エラーによって更に進塁

捕球や送球エラーによって、打者や走者が更に進塁。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■エラーによって更に進塁

☆ポイント

 草野球のスコアブックをつけるためにはとても重要なページです。1つのプレーの中でヒットやエラーなどが併せて起こる場合の書き方です。草野球はもちろんですが、高校野球やプロ野球でもよく見かけるプレーです。このようなプレーの記入をスムーズに出来るようになれば、どのようなプレーでも問題なく記入できるようになります。
 記入のコツは「どの進塁とどのプレー(ヒットやエラー)を結び付けるか?」を実際のプレーを見ながら理屈で考えることです。理屈で考えるためには多くの情報量が必要になりますので、プレーの要所を正しく捉えて、試合を見ることが必要になります。要するに「慣れる」ことです(笑)


ヒットに加えて、送球エラーで進塁

送球エラーで打者走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「三遊間を抜けるかというゴロ打球をショートが深い位置で捕球。1塁へ送球しても間に合わないタイミングなのに無理な体勢から送球したため、1塁(ファースト)へ悪送球。それを見た打者走者は2塁へ進んだ」

 プロアマ問わず、よく見かけるプレーです。ショートが1塁へ正しく送球していても確実に打者がアウトだったと言い切れませんので、内野安打が成立します。そして打者走者が2塁へ進んだ要因は、打撃ではなくショートの悪送球(送球エラー)です。すなわち、記録は「ヒット+エラー」となります。
 右下枠にショート内野安打を表す「」「半円」「」を書きます。右上枠には2塁へ進めた要因であるショートがファーストへ悪送球を表す「6E−3」を書きます。これらは一連のプレーですので、右上枠と右下枠を「継続線」で結びます。



ヒットに加えて、送球エラーで進塁

ヒットに加えて、送球エラーで進塁

送球エラーで複数の走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はライト前へ。打球を捕ったライトは、3塁へ向かって走っている1塁走者を刺そうとサードへ送球するも悪送球に。それを見た1塁走者は本塁へ生還し、打者走者は2塁へ進んだ」

 2つのパターンが考えられます。もし、ライトがサードへ正しい送球をしていれば「1塁走者は3塁でアウトだったかどうか?」を考える必要があります。この判断は、記録者がプレーを見て独断で決めます。アウトだったと思う場合、1塁走者は2番打者の打撃によって2塁へ進み、ライトの悪送球によって3塁と本塁へ進んだことになります。セーフだった/微妙だったと思う場合、1塁走者は2番打者の打撃によって3塁まで進み、ライトの悪送球によって本塁へ還ったことになります。2番打者に関しては書き方は1つです。1塁への出塁は自らの打撃により、2塁への進塁はライトの悪送球によります。

3塁でアウトだったと思われる場合(左図a.)
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライト前ヒット)によって2塁へ進めましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。左下枠には本塁へ還れた要因であるライトがサードへ悪送球を表す「9E−5」を書き、左上枠から左下枠の「9E−5」へ向かって「1本の曲線」を引きます。これらは一連のプレーですので右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。中心には得点を表す「」も書きます。
 2番打者は右下枠にライト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。2塁へはライトの悪送球によって進みましたが、その悪送球の内容が1番打者の左下枠に書いてありますので、それを利用します。右上枠には1番打者(の左下枠)を表す「丸1」を書きます。これらは一連のプレーですので、右上枠と右下枠を「継続線」で結びます。

セーフだった,微妙なタイミングだったと思われる場合(左図b.)
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライト前ヒット)によって3塁まで進めましたので左上枠に2番打者を表す「丸2」を書き、右上枠から左上枠の「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。左下枠には本塁へ還れた要因であるライトがサードへ悪送球を表す「9E−5」を書きます。これらは一連のプレーですので左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。中心には得点を表す「」も書きます。
 2番打者は右下枠にライト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。2塁へはライトの悪送球によって進みましたが、その悪送球の内容が1番打者の左下枠に書いてありますので、それを利用します。右上枠には1番打者(の左下枠)を表す「丸1」を書きます。これらは一連のプレーですので、右上枠と右下枠を「継続線」で結びます。

※注意
 「9E−5」というプレーを2番打者ではなく、1番打者のスコアカードにだけ書くのは、「9E−5」というプレーが1番打者に対して行われたプレーだからです(ライトが1塁走者を刺そうとした悪送球)。1番打者と2番打者の両方のスコアカードに「9E−5」を書いてしまうと、エラーが2つ発生したような錯覚を起こしますので、プレーの対象者である1番打者にだけ書きます。


ヒットに加えて、捕球エラーで進塁

捕球エラーで打者走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はライト線を抜ける。打者走者が2塁へ向かって走っていると、打球処理をしようとしたライトが誤ってボールを蹴ってしまったので、楽に3塁まで進めた」

 ライトが打球を蹴ってしまうというミスを犯さなければ、打者は3塁まで進めなかったでしょう。このような場合、エラーが無くても進めたであろう塁までが安打による進塁で、それ以上の進塁はエラーによる進塁となります。例文のプレーですと、ライトのエラー(打球を蹴る)が無ければ打者は2塁止まりだったと思われますので、打者の打撃はツーベースで、3塁へ進んだ分はライトの捕球エラーが原因となります。
 右下枠と右上枠ににライト線ツーベースを表す「」「」「」を書きます。左上枠には3塁へ進めた要因であるライトの捕球エラー表す「E9」を書きます。これらは一連のプレーですので、右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。



ヒットに加えて、捕球エラーで進塁

ヒットに加えて、捕球エラーで進塁

捕球エラーで複数の走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球はセンターの正面へ転がっていく。と思ったら、センターが打球をトンネルしてしまい、2塁走者は本塁へ生還し、打者走者は2塁まで進めた」

 センターが打球をトンネルしなくても打者は自らの打撃によって1塁へ出塁していたでしょうからヒットは成立します。しかし、2塁へ進めたのは間違いなくセンターのエラーが原因なので、2塁への進塁はエラーが要因になります。2番打者の右下枠にはセンター前ヒットを表す「」「」「」を書き、右上枠にセンターの捕球エラーを表す「E8」を書きます。これらは一連のプレーですので、右上枠と右下枠を「継続線」で結びます。

 問題なのは2塁走者(1番打者)で、2つのパターンが考えられます。1つは「2番打者の打撃で3塁まで進み、本塁にはセンターのエラーで生還した」。もう1つは「2番打者の打撃で一気に本塁へ生還した(エラーの影響なし)」です。どちらも十分に有り得るプレーですので、どちらを選択するかはセンターがトンネルをした位置やトンネルが発生した瞬間に2塁走者はどの辺りを走っていたか、などを踏まえて記録者が判断します。

エラーが発生したからこそ、生還できたと判断した場合(左図a.)
 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センター前ヒット)によって3塁へ進めましたので左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。本塁へはセンターの捕球エラーで還りましたので左下枠に「E8」と書きたいところですがダメです。「E8」は2番打者の右上枠に書きますので1番打者にも書くとエラーが2回発生したかのような誤解を招きますので書きません。左下枠にはこのライトの捕球エラーが書いてある2番打者(の右上枠)を表す「丸2」を書きます。これらは一連のプレーですので、左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。得点しましたので中心に「」も書きます。

エラーが無くても生還できたと判断した場合(左図b.)
 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センター前ヒット)によって本塁へ還れましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、左上枠から左下枠の「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。得点しましたので中心に「」も書きます。

※注意
 「1番打者の左下枠にE8を書いて、2番打者の右上枠に丸1と書いてもいいのでは?」と思う方もいるでしょう。その書き方でも間違いでは無いのですが、センターの捕球エラーは打球処理時に発生したエラーですので、センター前ヒットとエラーをセットで考える方が自然です。それをわかりやすくするためには「センター前ヒット」を記入した2番打者に「センター捕球エラー」も書いた方が一目瞭然です。このように記入した方が見た目の美しさが増します(笑)


ヒットに加えて、送球エラーで進塁

送球エラーで複数の走者が進塁(上級編)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の打球はライト前へ。1,2塁走者はそれぞれ1つ進塁し、打者は1塁に出塁。ゴロ打球を処理したライトからセカンドを経由してマウンド付近のピッチャーへ返球する際にセカンドがピッチャーへ悪送球してしまい、3人の走者は更に1つずつ進塁した」

 説明するまでもなく、打者を含めた3人の走者の1つ目の進塁(出塁)は3番打者のヒットによるもので、更なる1つの進塁はセカンドの送球エラーによるものです。このページの上記までの項の解説で「(送球・捕球)エラーは、そのエラープレーの対象となっていた打者や走者のスコアカードにだけ書く」と書いてきました。ところが、この例文のプレーを見ると、ある走者を刺そうとしての送球エラーではありませんし、打球処理時に発生したエラーでもありません。このような「プレーの対象となる打者・走者が特定されていないエラー」によって複数の走者が進塁した場合には、そのエラーによって進塁した「最も先行の走者」のスコアカードにエラーを書きます。

 2塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(ライト前ヒット)によって3塁へ進めましたので左上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。本塁へはセカンドからピッチャーへの悪送球によって進めましたので左下枠に「4E−1」を書きます。これらは一連のプレーですので、左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。得点しましたので中心に「」も書きます。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(ライト前ヒット)によって2塁へ進めましたので、右上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。3塁へはセカンドの悪送球が原因で進めましたので、左上枠にはそのプレーが書いてある1番打者(の左下枠)を表す「丸1」を書きます。これらは一連のプレーですので、左上枠と右上枠を「継続線」で結びます。
 3番打者は右下枠にライト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。2塁へはセカンドの悪送球が原因で進めましたので、右上枠にそのプレーが書いてある1番打者(の左下枠)を表す「丸1」を書きます。これらは一連のプレーですので、右上枠と右下枠を「継続線」で結びます。


盗塁に加えて、送球エラーで進塁

盗塁+送球エラー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の3球目に1塁走者が2塁へ盗塁。キャッチャーは2塁(ショート)へ送球したが悪送球に。1塁走者は3塁まで進めた」

 1塁走者が2塁へ進めたのは盗塁によるもので、3塁へ進んだ要因はキャッチャーの悪送球です。「キャッチャーの送球が正しければ、2塁でアウトのタイミングだった」と思う場合でも1塁走者の2塁への進塁は盗塁によると判断しています。(詳しくは盗塁時にキャッチャーが悪送球を参照)

 1塁走者(1番打者)の右上枠には盗塁を表す「」と「’(タイミング記号)」を書きます。3塁へはキャッチャーからショートへの悪送球が原因で進めましたので左上枠には「2E−6」を書きます。これらは一連のプレーですので左上枠と右上枠を「継続線」で結びます。
 2番打者はカウント欄に「’(タイミング記号)」を書くだけです。


振り逃げに加えて、捕球エラーで進塁

振り逃げ+送球エラー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「一死走者無。4球目を空振りし三振になったが、キャッチャーが投球を後逸していたので打者は振り逃げを試みた。ボールを拾ったキャッチャーは1塁(ファースト)へ送球したものの、悪送球に。打者走者は2塁まで進めた」

 1塁へ出塁できたのは振り逃げを成功させたからであり、2塁へ進めたのはキャッチャーの悪送球が原因です。
 キャッチャーが投球を後逸したために振り逃げを試みることが出来ましたので右下枠に捕逸による振り逃げ成功を表す「KP」を書きます。2塁へ進めたのはキャッチャーからファーストへの悪送球が原因ですので右上枠には「2E−3」を書きます。これらは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。


捕球エラーに加えて送球エラーが2回

捕球エラー+送球エラー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「打球はショート正面へのゴロだが、ショートは打球処理時にボールをはじいてしまう。ショートは慌ててボールを拾い直し、すでに間に合いそうもない1塁(ファースト)へ送球するも悪送球に。それを見た打者走者は2塁へ進んだ。さらに悪送球を処理する為にバックアップに入ったライトの2塁(ショート)への送球が悪送球になり、打者走者は3塁まで進めた」

 一連のプレーにて複数のエラーが発生した場合には、「どのエラーで、どの走者がどれだけ進んだか?」を分解して考えます。1塁へ出塁できた原因はショートの捕球エラーであり、2塁へ進めた原因はショートの送球エラーです。3塁へ進めた原因はライトの送球エラーです。つまり、ショートは2つもエラーを犯したことになります。迷惑なヤツです(笑)
 右下枠にはショートゴロ捕球エラーを表す「」「」「上向きのカッコ」を書き、右上枠にはショートがファーストへ悪送球を表す「6E−3」を書きます。左上枠にはライトからショートへの悪送球を表す「9E−6」を書きます。これらは一連のプレーですので右下枠と右上枠、右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー