シングルヒットよる進塁

シングルヒットによってランナーが進塁する時の記入法。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■シングルヒットよる進塁

☆ポイント

 「ヒット」という記録が成立するには2つの絶対条件があります。

打者が投球を打って、エラーや野選などに助けられずに出塁する
 打者が打っても守備がエラーをしたり、野選が発生したために出塁したのであれば、ヒットにはなりません。先行走者がアウトになった間に出塁を果たしてもダメです。

走塁義務がある走者が全員進塁
 「走塁義務がある走者」というのは、その走者より後ろの塁が全て埋まっている走者のことです。1塁走者は自身より後ろの塁が存在しませんので常に進塁義務があることになり、2,3塁走者はその塁より後ろに走者がいるかどうかで進塁義務の有無が決まります。スコアブックをつけるにおいて、進塁義務の有無を判断する知識は必須ですので必ず理解して下さい。

  • ランナー1塁のみ…1塁走者は進塁義務有り
  • ランナー2塁のみ…2塁走者は進塁義務無し
  • ランナー3塁のみ…3塁走者は進塁義務無し
  • ランナー1,2塁…2人とも進塁義務有り
  • ランナー1,3塁…1塁走者は進塁義務有り、3塁走者は進塁義務無し
  • ランナー2,3塁…2人とも進塁義務無し
  • ランナー満塁………3人とも進塁義務有り

 このページでは「走者のいる場面でヒット」というシチュエーションを基に解説しています。走者がいない場面でのヒットの記入を解説している『基礎知識5:外野へのシングルヒット』『基礎知識6:内野へのシングルヒット(内野安打)』の内容を把握している前提で話を進めますので、まだ覚え切れていない方はそちらから熟読して下さい。


ヒットで1塁走者は2塁へ進塁

走者が1つ進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はレフト前へ。1塁走者は2塁へ進み、打者は1塁に出塁した」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁し、進塁義務のある走者(1塁走者)が進塁出来ましたので、打者の記録はヒットです。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(レフト前ヒット)によって2塁へ進めましたので、右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠にレフト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。


ヒットで1塁走者は3塁へ進塁

走者が2つ進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はライト線へ。1塁走者は一気に3塁へ進み、打者は1塁に出塁した」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁し、進塁義務のある走者(1塁走者)が進塁出来ましたので、打者の記録はヒットです。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライト線へヒット)によって3塁へ進めましたので、左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。右上枠から左上枠の「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。この曲線は何らかの1つのプレーで2つ以上進塁した場合に使います。この例ですと、1塁走者は2番打者のヒットによって2つ(1塁から3塁まで)進んだので、このように書きます。
 2番打者は右下枠にライト線へのヒットを表す「」「」「」を書きます。


内野安打で2塁走者は3塁へ進塁

内野安打で進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球は一二塁間へ転がり、セカンドが捕球して1塁へ送球するも打者走者の方が早くセーフに。2塁走者は3塁へ進塁」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁しましたので、打者の記録はヒットです。

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(セカンド内野安打)によって3塁まで進めましたので、左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠にセカンドがファーストへ送球するも内野安打を表す「」「半円」「4−3」を書きます。


ヒットで二者生還

2人の走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二三塁。3番打者の打球はライト線へ。3塁走者と2塁走者が生還し、打者走者は1塁でストップ」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁しましたので、打者の記録はヒットです。

 3塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(ライト線へヒット)によって本塁へ生還出来ましたので、左下枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。そして、得点しましたので中心に得点を表す「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(ライト線へヒット)によって本塁へ生還出来ましたので、左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、左上枠から左下枠の「丸3」へ向かって「1本の曲線」を引きます。この線は何らかの1つのプレーで2つ以上進塁した時に使います。この例ですと、2塁走者は3番打者のヒットによって2つ(2塁から本塁)進んだので、このように書きます。そして、中心に得点を表す「」を書きます。
 3番打者は右下枠にライト線へのヒットを表す「」「」「」を書きます。


ヒットで満塁の走者がそれぞれ進塁

3人の走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「二死満塁。4番打者のセンター前ヒットで3人のランナーがそれぞれ1つずつ進塁した」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁し、進塁義務のある走者全員が進塁出来ましたので、打者の記録はヒットです。

 3塁走者(1番打者)は4番打者の打撃(センター前ヒット)によって本塁へ生還出来ましたので、左下枠に4番打者を表す「丸4」を書きます。そして中心に得点を表す「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)は4番打者の打撃(センター前ヒット)によって3塁へ進めましたので、左上枠に4番打者を表す「丸4」を書きます。
 1塁走者(3番打者)は4番打者の打撃(センター前ヒット)によって2塁へ進めましたので、右上枠に4番打者を表す「丸4」を書きます。
 4番打者は右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書きます。


内野安打で走者が一人のみ進塁

2人の走者のうち1人だけ進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一三塁。3番打者の打球はサードへボテボテの緩いゴロ。サードは前進して捕球したものの、どこへも投げられず。3塁走者は打球の判断に迷って進塁出来なかったが、1塁走者は2塁へ、打者は出塁した」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁し、進塁義務のある1塁走者が進塁出来ましたので、打者の記録はヒットです。3塁走者には進塁義務がありませんでしたので、進塁したかどうかは問われません。

 3塁走者(1番打者)には何も影響が無い(進塁/アウトになってない)ので書くことはありません。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(サード内野安打)によって2塁へ進めましたので、右上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。
 3番打者は右下枠にサードへの内野安打を表す「」「」「半円」を書きます。


走者が進塁しなかった内野安打

走者が進塁せず

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球は三遊間の深いところへのゴロ。2塁走者は判断を誤って3塁へ走らず。ショートが捕球して1塁へ送球するも打者走者の方が早くセーフに」

 打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁しましたので、打者の記録はヒットです。2塁走者には進塁義務がありませんでしたので、進塁したかどうかは問われません。

 2塁走者(1番打者)には何も影響が無い(進塁/アウトになってない)ので書くことはありません。
 2番打者は右下枠にショートがファーストへ送球するも内野安打を表す「」「6−3」「半円」を書きます。


内野安打で1塁走者は2塁へ

内野安打で進塁(野選と注意)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球は三遊間を抜けるかというゴロ。それをショートが捕球して2塁(セカンド)へ送球したが1塁走者の足の方が早くセーフだった。打者も1塁出塁」

 ショートが先行走者を刺そうとして2塁へ送球した結果、アウトを1つも取れませんでした。しかし野選だと判断してはダメです。シチュエーション的に考えて、ショートが2塁へ送球しても間に合わなかったのに1塁へ送球して打者がアウトになっていたとは考えにくいです。「1塁へ送球していれば打者はアウトだった」と断定できない場合は内野安打と判断するのが通例です
 そして、打者がエラーや野選に助けられずに打ったことによって出塁し、進塁義務のある走者(1塁走者)が進塁出来ましたので、打者の記録はヒットです。

 1塁走者(1番打者)が2塁へ進めたのは2番打者の打撃(ショート内野安打)によるもので、「ショートがセカンドへ送球したから」だと考えてはダメです。右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠にショートがセカンドへ送球するも内野安打を表す「」「半円」「6−4」を書きます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー