕球した場合は空振りになります。
 スクイズ時に投球を大きくウエスト(バットが届かないようなところへ意図的に投球する)されて、バッターがバントしようと必死に跳びあがったもののバットにボールが当たらなかった場合もバントの空振りです。
公認野球規則2・13
「バント」−バットをスイングしないで、内野をゆるく転がるように意識的にミートした打球である。


ファウル

ファウル

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「投球を打ったが、ファウル」

 打者が打ったものの、ファウルになった打球です。この打球を野手がノーバウンドで捕球すれば(ファウルフライやファウルライナーのこと)、ファウルにカウントしません。また、捕手がノーバウンドで捕球できなかったファウルチップもファウルになります。
 よく、「ファウルを○球打てば打者がアウトになる」という話がありますが嘘です。ただの都市伝説です。ファウルを何球打っても打者はアウトになりません。
公認野球規則2・32
「ファウルボール」−打者が正規に打ったボールで、次に該当するものをいう。
(a)本塁一塁間または本塁三塁間のファウル地域内に止まったもの。
(b)一塁または三塁を、バウンドしながら外野の方へ超えていく場合に、ファウル地域に触れながら通過するか、あるいはファウル地域上の空間を通過したもの。
(c)一塁または三塁を越えたファウル地域に、最初に落下したもの。
(d)ファウル地域内またはその上方空間で、審判員またはプレーヤーの身体、あるいは、地面以外のものに触れたもの。


バント失敗ファウル

ファウル(バント)

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「投球をバントしたが、ファウル」

 バントの打球がファウルになった場合です。これが2ストライクの状態の時(ボールのカウントは問わず)に発生すれば、スリーバント失敗で三振になります。
(参考:スリーバント失敗


ボールカウント具体例

ボールカウントを記入する具体例

 左図は「ボールカウント」をスコアカードへ記入した例です。赤色で記入していますが、これは説明をしやすいように色を付けただけで、実際に記入する時は黒色でボールカウントを記入します。
 ボールカウント欄の記入は、時系列で左から右へ流れていきます。この例ですと

1球目 ボール
2球目 見逃しストライク
3球目 バント失敗ファウル
4球目 ボール
5球目 ファウル
6球目 空振り

その結果、三振となります。

 左図のスコアカード内に書かれている右下枠の「」は「三振」を、中心の「I(ローマ数字の壱)」は「1アウト目」を表していますが、これらの記入については他のページにて解説しています。左図のスコアカードではボールカウント欄に6球分のボールカウントを記入しただけでスペース一杯になっていますが、実際のスコアブックにフリーハンドで書いてみると8球分は楽に書けます。

 1球1球の記入を確認したい方は、下記のフォームを利用してみて下さい。「次へ」ボタンをクリックすると記入が進み、「前へ」ボタンをクリックすると記入が戻ります。

 


ページ最上部へ▲

スコアブックを記入するにおいて基礎となる記号を紹介。記入の対象が打者(または打者走者)のスコアカードのみという簡単な記入を集めた初歩的なコーナー。