攻撃終了時の記入処理

3アウトチェンジの時点で必要になる記入

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■攻撃終了時の記入処理

☆ポイント

 打者は打撃を完了させると最終的には必ず「アウト」「得点」「残塁」のいずれか1つになります。ヒットや四死球で出塁しても走者としてアウトになるか、本塁へ生還するか、残塁になります。必ず、この3つのどれかになります!

 「得点」と「アウトカウント」の記入は他所の解説で何度もしているので割愛します。初登場なのが「残塁」です。残塁に使う記号はLの小文字の筆記体です。残塁の英語表記である「Left on base」の頭文字です。Lやl(Lの小文字)ですと、見た目がアウトカウントと紛らわしいですし、Lの小文字の筆記体は書きやすいというメリットがあります。


二者残塁で攻撃終了

二者残塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「二死一二塁。3番打者の打球はセカンドへフライ。セカンドが捕球して3アウト」

 2塁走者(1番打者)は中心に残塁を表す「Lの小文字の筆記体」を書きます。
 1塁走者(2番打者)も同じように中心に残塁を表す「Lの小文字の筆記体」を書きます。
 3番打者は右下枠にセカンドフライを表す「」「下向きのカッコ」、中心に「アウトカウント」を書きます。
 そして、3アウトチェンジですので、この回の攻撃で最後に打席に入っていた2番打者のスコアカードの右下に「//(2本の斜線)」を引きます。


二者残塁で攻撃終了(走者の入れ替わり)

二者残塁(走者の入れ替わり)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「二死一三塁。3番打者の打球はショートへゴロ。打球を処理したショートが2塁(セカンド)へ送球し、1塁走者アウト。3アウト」

 3塁走者(1番打者)は中心に「残塁記号」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は右上枠にアウトになった要因であるショートからセカンドへの送球を表す「6−4」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。
 3番打者は右下枠にショートゴロを表す「」「上向きのカッコ」と送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。3番打者は出塁していませんが、凡打を打った自身の代わりに1塁走者がアウトになった(走者の入れ替わりになった)と考えます。逆に言えば、1塁走者の代わりに打者走者が残塁ということになります。中心には「残塁記号」を書き、スコアカードの右下に「//(2本の斜線)」を書きます。


打者走者が残塁

打者走者が残塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「二死二塁。2番打者の打球はセンター前へ。2塁走者は一気に本塁を狙うが、打球を処理したセンターからキャッチャーへ送球されタッチアウト。3アウト」

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センター前ヒット)によって3塁へ進めましたので左上枠に2番打者を表す「丸2」を書き、左下枠にはアウトになった要因であるセンターからキャッチャーへの送球を表す「8−2」を書きます。これらは一連のプレーですので左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。そして中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書き、中心には「残塁記号」、スコアカードの右下に「//(2本の斜線)」を書きます。


併殺で攻撃終了

併殺で攻撃終了

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「一死一塁。2番打者の打球はセカンドへゴロ。打球を処理したセカンドが2塁(ショート)へ送球し1塁走者アウト。ショートが1塁(ファースト)へ送球し打者走者アウト。ダブルプレーで3アウト」

 1塁走者(1番打者)は右上枠にアウトになった要因であるセカンドからショートへの送球を表す「4−6」、中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にセカンドゴロを表す「」「上向きのカッコ」と送球の「−(ハイフン)」を書きます。そしてアウトになった要因であるショートからファーストへの送球を表す「6−3」、中心に「アウトカウント」、スコアカードの右下に「//(2本の斜線)」を書きます。
 そして、これは併殺プレーですのでアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。
(参考:併殺プレー


牽制死で攻撃終了

牽制死で攻撃終了

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「二死一二塁。3番打者の2球目後にキャッチャーが2塁(ショート)へ牽制球を投げ、2塁走者がタッチアウト。3アウト」

 2塁走者(1番打者)は左上枠の右寄りに牽制死を表す「」とキャッチャーからショートへの送球を表す「(2−6)」、「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は中心に「残塁記号」を書きます。
 3番打者はカウント欄に「’(タイミング記号)」を書きます。打撃を完了していませんので残塁記号を書いてはダメです。そして、スコアカードの右下に「//(2本の斜線)」を書きます。
(参考:キャッチャーによる牽制アウト

※重要
この3番打者のように中心に「アウトカウント・得点・残塁」のいずれもが書かれないパターンは、その打者の打撃機会中に攻撃が終了してしまった(走者がアウトになった)場合のみです。


盗塁刺で攻撃終了

盗塁刺で攻撃終了

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「二死一塁。2番打者の2球目に1塁走者が盗塁を試みるもキャッチャーが2塁(ショート)へ送球し、タッチアウト。3アウト」

 1塁走者(1番打者)は右上枠に盗塁刺を表す「CS」とキャッチャーからショートへの送球を表す「(2−6)」、「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はカウント欄に「’(タイミング記号)」を書きます。そして、スコアカードの右下に「//(2本の斜線)」を書きます。
(参考:盗塁刺

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー