牽制

牽制から発生した走者のアウトやエラー、進塁の記入法。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■牽制

☆ポイント

 野球でいう牽制とは「走者の動きを牽制するプレー」です。リードしている走者を元の塁へ戻す目的で、投手や捕手が塁(ベースカバーの野手)へ送球します。基本的には走者を塁へ戻す(リードをさせない)ことがメインの目的であり、走者をアウトにすることだけを狙うわけではありません(そういう投手も稀にいますが)。
 当サイトの方針としては、スコアブックに「試合の流れ」を記入することに重点を置いていますので、牽制を書かないことにしています。牽制すること自体が試合に与える影響が無いからです。しかし、

  • 牽制によるアウト(牽制死)
  • 牽制悪送球による進塁
  • 牽制の捕球エラーによる進塁
  • 牽制から盗塁が発生

などの試合に影響が出る、牽制を起点としたプレーの記入は必要です。このページでは、それらの記入を解説しています。


帰塁時にアウトになった場合の記入箇所見本

帰塁時に発生したアウトの記入箇所

 走者が帰塁時にアウトになった場合(牽制死、フライで帰塁など)の記入は、その内容を真ん中には書かず、前塁の方へ寄せて書きます。左図で説明しますと、

  • 1塁帰塁時のアウトなら『赤』丸部分
  • 2塁帰塁時のアウトなら『青』丸部分
  • 3塁帰塁時のアウトなら『緑』丸部分

に記入します。こうすることによって、スコアカードを一目見ただけで「帰塁時に発生したアウトだな」と、わかります。枠内のスペースが狭いので、明確に寄せて書くことは難しいですが、ほんの少しだけでも寄せて書いてみるだけで雰囲気が変わるものです。


ピッチャーによる牽制アウト

ピッチャーによる牽制アウト

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者の3球目前にピッチャーが2塁(ショート)へ牽制球を投げ、2塁走者がタッチアウトに」

 2塁走者(1番打者)の左上枠の右寄りに牽制死を表す「」とピッチャーからショートへの送球をカッコ付きで「(1−6)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には牽制死が発生した3球目前(2球目後)に「’(タイミング記号)」を書きます。


キャッチャーによる牽制アウト

キャッチャーによる牽制アウト

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死三塁。2番打者の3球目時にキャッチャーが3塁(サード)へ牽制球を投げ、3塁走者がタッチアウトに」

 3塁走者(1番打者)の左下枠の上寄りに牽制死を表す「」とキャッチャーからサードへの送球をカッコ付きで「(2−5)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には牽制死が発生した3球目後に「’(タイミング記号)」を書きます。


牽制悪送球

牽制悪送球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目前にピッチャーが投げた1塁への牽制球がワンバウンドになってしまい、ファーストが捕球出来ず、ボールはファウルゾーンへ転がる。それを見た1塁走者は2塁へ進んだ」

 「ケ」記号は牽制死が発生したの場合のみに使用し、牽制悪送球などには使用しません。牽制悪送球は「守備の時の悪送球」と同じ書き方です。
 1塁走者(1番打者)の右上枠にピッチャーがファーストへ悪送球を表す「1E−3」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には牽制悪送球が発生した2球目前(1球目後)に「’(タイミング記号)」を書きます。
 この例では、ピッチャーの牽制球が「ワンバウンド=悪送球」となりましたが、ワンバウンド以外にも「捕球側の野手の手が届かないところへの牽制球」や「牽制球が走者に当たった」などによって走者が進塁した場合は、全て「牽制悪送球による進塁」ですので同じ書き方になります。
(参考:悪送球


牽制を捕球し損なってエラー

牽制捕球エラー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目後にキャッチャーが1塁へ牽制球を投げると、正面への送球にもかかわらずファーストが捕り損ない、ボールはファウルゾーンへ転がる。それを見た1塁走者は2塁へ進んだ」

 牽制捕球エラーによる走者の進塁ですので、牽制死の記号である「ケ」は使用しません。書き方としては「守備の時の送球捕球エラー」と同じ書き方です。
 1塁走者(1番打者)の右上枠にキャッチャーからの送球をファーストが捕球エラーを表す「2−E3」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には牽制悪送球が発生した3球目前(2球目後)に「’(タイミング記号)」を書きます。
(参考:送球を捕球エラー


打撃妨害

牽制から盗塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の初球前にピッチャーが1塁へ牽制球を投げると、1塁走者は1塁へ戻ろうとせずに2塁へ向かって走り出し、牽制球を捕ったファーストがショートへ送球したがセーフだった」

 ピッチャーが牽制をしましたが、走者は相手のエラーに助けられずに次塁へ進塁出来ました。このような場合、記録は盗塁となります。途中で挟撃プレーが起こった場合でも相手にエラーが無ければ盗塁になります。
 1塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁を表す「」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には盗塁が発生した初球前に「’(タイミング記号)」を書きます。
公認野球規則10・07(c)
盗塁を企てるか塁を追い出された走者が挟撃されて、失策を記録されない守備側の不手ぎわからアウトを免れて、次塁に進んだ場合には、その走者に盗塁が記録される。(後略)

(参考:盗塁


牽制で飛び出した走者が挟殺で牽制死

牽制で飛び出した走者が挟殺で盗塁刺

牽制から挟殺プレー

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の3球目前にピッチャーが1塁(ファースト)へ牽制球を投げると、反応が遅れた1塁走者は帰塁が出来ず、一二塁間に挟まれる。ファーストがセカンドへ送球し、1塁走者タッチアウト」

 牽制からの挟撃プレーにて走者が右往左往した場合、「走者がアウトになった時」にどちらの塁へ向かっていたか?によって、記録や記入が異なります。
 元の塁へ戻ろうとしていたなら、(左図a.)です。1塁走者(1番打者)の右上枠の下寄りに牽制死を表す「」とピッチャーからファースト、セカンドへ送球をカッコ付きで「(13−4)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には牽制死が発生した3球目前(2球目後)に「’(タイミング記号)」を書きます。

 次の塁へ進もうとしていたなら、(左図b.)です。挟撃されていましたがアウトになった時に「次塁へ進もうとしていた=盗塁刺」となります。1塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁刺を表す「CS」とピッチャーからファースト、セカンドへ送球をカッコ付きで「(13−4)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。これは帰塁時のアウトではありませんから、寄せずに真ん中に書けばOKです。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には盗塁刺が発生した3球目前(2球目後)に「’(タイミング記号)」を書きます。
公認野球規則10・07(h)
次に該当する走者が、アウトになるか、失策によってアウトを免れたと記録員が判断した場合にはその走者に盗塁刺を記録する。すなわち、(1)盗塁を企てた走者(2)塁を追い出されたために次塁へ進もうとした走者(元の塁に戻ろうとした後に次塁へ進もうとした走者も含む)(3)盗塁を企ててオーバースライドした走者がそれである。
【注二】塁を追い出された走者が、元の塁に戻ろうとしてアウトになるか、失策によってアウトを免れた場合には、その走者に盗塁刺を記録しない。

(参考:盗塁刺

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー