スクイズ

スクイズによるランナー生還時と失敗時の記入法。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■スクイズ

☆ポイント

 スクイズとは、3塁走者を生還させる目的の送りバントです。「スクイズバント」「スクイズプレー」と呼ぶこともありますが、同じものを指していると思って下さい。以前はスクイズの解説を送りバントのページ内に含めていたのですが、あまりにも「スクイズに関する記入」の質問が多く寄せられるので、細かな説明をする目的でページを独立させました。

 スクイズが発生するための条件は、

  • 無死または一死
  • 3塁に走者がいる(他塁は問わず)
  • 打者がバントする
  • 3塁走者が生還する
  • 走者が一人もアウトになっていない

です。これらをクリアすれば打者には犠打と打点が記録されます。
 スクイズの結果、打者が安打で出塁してしまうと、記録は内野安打(バント安打)になります。また、スクイズをした打者がエラーや野選によって出塁した場合も犠打は記録されます。
 また、「スクイズ」は送りバントと同じように打者が自らの打撃機会を犠牲にして走者を生還(進塁)させようとするプレーですので、「打数」に数えません。

 スクイズに関する用語で以下の2つは覚えておく方が良いかもしれません。

ツーランスクイズ(2ランスクイズ)
 普通のスクイズは3塁走者が生還して1点入りますが、さらに2塁走者も生還して2点も取るスクイズプレーです。2塁走者はスクイズの打球を処理した野手が打者をアウトにするために1塁へ送球した隙を突いて3塁をまわって本塁へ突入します。厳密に考えると、2塁走者の生還は打者の打撃によるものではなく野手の送球の隙を突いたプレーですので、打点にならないハズなのですが、ツーランスクイズの場合は打点に数えるのが通例です。

セーフティースクイズ
 普通のスクイズは、投球と同時に3塁走者がスタートを切って、打者がバントをします。セーフティースクイズは、打者がバントをして打球を転がしたの確認してから3塁走者がスタートするプレーです。普通のスクイズと比較して、バントのミス(空振りやフライ)によって3塁走者がアウトになるリスクを減らせるのがメリットですが、3塁走者はスタートを切る判断が非常に難しいです。
 注意点は「セーフティーバント」と混同しないことです。セーフティーバントは打者が出塁する目的で行うバントですが、セーフティースクイズは打者が出塁する目的はありません。同じ「セーフティー」という言葉が付いてますが、全く異なるプレーです。


スクイズ成功

スクイズ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者はバントをし、ピッチャー前へゴロ打球。打球を処理したピッチャーがファーストへ送球し打者走者アウト。3塁走者は生還」

 打者がバントをし、3塁走者を生還させましたのでスクイズ成功です。
 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(バント)によって本塁へ還りましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。中心には得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント(スクイズ)成功を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、ファーストへの送球を表す「−3」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。


スクイズ成功

本塁でクロスプレーのあったスクイズ

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者はバントをし、ピッチャー前へゴロ打球。打球を処理したピッチャーが本塁(キャッチャー)へ送球するも3塁走者の足の方が速く、セーフ。キャッチャーはファーストへ送球し、打者走者はアウト」

 打者がバントをし、3塁走者を生還させましたのでスクイズ成功です。
 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(バント)によって本塁に還りましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。中心には得点を表す「」を書きます。本塁でクロスプレーになりましたが、そのプレーは3塁走者の得点やアウトに全く影響がありませんので書く必要がありません。
 2番打者は右下枠に送りバント(スクイズ)成功を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、そして送球がキャッチャーからファーストへ転送されたので「2−3」を書きます。


スクイズも3塁走者アウト

スクイズ失敗(3塁走者が本塁でアウト)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者はバントをし、ピッチャー前へゴロ打球。打球を処理したピッチャーがキャッチャーへ送球し3塁走者はアウト。打者走者は1塁へ」

 打者がバントをしたものの、3塁走者が本塁でアウトになりましたのでスクイズ失敗です。
 3塁走者(1番打者)はピッチャーがキャッチャーへ送球したことによってアウトになりましたので、左下枠にその送球を表す「1−2」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にバント失敗を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、そしてピッチャーが(誰かへ)送球したことを表す「−(ハイフン)」を書きます。


スクイズするも打球がフライ

スクイズ失敗(打球がフライ)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者はバントをするもピッチャーフライ。3塁走者はそのまま」

 打者がバントをしたものの、打球がフライになったために3塁走者が生還出来ませんでした。スクイズ失敗です。
 3塁走者(1番打者)は何も影響がありません(進塁したわけでもアウトになったわけでもない)ので記入しません。
 2番打者は右下枠にバント失敗を表す「」、ピッチャーフライを表す「」「下向きのカッコ」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。


スクイズ空振りで本盗失敗

スクイズ空振りで帰塁するもアウト

スクイズ空振りで挟殺アウト

スクイズ失敗(バントを空振り)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者は初球にスクイズを試みるも空振り。本塁へ向かって走り出していた3塁走者はタッチアウトになった」

 「3塁走者がタッチアウトになるまでの動き」によって、書き方(記録)は3つのパターンに分かれます。

空振りを気にせず、本塁へ突っ込む(左図a.)
 自発的に次塁へ向かって走り出した走者が次塁でアウトになったのですから、盗塁刺として扱います。
 3塁走者(1番打者)の左下枠には盗塁刺を表す「CS」と(補殺者が無く)キャッチャーがタッチしましたので、それをカッコ付きで「(2)」、それに「’(タイミング記号)」を加えます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に「バント空振り」と「’(タイミング記号)」を書きます。

3塁へ戻ろうとしたが、3塁へ送球されアウト(左図b.)
 飛び出してしまった走者が帰塁しようとしたところを送球されてアウトですから、牽制死として扱います。
 3塁走者(1番打者)の左下枠の上寄りに牽制死を表す「」とキャッチャーからサードへの送球をカッコ付きで「(2−5)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に「バント空振り」と「’(タイミング記号)」を書きます。

躊躇した結果、三本間に挟まれてアウト(左図c.)
 打者のバント空振りが原因なのですが、3塁走者の走塁ミスになるので走塁死として扱います。
 3塁走者(1番打者)の左下枠には挟殺の内容を書きます。ここでは「キャッチャーから、サード、ピッチャーへ送球され、タッチアウト」と例えます。それを表す「25−1」、「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に「バント空振り」と「’(タイミング記号)」を書きます。


スクイズ+野選

スクイズで野選

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者はバントをし、ピッチャー前へゴロ打球。打球を処理したピッチャーが本塁(キャッチャー)へ送球するも3塁走者のスライディングが上手くセーフに。打者走者も出塁」

 よくあるプレーです。スクイズを処理したピッチャーが、1塁へ送球すれば打者走者はアウトなのに失点を防ごうとして本塁へ送球し、オールセーフ。つまり、野選です。3塁走者を生還させたのは犠打によりますので、記録は「犠打+野選」になります。

 3塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(バント)によって本塁へ生還出来ましたので左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、中心には得点を表す「」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント(スクイズ)成功を表す「」とピッチャーがキャッチャーへ送球し野選を表す「FC1−2」を書きます。
(参考:野選


ツーランスクイズ

ツーランスクイズ(2ランスクイズ)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二三塁。3番打者はバントをし、キャッチャー前へゴロ打球。3塁走者が生還し、2塁走者は3塁へ。前進して打球を処理したキャッチャーがファーストへ送球し、打者走者アウト。その送球の隙を突いて、2塁走者が本塁へ生還」

 3塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(バント)によって本塁へ生還出来ましたので左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、中心には得点を表す「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)は野手の隙を突きましたが3番打者の打撃(バント)によって一気に本塁へ生還したと考えますので、左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、左上枠から左下枠の「丸3」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心には得点を表す「」を書きます。
 3番打者は右下枠に送りバント(スクイズ)成功を表す「」、キャッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、ファーストへの送球を表す「−3」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー