犠牲フライ(犠飛)

犠牲フライ(犠飛)によるランナー進塁時と失敗時の記入法。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■犠牲フライ(犠飛)

☆ポイント

 犠牲フライとは、外野フライによって3塁走者がタッチアップで生還するプレーです。「犠飛」とも呼びます。犠牲フライが成立するためには、いくつかの条件があります。

  • 無死または一死
  • 3塁に走者がいる(他塁は問わず)
  • 打者が外野へフライかライナーの打球を打つ(フェア・ファウルは問わず)
  • 3塁走者がタッチアップで生還する

これら全てをクリアする必要があります。注意点は、上に挙げた条件の3つ目と4つ目を間違えて覚えないで下さい。
 3つ目についてですが、フェア打球かファウル打球かは問いませんが、「外野」へのフライ(ライナー)は絶対条件です。外野への打球ならば、捕球する野手は外野手でも内野手でも構いません。
 4つ目ですが、3塁走者がタッチアップした場合のみ犠牲フライです。タッチアップで2塁走者が3塁、1塁走者が2塁へ進んだ場合には犠牲フライになりません。


犠牲フライ

タッチアップで3塁走者が生還

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の打球はセンターフライ。3塁走者はタッチアップで生還した」

 打者が打ったセンターフライによって、3塁走者がタッチアップにて生還出来ましたので犠牲フライです。
 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センターフライ)によって本塁へ還れましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。得点しましたので、中心に「」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンターフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、それに犠牲フライを表す「」を加えます。中心には「アウトカウント」を書きます。

※注記
「◇」は犠牲バント成功と犠牲フライ、両方の記入で用います。「◇」がフライと併用されていれば犠牲フライを表し、ゴロと併用されていれば犠牲バントを表します。


2塁走者がタッチアップで進塁

2塁走者がタッチアップで3塁へ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の打球は大きなライトフライ。2塁走者はタッチアップで3塁へ進んだ」

 打者が打ったライトフライによって、2塁走者がタッチアップにて3塁へ進塁出来ましたので犠牲フライです。と、言いたいところですが違います。犠牲フライは「3塁走者が本塁へ生還した場合」のみに成立します。この例のようなプレーは「外野フライの間に進塁」となります。「セカンドゴロの間に2塁ランナーが3塁へ進塁」といったプレーと同じ感じだと思ってください。

 2塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(ライトフライ)によって3塁へ進めましたので左上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠にライトフライを表す「」「下向きのカッコ」、中心に「アウトカウント」を書きます。犠牲フライの記入と比較して、「◇」を書かないだけです。


走者二人がタッチアップで進塁

2,3塁走者がタッチアップで進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二三塁。2番打者の打球はライトフライ。タッチアップで3塁走者が生還し、2塁走者は3塁へ進んだ」

 打者が打ったライトフライによって、3塁走者がタッチアップにて生還出来ましたので犠牲フライです。2塁走者のタッチアップによる進塁は犠牲フライになりませんが、2走者が同じ打撃によってタッチアップしたということに変わりありません。

 3塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(ライトフライ)によって本塁へ還れましたので左下枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。得点しましたので、中心に「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(ライトフライ)によって3塁へ進めましたので左上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。
 3番打者はライトフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、それに犠牲フライを表す「」を加えます。中心には「アウトカウント」を書きます。


タッチアップ画策中に外野手がフライを落球

タッチアップ画策中にフライを落球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の打球はセンターへフライ。3塁走者が打球の行方を見ながらタッチアップの準備をしてると、センターがフライ打球をグラブに当てながらも落球!3塁走者は難なく生還し、打者は1塁に出塁した」

 センターがフライを正しく捕球していれば犠牲フライになっていたと思われるのにセンターが落球しました。だからといって、このプレーをエラーと判断すれば打者が記録上で損をします(犠飛なら打率は現状維持なのにエラーならば打率が下がる)。こういった場合は「犠飛+エラー」となります。打者がフライを打って3塁ランナーを生還させた部分が犠飛で、打者が出塁した部分がエラーです。

 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センターフライ)によって本塁へ還れましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。得点しましたので、中心に「」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンターフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、それに犠牲フライを表す「」とエラーを表す「」を加えます。


タッチアップ画策中に外野手がフライを落球

特殊な犠牲フライ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一三塁。3番打者の打球はセンターへフライ。3塁走者が打球の行方を見ながらタッチアップの準備をしてると、センターがフライ打球をグラブに当てながらも落球!3塁走者は難なく生還したが、1塁走者は1塁ベース上で待機していたので、ボールを拾い直したセンターが2塁(セカンド)へ送球し、アウトになった。打者走者は1塁ストップ」

 1つ前の「タッチアップ画策中にフライを落球」と似ていますが、大きな違いは「センターが落球したことによって進塁義務が発生した1塁走者が2塁で封殺になった」ことです。普通ならば、封殺が発生すれば打者の記録は「○○ゴロ」となるところですが、この例のような「犠飛が発生しそうな時に打球を落球し、封殺が発生」した場合には、「犠飛+エラー+走塁死」といった感じになります。3塁走者の生還は犠飛、打者の出塁はエラー、1塁走者の封殺は走塁死と考えて下さい。

 3塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(センターフライ)によって本塁へ還れましたので左下枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。得点しましたので、中心に「」を書きます。
 2番打者(1塁走者)は落球後にボールを拾い直したセンターがセカンドへ送球したことによってアウトになりましたので右上枠にはそれを表す「8−4」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。
 3番打者は右下枠にセンターフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、それに犠牲フライを表す「」とエラーを表す「」を加えます。


タッチアップするも次塁でアウト

タッチアップした走者がアウトに

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の打球はセンターフライ。3塁走者はタッチアップで本塁を狙ったが、センターからキャッチャーへ好返球が届き、タッチアウト」

 3塁走者(1番打者)はセンターがキャッチャーに送球したことによってアウトになりましたので左下枠にはそれを表す「8−2」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンターフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、それに犠飛失敗を表す「」を加えます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして、打者のアウトと走者のアウトは一連のプレーですので併殺です。2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。
(参考:併殺プレー


タッチアップ時に離塁が早くアウトに

離塁が早くてアウトに

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の打球はレフトフライ。3塁走者はタッチアップで生還した。ピッチャーが次打者へ投球する前にサードがピッチャーからボールを受け取り、3塁ベースを踏みながら塁審に3塁走者の離塁が早かったことをアピール。塁審はそれを認め、3塁走者はアウトになり、得点は取り消された」

 タッチアップとは、野手が打球を捕った(触れた)時点から走者がスタートするプレーです。走者がそれよりも早いタイミングでスタートした場合には、飛び出してしまった場合と同じように元の塁を踏み直さなければなりません。また、離塁が早いだけでは走者はアウトになりません。投手が次打者へ投球し始めるまでに「走者のスタートが早かった」と審判にアピールする必要があります。

 3塁走者(1番打者)は守備側のアピールプレーによってアウトになりました。そのアピールプレーですが、サードはピッチャーからボールをもらい、アピールしました。このような場合、アピールしたサードに刺殺が、ピッチャーに補殺が記録されます。左下枠の上寄りにはそれを表す「1−5」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。得点が取り消されたことに関しては書く必要がありません。3塁走者の得点に関するプレーは全て無かったことになります。
 2番打者は右下枠にレフトフライを表す「」「下向きのカッコ」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。犠牲フライになりかけたレフトフライですが、3塁走者のミスによって普通のレフトフライに降格です。走者のミスのせいで、打者の打率が下がってしまうわけです。普通のレフトフライですから犠飛の成否を表す「◇や◆」を書く必要はありません。
 打者と走者が連続でアウトになりましたが、「プレーの流れ」としては一連には見えません。が、このようなアピールプレーの場合は一連のプレーと見なし、併殺として扱います。2人のスコアカードを「}(カッコ)括り」し、ダブルプレーを表す「DP」を書きます。


犠牲ライナー

犠牲ライナー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の打球はセンターライナー。3塁走者はタッチアップで生還した」

 打者が打ったセンターライナーによって、3塁走者がタッチアップにて生還出来ましたので犠牲フライです。
 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(センターライナー)によって本塁へ還れましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。得点しましたので、中心に「」を書きます。
 2番打者は右下枠にセンターライナーを表す「」「−(直線)」を書き、それに犠牲フライを表す「」を加えます。中心には「アウトカウント」を書きます。

 ……なのですが、野球の通例として「犠牲ライナー(犠直)」という言葉は存在せず、「犠牲フライ(犠飛)」しかありません。ライナー打球では犠牲フライが成り立たないというわけではありません。犠牲ライナーという言葉が無いだけです。理由は、記録集計の都合上や野球規約の解釈などによるものなので、気にすることはありません。
 そのようなルールがありますので、この項の解説のように「ライナー打球でタッチアップによって得点」という記入をしても呼称は「犠牲フライ」です。そんな矛盾がイヤな方は、3塁走者がタッチアップした時には打球がライナーでもフライだったと記入してしまうのも手です。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー