ゴロやフライによる進塁・出塁

ゴロによる走者の進塁やアウト、走者の入れ替わり。タッチアップによる進塁。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■ゴロやフライによる進塁・出塁

☆ポイント

 投球を打った打者が出塁を果たしてもその打撃が原因で他の走者がアウトになった場合はヒットになりません。例えば打者がショートへゴロを打ち、「1塁走者は2塁でアウト。打者は1塁に出塁」のような場合は、打撃結果は安打(内野安打)では無く「ショートゴロ」です。これを理解している人にとっては「何を当たり前のことを書いているんだ?」とバカにするでしょうが、野球未経験者の人がスコアブックをつける場合、これを勘違いしてヒットだと思っている人の割合は高いです。私の経験では、初心者ママさんスコアラーの半数近くが勘違いされていました。
 ちなみに先に挙げたような「走者が封殺になった代わりに打者が出塁」といった現象を「走者の入れ替わり」と呼んだりします。覚えなくても問題無い用語ですが、理解しておくと自責点の算出時に便利です。

 また、「ゴロによって打者がアウトになっている間に他の走者が進塁」のようなプレーを進塁打と呼んだりしますが、「進塁打」というのは現象名でして、記録では扱いません。「進塁打」の定義は公認野球規則で定められていませんので、人によって様々です。先に挙げたような内野ゴロだけを進塁打と思っている人もいれば、犠打や安打などを含める人もいます。無難なところとしては「走者を進塁させた内野ゴロ」だと思って下さい。良く寄せられる質問で「進塁打は打率や出塁率が上がるのですか?安打に含めるのですか?」というのがあります。進塁打が表すプレー(内野ゴロ?ヒット?……)によって、打率と出塁率が上がる下がるは決まります。安打に含めるかどうかも同じです。


内野ゴロの間に走者が進塁

ゴロで走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はセカンドへのゴロ。打球を処理したセカンドが1塁(ファースト)へ送球し打者走者アウト。1塁走者は2塁へ」

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(セカンドゴロ)によって2塁へ進めましたので、右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠にセカンドへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球を表す「−(ハイフン)」と捕球(刺殺)したファーストを表す「」を書きます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。


内野ゴロで走者が封殺を逃れて進塁

ゴロで走者が進塁(走者封殺未遂)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はセカンドへのゴロ。打球を処理したセカンドが2塁(ショート)へ送球するも1塁走者の方が早くセーフ。ショートが1塁(ファースト)へ送球し打者走者はアウト」

 セカンドは1塁走者を刺すために2塁(ショート)へ送球しましたが間に合いませんでした。捕球したショートがファーストへ送球すると打者走者は刺せました。結果的にセカンドがショートへ送球した行為は、打者走者を刺すためのアシストプレーになります。
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(セカンドゴロ)によって2塁へ進めましたので、右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。1塁走者を刺す目的でセカンドがショートへ送球しましたが、このプレーは1塁走者に対して影響が無いので1塁走者のスコアカード内には書きません。
 2番打者は右下枠にセカンドへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、中継の形になったショートを表す「」、送球を表す「−(ハイフン)」、捕球(刺殺)したファーストを表す「」を書きます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。


内野ゴロで走者の入れ替わり

ゴロで走者が封殺(走者の入れ替わり)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の打球はショートへのゴロ。打球を処理したショートが2塁(セカンド)へ送球し1塁走者アウト。セカンドは1塁(ファースト)へ送球したが打者走者の方が早くセーフ。2塁走者は3塁へ」

 2塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(ショートゴロ)によって3塁へ進めましたので、左上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。
 1塁走者(2番打者)がアウトになった要因は、3番打者の打撃(ショートゴロ)ではなく、ショートがセカンドへ送球したことです。右上枠にそれを表す「6−4」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 3番打者は右下枠にショートへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、送球を表す「−(ハイフン)」を書きます。この送球記号以降のプレーは1塁走者(2番打者)に係る内容(2塁封殺)ですので、2番打者の右上枠にだけ書き、3番打者には書きません。また、セカンドからファーストへの送球には意味が無い(アウトもエラーも発生していない)ので書きません。


内野ゴロで走者がタッチアウト

ゴロ打球で走者がタッチアウト

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球はショートへのゴロ。打球を処理したショートは目の前を走っていた2塁走者を追いかけてタッチアウトに。打者走者は1塁に出塁」

 2塁走者(1番打者)がアウトになった要因は、打球を処理したショートにタッチされたことですので、左上枠にそれを表す「−6」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にショートへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書きます。送球を表す「−(ハイフン)」ですが、実際にショートは送球行為をしていませんので書く必要はありません。しかし、書いた方が「ショートがゴロを捕球した続きのプレーがどこかに書いてありますよ」って、わかりやすいと言えます。どちらの書式でも問題ありませんのでお好みで。


リバースフォースダブルプレー未遂

リバースフォースダブルプレー未遂

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はファーストへのゴロ。打球を処理したファーストが1塁ベースを踏んで打者走者アウト。そして2塁(ショート)へ送球したがショートがタッチプレーだと気付いていなかったので2塁はセーフに」

 先に打者走者が1塁でアウトになりましたので、1塁走者の進塁義務は無くなります。つまり、1塁走者を2塁でアウトにするにはタッチプレーが必要になります。タッチ忘れが原因でセーフになることは草野球では珍しくありません(笑)。このような後ろの塁を先にアウト(封殺)にし、前の塁をタッチプレーにすることを「リバースフォースプレー」と呼びます(こんな用語を知らなくても全く問題ありません)。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ファーストゴロ)によって2塁へ進めましたので、右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠にファーストへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」を書き、ファースト自らベースを踏んだ(刺殺した)ので「−(ハイフン)」を左側に書きます。そして、中心に「アウトカウント」を書きます。ファーストからショートへの送球には意味が無い(アウトもエラーも発生していない)ので書きません。


フライにてタッチアップで進塁

フライで進塁(タッチアップ)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「一死二塁。2番打者の打球はライトへフライ。ライトがフライを処理したのを確認した2塁走者はタッチアップで3塁へ進んだ」

 犠牲フライと判断してはダメです。犠牲フライは「3塁走者がタッチアップによって得点した場合」のみです。1塁走者や2塁走者がタッチアップで進塁しても記録は犠牲フライになりません。そのようなタッチアッププレーは、「ゴロで進塁」と全く同じように考えて下さい。

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライトフライ)によって3塁へ進めましたので、左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠にライトフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー