草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■野手選択

☆ポイント

 野手選択とフィールダースチョイスは同義語です。野手選択を略して「野選」と呼ぶほうが一般的です。
 『Fielder's choice』をカタカナで表記すると、どのように書くのか……

  • フィルダースチョイス
  • フィルダーズチョイス
  • フィールダースチョイス
  • フィールダーズチョイス

4パターンがありえます。ちなみに上から順にGoogleで検索したヒット数の多い並びです(ちなみに私は上から2つ目派です)。公認野球規則では3つ目の「フィールダースチョイス」と書かれていますが、検索結果の限りでは周知されていないようです(笑)以前は何も気にせずに当サイト内では「フィルダーズチョイス」と書いてきたのですが、当サイトもネット界の重鎮になってきましたので、無用な争いを避けるためにも無難にカタカナ表記は使わずに日本語の野手選択・野選だけを使っていきます(笑)

 さて、野選には広義と狭義があるのですが広義については割愛します。スコアブックをつけるにおいて必要なのは狭義の「ゴロを処理した野手が、1塁へ送球していれば打者走者をアウトに出来たハズなのに先行走者をアウトにしようとした結果、1つもアウトを取れなかった場合」です。
 実際のプレーでは「野選と内野安打」の区別をするのが難しい場面があります。紛らわしい場合が多いですが、これを正しく判断出来る出来ないがスコアブックをつける巧拙の目安と言えます。
 また、野選はエラーではありません。エラーとは別に「野手選択」という項目にて集計します。


セカンドの野選
セカンドへの内野安打

内野ゴロで野選

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はセカンドへゴロ。打球を処理したセカンドが2塁(ショート)へ送球するも1塁走者の方が早くセーフに。ショートが1塁(ファースト)へ送球したが、打者走者もセーフだった」

 ゴロを捕球したセカンドが「2塁へは送球せずに最初から1塁へ送球していれば、打者走者はアウトだったかセーフだったか?」によって記録と書き方が異なります。

アウトだったと思う場合(左図a.)
 アウトを1つは取れていたハズなのにセカンドの判断ミスでアウトを1つも取れませんでしたから、記録は野選になります。
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(セカンド野選)によって2塁へ進めましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。2番打者を刺そうとしたセカンドからショートへの送球は書く必要がありません。
 2番打者は右下枠に野選を表す「FC」を書き、野選の内容であるセカンドがショートへ送球を表す「4−6」を書きます。先行走者(1塁走者)を刺そうとしたセカンドがショートへ送球したことが野選の原因であり、(打者走者を刺そうとした)ショートからファーストへの送球は野選の対象ではありません。つまり、「FC4−6」と書き、「FC46−3」とは書きません。また、どこにも「6−3」を書く必要もありません

セーフだったと思う場合(左図b.)
 1塁に送球していてもセーフだったと思うのであれば、記録は内野安打になります。
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(セカンド内野安打)によって2塁へ進めましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に内野安打を表す「」と「半円」、その中にセカンドからショートへの送球を表す「4−6」を書きます。


ピッチャーへの犠打+野選
ピッチャーへのバントヒット

送りバントで野選

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、打球はピッチャーへゴロ。打球を処理したピッチャーが2塁(ショート)へ送球するも1塁走者の方が早くセーフに。打者走者も1塁出塁」

 バントを処理したピッチャーが「2塁へは送球せずに最初から1塁へ送球していれば、打者走者はアウトだったかセーフだったか?」によって記録と書き方が異なります。

アウトだったと思う場合(左図a.)
 アウトを1つは取れていたハズなのにピッチャーの判断ミスでアウトを1つも取れませんでしたから、記録は野選になります。そして、打者はバントによって1塁走者を進塁させることが出来ましたから、犠打も記録されます。つまり、記録は「犠打+野選」です。
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(送りバント)によって2塁へ進めましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に野選を表す「FC」を書き、それにピッチャーへの犠打を表す「」「」「上向きのカッコ」とショートへの送球を表す「−6」を書きます。

セーフだったと思う場合(左図b.)
 1塁に送球していてもセーフだったと思うのであれば、記録は内野安打(バントヒット)になります。
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(内野安打)によって2塁へ進めましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に内野安打を表す「」と「半円」、その中にピッチャーからショートへの送球を表す「1−6」を書き、バントヒットを表す「BH」を加えます。


スクイズ野選

スクイズで野選

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者は初球をスクイズし、ピッチャーへゴロ。打球を処理したピッチャーが本塁(キャッチャー)へ送球するも3塁走者の方が早くセーフに。打者走者も1塁出塁」

 よく見られるプレーです。スクイズを処理したピッチャーが1塁へ送球すれば打者走者がアウトになるところを失点を防ごうとして本塁へ送球し、それが原因でアウトを1つも取れませんから野選になります。そして、打者はバント(スクイズ)によって3塁走者を生還させることが出来ましたから、犠打も記録されます。つまり、記録は「犠打+野選」です。

 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(スクイズ)によって本塁へ生還出来ましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、中心には得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠に野選を表す「FC」を書き、それにピッチャーへの犠打を表す「」「」「上向きのカッコ」とキャッチャーへの送球を表す「−2」を書きます。


盗塁にならず、記録は野選

盗塁のハズが野選に

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の4球目に1塁走者が盗塁を試みたが、キャッチャーは盗塁に気付いているのに2塁へ投げようともしなかった。盗塁成功」

 普通の盗塁成功のようですが、平成二十年の野球規約改正で日本でも守備側に盗塁を阻止しようという動作が見られなかった場合には「守備側の無関心」として盗塁にはならず、野選になるようになりました。米国では以前から適用されていたルールです。「守備側の無関心」が何を指すかと言えば、点差が大量に開き「盗塁を刺す・成功させるという行為に勝敗への影響が無い」という状態で走者が盗塁を行ったものの、

  • ピッチャーが牽制(の素振り)をしなかった
  • 盗塁先のベースカバーに誰もいない
  • キャッチャーが送球しなかった

などといった「盗塁を阻止する気が無いような行動」を守備側が取った場合です。まあ、定義が曖昧なルールなのは確かですし、一応現状ではプロ野球のみに適用する方向なので、この項の内容は無視しても構いません。

 1塁走者(1番打者)の右上枠には野選を表す「FC」と「’(タイミング記号)」を書きます。この野選には「誰の野選か?」という明確さがありませんので野手記号は書きません。
 2番打者のカウント欄には野選が発生した4球目後に「’(タイミング記号)」を書きます。


野選にならない特殊ケース

野選にならない特殊なケース

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「9回裏、無死三塁。得点は1対1。2番打者の打球はファースト正面へのゴロ。打球を処理したファーストは本塁へ走っている3塁走者を指すためにキャッチャーへ送球したが間に合わずセーフ。サヨナラゲーム」

 ゴロを捕球したファーストが1塁ベースを踏むか1塁走者にタッチすれば打者走者はアウトになるところを3塁走者を刺すために本塁へ送球し、その結果オールセーフになってしまいました。……と野選が成立する条件は揃っているのですが、野選になりません。なぜならば、得点が1点でも入ればサヨナラゲームの場面ですから、ファーストは3塁走者を無視して打者走者をアウトにするという選択が出来ません。つまり、ファーストには本塁へ送球するしか手段が無く、その結果、打者は出塁を果たすので記録は内野安打になります。例文では打撃を「ファーストへのゴロ」としましたが、スクイズが行われた場合も同じように考え、野選にせず内野安打にします。(サヨナラの場面だけに適用される特殊な事例です)

 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃によって本塁へ生還しましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、中心に得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠に内野安打を表す「」「半円」、その中にファーストからキャッチャーへの送球を表す「3−2」を書きます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー