走塁死と挟殺(挟撃)

様々なプレーから発生する走塁死と挟殺プレーの考え方、書き方。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■走塁死と挟殺(挟撃)

☆ポイント

 走塁死とは、走者が進塁義務の無い場面で走塁してアウトになることです。わかりやすく言えば、「走らなくてもよい場面で(欲張って)走ってアウトになった」という褒められないプレーのことです。同じような定義のアウトで「盗塁刺」「牽制死」がありますが、これらは走塁死に含みません。

 挟殺とは、文字通り「(塁間で)走者を挟んで、殺そうとする」ことです。物騒な文字表記です(笑)。走塁死の一種です。「挟撃」と表現することも多く、公認野球規則では挟撃が用いられています。また、「ランダウン」と呼ぶことも多いです。
 挟殺が発生しても挟殺をスコアブックに書く場合と書かない場合があります。スコアブックに記入する対象なのは「挟殺プレーによって走者がアウトになった場合」と「挟殺プレー中に守備にエラーが発生して走者が進塁した場合」です。塁間に挟まれながら元の塁に戻れた場合は書きません。また、挟まれながらも野手のエラーに助けられずに進塁した場合は、そのシチュエーションによって書き方が変わります。

 走塁死・挟殺プレー共にプレー名というよりは現象の名前ですので、スコアラーの判断が重要になってきます。基本的なパターンは、走塁死や挟殺プレーは他の何らかのプレーと継続線で結ぶ書式になります。


ヒット+走塁死

シングルヒットから走塁死

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はライト前へ。ライトが打球処理時にボールをこぼしたのを見た打者走者は2塁を狙うが、ライトから2塁(ショート)へ好返球が届き、タッチアウト」

 1塁に出塁出来たのは、エラーに助けられず自らの打撃によりますのでヒットです。そして、2塁を奪おうとしてアウトになった分が走塁死です。つまり「ヒット(単打)+走塁死」です。
 右下枠にライト前ヒットを表す「」「」「」、右上枠にはアウトになった要因であるライトからショートへの送球を表す「9−6」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。
 このように走塁死の記入は「走塁死の記号はコレ」という物があるのではなく、走塁死に至る過程を書くことによって表します。


オーバーラン

オーバーラン

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はサードへのゴロ。打球を処理したサードは1塁(ファースト)へワンバウンド送球をしてしまい、ファーストは正しく捕球を出来ず。打者走者は1塁セーフに。1塁ベースを走り抜けた打者走者は、ファーストが送球を大きく逸らしたと思い、2塁へ向かおうとフェアゾーンに入ったところ、ファーストが既にボールを拾い終えてるのを確認したので慌てて1塁ベースへ戻ろうとしたがファーストにタッチされアウトになった」

 ちょっと例文がクドイ表現になりましたが、よくあるプレーです。打者走者はアウトになりましたが、出塁したことに間違いないのでサードにエラーが記録されます。
 右下枠にサードゴロもサードがファーストへ悪送球を表す「上向きカッコ」「5E−3」を書きます。右上枠の(帰塁時のアウトなので)下寄りにファーストにタッチされるを表す「−3」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。


ツーベース+走塁死

ツーベースから走塁死

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はライト線を抜ける。打者走者は一気に3塁を狙うが、打球を処理したライトからセカンドを経由してサードへ送球され、3塁でタッチアウト」

 3塁でアウトにはなりましたが2塁まで進んだのは、エラーに助けられず自らの打撃によりますのでツーベースです。そして、3塁を奪おうとしてアウトになった分が走塁死です。つまり「ツーベース+走塁死」です。
 ツーベースを表す「」を右下枠と右上枠に書き、右下枠にライト線を抜けるを表す「」「」を書きます。左上枠にはアウトになった要因であるライトからセカンド、サードへの送球を表す「94−5」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。


ヒットと走者の走塁死

ランナーが欲張って走塁死

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はライト前へ。1塁走者は2塁を回って3塁を狙うが、ライトからサードへ送球されタッチアウトに。打者走者は1塁ストップ」

 2番打者はエラーに助けられず自らの打撃によって出塁し、進塁義務のある1塁走者を2塁へ進めましたのでヒットです。1塁走者は2塁から3塁を目指してアウトになりました。この分が走塁死になります。
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライト前ヒット)によって2塁へ進めましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。左上枠にはアウトになった要因であるライトからサードへの送球を表す「9−5」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者の右下枠にはライト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。


四球+走塁死

四球から走塁死

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「カウント1−3。5球目が大暴投になり四球。1番打者は暴投球を拾いに行っているキャッチャーの動きが緩慢だと思い、1塁を回って2塁を狙うが、キャッチャーが2塁(セカンド)へ好送球し、タッチアウト」

 出塁した分は四球で、2塁へ向かってアウトになった分が走塁死です。また、ピッチャーは暴投を投げましたが、それが原因で打者が出塁したり走者が進塁していませんので、記録上でいう暴投にはなりません(打者の出塁の要因は、あくまでボール4による四球)。
 右下枠には四球を表す「」、右上枠にはアウトの要因であるキャッチャーがセカンドへ送球を表す「2−4」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右上枠と右下枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。


盗塁+走塁死

盗塁から走塁死

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目に1塁走者が盗塁を試み、キャッチャーが2塁(ショート)へ送球するが悪送球に。それを見た走者は3塁をも狙うが、悪送球を処理したセンターがサードへ送球し、タッチアウト」

 1塁走者(1番打者)は2塁へは到達しましたので盗塁成功です。3塁を目指してアウトになった分は走塁死です。「盗塁+走塁死」という形になります。
 1塁走者(1番打者)の右上枠には盗塁を表す「」と「’(タイミング記号)」を書きます。左上枠にはアウトになった要因であるセンターからサードへ送球を表す「8−5」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。キャッチャーは悪送球をしましたが、それによって走者が進塁していませんので、エラーは記録されません。
 2番打者はカウント欄に「’(タイミング記号)」を書くだけです。

※注意
 1番打者の左上枠に書くのは「8−5」であって「268−5」などではありません。キャッチャーからショートへの送球ミスによって走者が進塁を試みましたので、キャッチャーとショートには補殺が記録されません(走者をアウトにすることに貢献していない)。


ヒット+走塁死(挟殺)

シングルヒットから挟殺

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はライト線へ。打者走者は2塁を狙おうとして1塁ベースを回ったが、ライトから2塁(ショート)へ好返球が届き、一二塁間で挟まれる。ショートからファースト、セカンドとボールが渡りタッチアウト」

 1塁に出塁出来たのは、エラーに助けられず自らの打撃によりますのでヒットです。一二塁間で挟まれてアウトになった分が走塁死です。
 右下枠にライト線ヒットを表す「」「」「」、右上枠にはアウトになった要因であるライトからショート、ファースト、セカンドへの送球を表す「963−4」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。


ヒットと走者の走塁死(挟殺)

ランナーが欲張って挟殺

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球はセンター前へ。2塁走者は3塁を回って本塁を狙うが、センターからキャッチャーに好返球が届き、三本間に挟まれる。キャッチャーからサード、ピッチャー、ショート、キャッチャーと送球が渡りタッチアウトに。打者走者はその間に2塁へ進んだ」

 1番打者はエラーに助けられず自らの打撃によって出塁しましたので、ヒットです。
 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センター前ヒット)によって3塁へ進めましたので左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。左下枠にはアウトになった要因であるセンターからキャッチャー、サード、ピッチャー、ショート、キャッチャーへの送球を表す「82516−2」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者の右下枠にはセンター前ヒットを表す「」「」「」を書きます。2塁へは1番打者が三本間で挟まれている間に進みましたので、そのプレーが書いてある1番打者(の左下枠)を表す「丸1」を書きます。この2つのプレーは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。


牽制で飛び出した走者が挟殺で牽制死

牽制で飛び出した走者が挟殺で盗塁刺

牽制から挟殺プレー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目後にキャッチャーが1塁(ファースト)へ牽制球を投げると、反応が遅れた1塁走者は帰塁が出来ず、一二塁間に挟まれる。ファーストがセカンドへ送球し、1塁走者タッチアウト」

 牽制からの挟撃プレーにて走者が右往左往した場合、「走者がアウトになった時」にどちらの塁へ向かっていたか?によって、記録や記入が異なります。
 元の塁へ戻ろうとしていたなら、(左図a.)です。1塁走者(1番打者)の右上枠の下寄りに牽制死を表す「」とキャッチャーからファースト、セカンドへ送球をカッコ付きで「(23−4)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に「’(タイミング記号)」を書きます。

 次の塁へ進もうとしていたなら、(左図b.)です。挟撃されていましたがアウトになった時に「次塁へ進もうとしていた=盗塁刺」となります。1塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁刺を表す「CS」とキャッチャーからファースト、セカンドへ送球をカッコ付きで「(23−4)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。これは帰塁時のアウトではありませんから、寄せずに真ん中に書けばOKです。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に「’(タイミング記号)」を書きます。
公認野球規則10・07(h)
次に該当する走者が、アウトになるか、失策によってアウトを免れたと記録員が判断した場合にはその走者に盗塁刺を記録する。すなわち、(1)盗塁を企てた走者(2)塁を追い出されたために次塁へ進もうとした走者(元の塁に戻ろうとした後に次塁へ進もうとした走者も含む)(3)盗塁を企ててオーバースライドした走者がそれである。
【注二】塁を追い出された走者が、元の塁に戻ろうとしてアウトになるか、失策によってアウトを免れた場合には、その走者に盗塁刺を記録しない。

(参考:盗塁刺


挟殺プレーを書かない事例
挟殺プレーを書かない事例

書く必要が無い挟殺プレー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目に1塁走者が盗塁し、キャッチャーが2塁(ショート)へ送球するが悪送球に。それを見た走者は3塁を狙うが、悪送球を処理したセンターが素早く3塁(サード)へ送球し、二三塁間に挟まれる。サードからセカンド、ショート、ファースト、サードと送球が渡るが、走者は無事に2塁へ帰塁した」
<例>
「無死二塁。2番打者の打球はセンター前へ。2塁走者は一気に本塁を狙うが、センターからキャッチャーに好返球が届き、三本間に挟まれる。キャッチャーからサードへ送球が渡るが、本塁がガラ空きになっており、走者は生還出来た」

 1つ目の例は「挟殺プレーになったものの、守備側のエラーに助けられずに帰塁出来た場合」で、2つ目の例は「挟殺プレーになったものの、守備側のエラーに助けられず進塁出来た場合」です。守備側から見れば、どちらのプレーも「走者をアウトに出来ず、自分たちにエラーも無かった」という無駄働きです。つまり、意味の無いプレーですのでスコアブックに書く必要がありません。

 1つ目の例が(左図a.)です。1塁走者は2塁を回って二三塁間で挟まれましたが無事に2塁へ戻れました。つまり、2塁を回って以降のプレーに意味が無いので「2塁を回っていない」場合と同じ書き方になります。
 2つ目の例が(左図b.)です。2塁走者は3塁を回って三本間で挟まれましたが結局は本塁へ還れました。つまり、三本間での挟殺プレーに意味が無いので「挟殺プレーが発生しなかった」場合と同じ書き方になります。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー