送りバント(犠牲バント・犠打)

送りバントによるランナー進塁時と失敗時の記入法。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■送りバント(犠牲バント・犠打)

☆ポイント

 「送りバント」と「犠牲バント」は同義語です。または「犠打」と呼ぶこともあります。言葉を使い分けるとすれば、打者のプレーを指すときは「送りバント・犠牲バント」で、記録を指すときは「犠打」じゃないでしょうか(あくまで私的な意見です)。
 どのようなプレーが送りバントになるかといえば、

  • 無死または一死
  • 走者が一人以上いる
  • 打者がバントする
  • 走者が一人以上進塁
  • 走者が一人もアウトになっていない

という条件をクリアしたものです。これらをクリアしてもバントが安打になると送りバントになりません(安打のほうが得ですが)。また、バントをした打者がエラーや野選によって出塁した場合も犠打は記録されます。

 「送りバント」は打者が自らの打撃機会を犠牲にして走者を進めようとするプレーですので、「打数」に数えません。そうすることによって、打率への影響がゼロ(上がったり下がったりしない)になります。言い換えれば「打撃機会が無かった」と言いましょうか。しかし、送りバントを失敗させた場合には内野ゴロ(フライ)になりますので「打数」が増えます。つまり送りバントは、成功させると打率が変わらず、失敗すると打率が下がるということです。
 ところが問題になってくるのがセーフティーバントの存在です。このバントは自らが生きるために安打を狙うバントです。走者がいる状態で、打者が明らかにセーフティーバントとわかるバントをし、打者が1塁でアウトになった場合は、走者が進塁しても犠打という記録にせず、(打ち損じとして)内野ゴロになります。しかし、打者の行ったバントを見て、「絶対にセーフティーバント狙いだ!」と確信するのは難しいので、確信できない時は記録を犠打にするのが通例です。


送りバントで1塁走者進塁

送りバントで走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ファースト前へゴロ打球。打球を処理したファーストが1塁ベースカバーのセカンドへ送球し、打者走者アウト。1塁走者は2塁へ進塁」

 打者がバントをし、走者を進塁させましたので送りバント成功です。
 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(バント)によって2塁へ進みましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント成功を表す「」、ファーストゴロを表す「」「上向きのカッコ」、セカンドへの送球を表す「−4」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。


送りバントで2者進塁

送りバントで複数走者が進塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者はバントをし、サード前へゴロ打球。打球を処理したサードがファーストへ送球し、打者走者アウト。1,2塁走者はそれぞれ1つ進塁」

 打者がバントをし、2人の走者を進塁させましたので送りバント成功です。
 2塁走者(1番打者)は3番打者の打撃(バント)によって3塁へ進みましたので左上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は3番打者の打撃(バント)によって2塁へ進みましたので右上枠に3番打者を表す「丸3」を書きます。
 3番打者は右下枠に送りバント成功を表す「」、サードゴロを表す「」「上向きのカッコ」、ファーストへの送球を表す「−3」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。


送りバント失敗

送りバント失敗(走者アウト)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ファースト前へゴロ打球。打球を処理したファーストが2塁(ショート)へ送球し、1塁走者アウト。打者走者は1塁セーフ」

 打者がバントをしたものの、1塁走者が2塁でアウトになりましたので送りバント失敗です。
 1塁走者(1番打者)はファーストがショートへ送球したことによってアウトになりましたので、右上枠にその送球を表す「3−6」を書きます。そして中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にバント失敗を表す「」、ファーストゴロを表す「」「上向きのカッコ」、そしてファーストが(誰かへ)送球したことを表す「−(ハイフン)」を書きます。


送りバント失敗

送りバント失敗(1人は進塁・1人はアウト)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者はバントをし、ピッチャー前へゴロ打球。打球を処理したピッチャーが3塁(サード)へ送球し、2塁走者アウト。1塁走者は2塁へ進み、打者走者は1塁出塁」

 打者のバントによって1塁走者は進塁出来ましたが2塁走者は進塁出来ずアウトになりました。進塁出来た走者がいてもアウトになった走者が1人でもいれば、送りバント失敗になります。
 2塁走者(1番打者)はピッチャーがサードへ送球したことによってアウトになりましたので、左上枠にその送球を表す「1−5」を書きます。そして中心に「アウトカウント」を書きます。
 1塁走者は送りバント失敗という形ながらも3番打者の打撃によって2塁へ進みましたので、右上枠に3番打者(の打撃)を表す「丸3」を書きます。
 3番打者は右下枠にバント失敗を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、そしてピッチャーが(誰かへ)送球したことを表す「−(ハイフン)」を書きます。


送りバントがフライに

送りバント失敗(打球がフライ)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをするも打球はフェアグランド内の小飛球になり、キャッチャーが捕球してアウト。1塁走者はそのまま」

 打者がバントをしたものの走者が進塁出来ませんでしたので送りバント失敗です。
 1塁走者(1番打者)は何も影響がありません(進塁したわけでもアウトになったわけでもない)ので記入しません。
 2番打者は右下枠にバント失敗を表す「」、キャッチャーフライを表す「」「下向きのカッコ」、中心に「アウトカウント」を書きます。


送りバントの打球を処理ミス





送りバントで悪送球

エラーで出塁を許す

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ピッチャー前へゴロ打球。打球を処理しようとしたピッチャーは慌ててしまい、ボールをお手玉し、送球出来ず。打者は出塁し、1塁走者は2塁へ」

 打者がバントをし、走者を進塁させましたので送りバント成功です。そして、打者に出塁を許してしまったことにエラーが記録されます。つまり、このプレーは「犠打+エラー」です。野手のエラーがあったからといって、記録を「エラーのみ」と判断してはダメです。そのように判断すると、打者はバントを成功させたのに打撃が内野ゴロ扱いになってしまい、打率が下がり、損をします。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(バント)によって2塁へ進みましたので右上枠に2番打者(の打撃)を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント成功を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、捕球エラーなので左横に「」を加えます。
(参考:ゴロを捕球ミス

 上の例文では打球処理時にエラーをして打者の出塁を許しましたが、送球エラーで打者の出塁を許した場合は下記のようになります。

<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ピッチャー前へゴロ打球。打球を処理したピッチャーが1塁(ファースト)へ送球するもワンバウンドになってしまい、ファーストが捕球出来ず、1塁セーフ。1塁走者は2塁ストップ」

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(バント)によって2塁へ進みましたので右上枠に2番打者(の打撃)を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント成功を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、送球エラーなので右横に「」、ファーストへの送球を表す「−3」を書きます。
(参考:悪送球


送りバント処理時に悪送球





送りバント処理時の送球を捕球エラー

エラーで進塁を許す

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ピッチャー正面へ強いゴロ打球。打球を処理したピッチャーが2塁(ショート)へ送球すると、タイミングはアウトだったのに悪送球になってしまい、ボールはセンターまで転がっていった。1塁走者は2塁でストップ、打者は1塁出塁」

 このプレーのポイントは「ピッチャーが2塁へ正しく送球していれば、2塁はアウトだった」です。送球が正しければ2塁がアウトだったと思うということは、悪送球さえなければ1塁走者は2塁へ進めず、送りバント失敗だったということになります。正しく送球していても2塁はセーフだったと思う場合や微妙なタイミングの場合はエラー(悪送球)ではなく、野選になります

 1塁走者(1番打者)はピッチャーがショートへ悪送球したことによりアウトを免れて進塁出来ましたので、右上枠にはそれを表す「1E−6」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント失敗を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、そしてピッチャーが(誰かへ)送球したことを表す「」を書きます。
(参考:悪送球

 上の例文では悪送球をして走者の進塁を許しましたが、送球を捕る野手の捕球エラーで走者の進塁を許した場合は下記のようになります。

<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ピッチャー正面へ強いゴロ打球。打球を処理したピッチャーが2塁(ショート)へ送球すると、タイミングはアウトだったのにショートが送球を落としてしまい、1塁走者は2塁でセーフに。打者は1塁出塁」

 1塁走者(1番打者)はショートがピッチャーからの送球を落としたことによりアウトを免れて進塁出来ましたので、右上枠にはそれを表す「1−E6」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント失敗を表す「」、ピッチャーゴロを表す「」「上向きのカッコ」、そしてピッチャーが(誰かへ)送球したことを表す「」を書きます。
(参考:送球を捕球ミス


犠打+野選

送りバントで野選

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ゴロを捕ったピッチャーが2塁(ショート)へ送球するも1塁走者の足の方が早くセーフ。打者は1塁出塁」

 1塁走者が2塁へ進めたのは打者のバントによりますので、1塁走者進塁の記録は犠打です。そしてピッチャーが、打者をアウトに出来る機会を放棄して1塁走者をアウトにしようとしたという判断ミスによって打者は出塁出来ましたので、打者が出塁した記録は野選です。つまり、「犠打+野選」となります。

 1塁走者(1番打者)は2塁で刺されそうになりましたが2番打者の打撃(バント)によって進塁したことになりますので、右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者は右下枠に送りバント成功を表す「」、ピッチャーがショートへ送球し野選を表す「FC1−6」を書きます。
(参考:野選


犠打のつもりがバントヒットに

送りバントがヒットに

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はバントをし、ファースト前へゴロ打球。打球を処理したファーストが自ら1塁ベースを踏みに向かうが、打者走者の足の方が速く、1塁セーフに。1塁走者は2塁へ。」

 打者は走者を送るためにバントをしましたが、エラーや野選に助けられずに出塁してしまいました。つまり、バントヒットということになります。

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃(バント)によって2塁へ進めたことになりますので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。
 2番打者はファーストへのバント内野安打を表す「」「半円」「」「BH」を書きます。
(参考:バントヒット

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー