長打による進塁

長打によってランナーが進塁する時の記入法。「長打」という記録が成立するための条件。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■長打による進塁

☆ポイント

 長打とは、ツーベース・スリーベース・ホームランをまとめた総称です。「打球が長打コースへ飛んだ」「長打を打ちたい場面」「長打率」といった具合に会話や現象、記録上で「長打」という言葉を使いますが、「長打」という記録はありません。あくまで総称です。

 記録の面での「長打」とは、打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって2塁や3塁、本塁へ進めた打撃です。
 ツーベースを例に考えてみると、打者が投球を打ち、守備側にエラーや野選が発生せずに2塁まで進めればツーベースです。ところが走者有りの場面ですと、ツーベースが成り立つための条件が更に増えます。

進塁義務のある走者
 2つ以上進塁出来なければ、打者の記録はツーベースになりません。例えば1塁に走者がいる場面で、打者がツーベースを打とうと思えば、1塁走者が2塁止まりでは打者走者が2塁まで進むことは不可能ですので、1塁走者は2つ以上(3塁より先へ)進む必要性があります。
 また、1塁走者が3塁(2〜3塁間)でアウトになれば、1塁走者は2塁を占有している状態でアウトになったことになります。「1つの塁」の占有権は1人にのみ認められますので、1塁走者がアウトになるより早くに打者走者が2塁に到達していても2塁の占有権は1塁走者にあります。打者走者が2塁の占有権を得るのは1塁走者がアウトになってからとなり、言い換えれば1塁走者が3塁でアウトになった間に打者走者が2塁へ進めたことになります。その結果、ツーベースではなくシングルヒットとなります。つまり、1塁走者が2つ以上(3塁より先へ)進塁出来なければ、ツーベースにならないのです。

進塁義務の無い走者
 進塁義務のある走者のように「いくつ以上進塁しなければならない」ということは無く、先に書いたような占有権さえクリアすれば問題ありません。打者の記録がツーベースになるためには「走者が2塁の占有権を持っていない=3塁以上に進塁している」ことが条件であり、スリーベースならば「走者が3塁の占有権を持っていない=本塁に生還している」が条件です。


ツーベースで2者進塁

ツーベースで走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の打球はレフト線へ。2塁走者は生還し、1塁走者は3塁へ。打者走者は2塁まで進んだ」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって2塁まで進み、進塁義務のある走者(1塁走者と2塁走者)が2つ以上進塁出来ましたので、打者の記録はツーベースです。

 2塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(レフト線ツーベース)によって本塁へ還れましたので、左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、左上枠から「丸3」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心には得点を表す「」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(レフト線ツーベース)によって3塁へ進めましたので、左上枠に3番打者を表す「丸3」を書き、右上枠から「丸3」へ向かって「1本の曲線」を引きます。
 3番打者は右下枠と右上枠にツーベースを表す「」、右下枠にレフト線を表す「」「」を書きます。


スリーベースで2者進塁

スリーベースで走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一三塁。3番打者の打球は右中間を破る。3塁走者と1塁走者が生還し、打者走者は3塁まで進んだ」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって3塁まで進み、進塁義務のある走者(1塁走者)が3つ以上進塁出来ましたので、打者の記録はスリーベースです。

 3塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(右中間抜けスリーベース)によって本塁へ還れましたので、左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、中心には得点を表す「」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(右中間抜けスリーベース)によって本塁へ還れましたので、左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、右上枠から「丸3」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心には得点を表す「」を書きます。
 3番打者は右下枠と右上枠、左上枠にスリーベースを表す「」、右下枠に右中間を破るを表す「89」「」を書きます。


ツーランホームラン

ホームランで走者が生還

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球はノーバウンドでバックスクリーンへ。2塁走者と打者が生還」

 打球がスタンドへ入ったからホームランだ、と断定しては(記録者としては)ダメです。打者を含めた全ての走者が生還して、ホームランが成り立ちます。

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センター超ホームラン)によって本塁へ還れましたので、左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、左上枠から「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心には得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠と右上枠、左上枠、左下枠にホームランを表す「」、右下枠にセンターオーバーを表す「」「」を書きます。中心には得点を表す「」を書きます。


送球の間に2塁へ

ツーベースではなく、
単打+送球の間に進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球はセンター前へ。2塁走者は一気に生還し、打者走者は1塁へ。センターが本塁へ送球した隙に打者走者は2塁へ進んだ」

 打者走者は2塁まで進みましたが、打ったことによって進んだのは1塁までです。2塁への進塁は打球を処理した野手(センター)が先行走者(2塁走者)を刺そうとする送球の間に進めたものです。つまり、打者の記録はツーベースではなくシングルヒットです。

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃によって本塁へ還れましたので、左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、左上枠から「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心には得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書き、右上枠には送球の間の進塁を表す「↑(矢印)」を書きます。センターから本塁への送球は意味が無い(アウトもエラーも発生していない)ので書く必要がありません。


先行走者がアウトの間に打者走者は2塁へ

ツーベースではなく、
単打+先行走者アウトの間に進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「一死二塁。2番打者の打球はレフト前へ。2塁走者は一気に本塁を狙ったがレフトが本塁(キャッチャー)へ送球しタッチアウト。1塁を回ったところで止まっていた打者走者はレフトが本塁へ送球した隙に2塁へ進んだ」

 打者走者は2塁まで進みましたが、打ったことによって進んだのは1塁までです。2塁への進塁は打球を処理した野手(レフト)が先行走者(2塁走者)を刺そうとする送球の間に進めたものです。つまり、打者の記録はツーベースではなくシングルヒットです。

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(レフト前ヒット)によって3塁へは進めましたので、左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。そして左下枠にはアウトになった要因であるレフトからキャッチャーへの送球を表す「7−2」を書きます。これらは一連のプレーですので、左上枠と左下枠とを「継続線」で結びます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にレフト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。2塁へは送球の間に進みましたが、この送球内容が1番打者の左下枠に書かれていますので、それを利用します。右上枠には1番打者(の左下枠)を表す「丸1」を書きます。そして、ヒットと進塁は一連のプレーですので、右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。


送球の間に3塁へ

スリーベースではなく、
ツーベース+送球の間に進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はセンターの頭上を越える。1塁走者は一気に生還。打者走者は2塁まで進んで止まっていたが、センターから返球をうけたセカンドが本塁へ送球した隙に3塁へ進んだ」

 打者走者は3塁まで進みましたが、打ったことによって進んだのは2塁までです。3塁への進塁は打球を処理した野手(センター)から始まった先行走者(1塁走者)を刺そうとする送球の間に進めたものです。つまり、打者の記録はスリーベースではなくツーベースです。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センター超ツーベース)によって本塁へ還れましたので、左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、右上枠から「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心には得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠と右上枠にツーベースを表す「」、右下枠にセンターオーバーを表す「」「」を書き、左上枠には送球の間の進塁を表す「←(矢印)」を書きます。センターから本塁への中継プレーは意味が無い(アウトもエラーも発生していない)ので書く必要がありません。


先行走者がアウトの間に打者走者は3塁へ

スリーベースではなく、
ツーベース+先行走者アウトの間に進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はライトの頭上を越える。1塁走者は一気に本塁を狙ったがライトからファーストを経由して本塁(キャッチャー)へ送球されタッチアウト。2塁を回ったところで止まっていた打者走者は本塁へ送球されている隙に3塁へ進んだ」

 打者走者は3塁まで進みましたが、打ったことによって進んだのは2塁までです。3塁への進塁は打球を処理した野手(ライト)から始まった先行走者(1塁走者)を刺そうとする送球の間に進めたものです。つまり、打者の記録はスリーベースではなくツーベースです。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライト超ツーベース)によって3塁へは進めましたので、左上枠に2番打者を表す「丸2」を書き、右上枠から「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。そして左下枠にはアウトになった要因であるライトからファーストを経由してキャッチャーへの送球を表す「93−2」を書きます。これらは一連のプレーですので、左上枠と左下枠を「継続線」で結び、中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠と右上枠にツーベースを表す「」、右下枠にライトオーバーを表す「」「」を書きます。3塁へは送球の間に進みましたが、この送球内容が1番打者の左下枠に書かれていますので、それを利用します。左上枠には1番打者(の左下枠)を表す「丸1」を書きます。そして、ツーベースと進塁は一連のプレーですので、右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。


走者は1つしか進塁出来なかったツーベース

走者が1つだけ進塁のツーベース

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「一死二塁。2番打者の打球はライト線へ。2塁走者はライトが打球をノーバウンドで捕球すると推測し、タッチアップに備えて2塁ベース上で待機。ところがライトは打球をショートバウンドでキャッチ。2塁走者は急いで3塁へ走り、打者走者は一気に2塁まで進んだ」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって2塁まで進みましたが、2塁走者は3塁までの1つしか進塁で来ませんでした。このような場合、打者が2つ進塁出来れば、進塁義務の無い走者(この例では2塁走者)が2つ以上進塁出来なくてもツーベースは成立します。ただし、2塁走者が2つ進塁するまでにアウトになった場合(3塁や本塁でアウトになる)は除きます。(その場合の打者の記録はシングルヒットやゴロとなります)

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライト線ツーベース)によって3塁へ進めましたので、左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠と右上枠にツーベースを表す「」、右下枠にライト線を表す「」「」を書きます。


走者のアウトにより打者の記録は単打に

走者のアウトによってツーベースにならず

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はレフトの頭上を超える。レフトがノーバウンドで捕球すると思い込んでいた1塁走者はスタートが遅れてしまい、3塁まで走るもレフトが3塁(サード)へ送球しタッチアウト。打者走者は楽に2塁まで進んでいた」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって2塁まで進みましたが、進塁義務のある1塁走者が2つ進めませんでした。1塁走者が3塁でアウトになったという事は、1塁走者は3塁手前の2塁を占有していたことになります。そうなると、打者走者の占有はさらに手前の1塁までになってしまうので、記録はツーベースにならずシングルヒットになってしまいます。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(レフト超ヒット)によって2塁へは進めましたので、右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。そして左上枠にはアウトになった要因であるレフトからサードへの送球を表す「7−5」を書きます。これらは一連のプレーですので、右上枠と左上枠を「継続線」で結び、中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にレフトオーバーのヒットを表す「」「」「」を書きます。2塁へは送球の間に進みましたが、この送球内容が1番打者の左上枠に書かれていますので、それを利用します。右上枠には1番打者(の左上枠)を表す「丸1」を書きます。そして、ヒットと進塁は一連のプレーですので、右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー