併殺プレー

内野ゴロ併殺、三振ゲッツー、ライナーゲッツー、トリプルプレー

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■併殺プレー

☆ポイント

 併殺とダブルプレーは同義語です。ゲッツーと呼ぶことも多いです。一連のプレーで2つのアウトが成立するプレーのことを指していますが、「併殺」という呼称は守備側の記録であり、攻撃側の記録は「併殺打」です。ここでは細かい説明を省きますが、併殺と併殺打はイコールではなく、スコアブックをつける時の「併殺プレー」という記録は、(守備側の)併殺のことを指しています。
 一連のプレーで2つのアウトが成立すれば併殺なので、打者が打撃を行わなくても併殺が発生する場合があります。例えば、1人の走者が牽制で誘い出されて挟殺プレーの末にアウトになり、その間に進塁を試みた別の走者も進塁に失敗してアウトになれば、併殺になります。
 ところが、一連のプレーでもアウトとアウトの間に「守備側のミスプレー」を挟んでしまうと併殺にはなりません。このミスプレーとはエラーが記録される・されないは関係ありません。言い方を変えれば、1つ目のアウトの刺殺者が2つ目のアウトの補殺者になる場合に併殺が記録されます。
 また、三重殺とトリプルプレーも同義語です。こちらも併殺と同じように「三重殺」は守備側の記録であり、攻撃側の記録はダブルプレー・トリプルプレーを問わず「併殺打」です。

 野球中継などで耳にする「6−4−3のダブルプレー(ろくよんさんのだぶるぷれー)」という表現は、併殺に係わった野手の守備位置番号を表しています。6−4−3は「打球を捕ったショート(6)が2塁ベースのセカンド(4)へ送球してアウト。そこから1塁ベースのファースト(3)へ送球したことによってダブルプレー」という意味です。多いパターンとしては「6−4−3、4−6−3、5−4−3、1−6−3、3−6−3」あたりです。

 アウトカウントを書く順番は、実際にアウトが発生した順に書くだけです。無死で4−6−3のダブルプレーが発生すれば、2塁でアウトになった1塁走者が1アウト目で、1塁でアウトになった打者が2アウト目です。


4-6-3のダブルプレー

内野ゴロで併殺

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はセカンドへゴロ。打球を処理したセカンドが2塁(ショート)へ送球し1塁走者アウト。ショートが1塁(ファースト)へ送球し打者走者アウト」

 1塁走者(1番打者)は(打球を処理した)セカンドがショートへ送球したことによりアウトになりましたので、右上枠にそれを表す「4−6」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にセカンドへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。この送球記号以降のプレーは1番打者に係る内容(2塁封殺)ですので、1番打者の右上枠にだけ書きます。2塁封殺以降のショートがファーストへ送球したというプレーによって2番打者がアウトになりましたので、このプレーは2番打者に書きます。2番打者の右下枠にそれを表す「6−3」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。つまり、2番打者の右下枠は書き込む内容が2行になります。このような書式形式になるのは併殺を書く時だけです。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。


5-5-4のダブルプレー

内野ゴロで併殺と出塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の打球はサードへゴロ。打球を処理したサードが3塁ベースを踏み2塁走者アウト。サードが2塁(セカンド)へ送球し1塁走者アウト。セカンドは1塁(ファースト)へ送球したが、打者走者はセーフだった」

 2塁走者(1番打者)は(打球を捕った)サードが3塁ベースを踏んだことによってアウトになりましたので、左上枠にはそれ表す「−5」と中心に「アウトカウント」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は(2塁走者を刺殺した)サードがセカンドへ送球したことによってアウトになりましたので、右上枠にはそれを表す「5−4」、中心に「アウトカウント」を書きます。
 3番打者は右下枠にサードへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。この送球記号以降のプレーは1番打者に係る内容(3塁封殺)ですので、1番打者の左上枠にだけ書きます。また、打者走者をアウトにしようとしてセカンドがファーストへ送球したプレーには意味が無い(アウトもエラーも発生していない)ので書きません。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。


1-5-3のダブルプレー

内野ゴロで併殺と進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の打球はピッチャーへゴロ。打球を処理したピッチャーが3塁(サード)へ送球し2塁走者アウト。サードが1塁(ファースト)へ送球し打者走者アウト。1塁走者は2塁でストップ」

 2塁走者(1番打者)は(打球を捕った)ピッチャーがサードへ送球したことによってアウトになりましたので、左上枠にはそれ表す「1−5」と中心に「アウトカウント」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は併殺打とはいえ3番打者の打撃によって進塁したことになりますので右上枠には3番打者を表す「丸3」を書きます。
 3番打者は右下枠にピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。この送球記号以降のプレーは1番打者に係る内容(3塁封殺)ですので、1番打者の左上枠にだけ書きます。3塁封殺以降のサードがファーストへ送球したというプレーによって打者走者がアウトになりましたので、3番打者の右下枠にそれを表す「5−3」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。


リバースフォースプレー

リバースフォースプレー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はファーストへゴロ。ファーストが自ら1塁ベースを踏み打者走者アウト。ファーストが2塁(ショート)へ送球し、ショートが1塁走者をタッチアウト」

 後ろの走者(打者走者)を先にアウト(封殺)にし、前の走者の進塁義務を無くした状態でタッチアウトにするという「リバースフォースプレー」です。
 1塁走者(1番打者)はファーストがショートへ送球したことによってアウトになりましたので、右上枠にそれ表す「3−6」と中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にファーストがゴロを捕り、自らベースを踏むを表す「−3」「上向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。


三振ゲッツー

三振ゲッツー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者は3球目を空振り三振。同時に1塁走者は2塁への盗塁を試みたもののキャッチャーが2塁(ショート)へ送球しタッチアウト」

 三振と盗塁失敗での併殺、俗に言う「三振ゲッツー」です。エンドラン失敗の場面などでよく見られます。
 1塁走者(1番打者)の右上枠には盗塁失敗を表す「CS」と「’(タイミング記号)」、盗塁刺の要因であるキャッチャーからショートへの送球を表す「(2−6)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に「空振り」「’(タイミング記号)」、右下枠に三振を表す「」、中心に「アウトカウント」を書きます。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。
(参考:盗塁刺


ライナーゲッツー

帰塁出来ず併殺

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球はライトライナー。ヒットになると思い込んで進塁していた2塁走者は帰塁が間に合わず、ライトからセカンドを経由して2塁(ショート)へと送球が送られアウトに」

 2塁走者(1番打者)がアウトになった要因は、打球を捕ったライトからセカンドを中継してショートへ送球されたことです。左上枠の(帰塁時のアウトなので)右寄りにそれを表す「94−6」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にライトライナーを表す「」「」、中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。
 2番打者の右下枠に送球を表す「−(ハイフン)」を書くかどうかですが、2番打者の右下枠は「ライトライナーでアウト」という1つのアウト(プレー)が完結していますので、この続きに起きた「2塁走者を封殺するためのプレー」とは一連のプレーではありますが別のプレーです。ですから、ライナーを捕球したライトは送球を行いましたが、「このプレーには続きがあり、他の箇所に書かれていますよ」というサインになる「−(ハイフン)」を書く必要はありません(書いても誤りではありませんし、問題もありません)。
(参考:帰塁時に発生したアウトの記入箇所


犠打失敗の1-6-3のダブルプレー

犠打失敗の併殺

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者は初球をバントし、打球はピッチャーへゴロ。打球を処理したピッチャーは2塁(ショート)へ送球し1塁走者アウト。ショートは1塁(ファースト)へ送球し打者走者アウト」

 1塁走者(1番打者)がアウトになった要因は、打球を捕ったピッチャーからショートへ送球されたことですので右上枠にそれを表す「1−6」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にバント失敗を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。この送球記号以降のプレーは2番打者に係る内容(2塁封殺)ですので、2番打者の右上枠にだけ書きます。しかし、2塁封殺以降のショートがファーストへ送球したというプレーによって2番打者がアウトになりましたので、このプレーは2番打者の右下枠にそれを表す「6−3」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。
(参考:送りバント失敗(走者アウト)


犠打失敗のフライゲッツー

バントがフライになり併殺

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者は初球をバントするもファーストフライ。1塁走者は打者がバントする前から走り出していたので帰塁が出来ず、ファーストが1塁ベースカバーのセカンドへ送球しアウトに」

 1塁走者(1番打者)がアウトになった要因は、フライを捕ったファーストがセカンドへ送球したことです。右上枠の(帰塁時のアウトなので)下寄りにそれを表す「3−4」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にバント失敗を表す「」、フライを表す「」「下向きのカッコ」、中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。
(参考:帰塁時に発生したアウトの記入箇所


タッチアップ失敗のダブルプレー

タッチアップ失敗で併殺

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の打球はセンターへフライ。3塁走者はタッチアップで本塁を狙ったが、センターからセカンドを経由してキャッチャーへ好送球が届き、タッチアウト」

 3塁走者(1番打者)がアウトになった要因は、フライを捕球したセンターからセカンド経由でキャッチャーに送球されたことですので左下枠にそれを表す「84−2」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンターフライを表す「」「下向きのカッコ」、中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして、併殺によってアウトになった2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。


トリプルプレー

三重殺(トリプルプレー)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の打球はサードへゴロ。打球を処理したサードが、3塁へ向かって走ってきた2塁走者にタッチしアウト。サードが2塁(セカンド)へ送球し1塁走者アウト。セカンドが1塁(ファースト)へ送球しアウト」

 2塁走者(1番打者)がアウトになった要因は、打球を捕ったサードにタッチされたからですので左下枠にそれを表す「−5」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 1塁走者(2番打者)がアウトになった要因は、(2塁走者を刺殺した)サードがセカンドへ送球したことによってアウトになりましたので、右上枠にはそれ表す「5−4」と中心に「アウトカウント」を書きます。
 3番打者は右下枠にサードゴロを表す「」「上向きのカッコ」、送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。この送球記号以降のプレーは1番打者に係る内容(3塁封殺)ですので、1番打者の左上枠にだけ書きます。2塁封殺(2番打者の右上枠)以降のセカンドがファーストへ送球したというプレーによって3番打者がアウトになりましたので、このプレーは3番打者の右下枠にそれを表す「4−3」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして、三重殺によってアウトになった3人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、トリプルプレーを表す「TP」を書きます。


併殺と判断してはダメな例

併殺ではありません

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はショートへゴロ。打球を処理したショートがセカンドへ送球し1塁走者アウト。セカンドが1塁(ファースト)へ送球すると悪送球に。それを見た打者走者は2塁へ向かって走り出すが、悪送球を処理したキャッチャーが2塁(セカンド)へ送球し、タッチアウト」

 一連のプレーで2つのアウトが発生したように見えますので「併殺かな?」と思うところですが違います。アウトとアウトの間に「守備側のミスプレー」が発生すると、アウトを複数個取っても併殺にはなりません。この例文ですと、アウトとアウトの間にセカンドの悪送球が発生しましたので併殺になりません。

 1塁走者(1番打者)は(打球を捕った)ショートがセカンドへ送球したことによってアウトになりましたので、右上枠にそれを表す「6−4」と中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にショートへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。この送球記号以降のプレーは1番打者に係る内容(2塁封殺)ですので、1番打者の右上枠にだけ書きます。2塁封殺以降のセカンドがファーストへ悪送球というプレーによって2番打者は出塁出来ましたので、このプレーは2番打者に書きます。右下枠にそれを表す「4E−3」を書きます。そして、悪送球を見た2番打者は2塁へ向かって走るとアウトになりましたが、この要因は(悪送球を処理した)キャッチャーがセカンドへ送球したからです。右上枠にはそれを表す「2−4」と中心に「アウトカウント」を書きます。これらは一連のプレーですので右上枠と右下枠を「継続線」で結びます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー