盗塁

盗塁,盗塁刺(盗塁失敗),重盗,三重盗。盗塁と判断してはダメな事例。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■盗塁

☆ポイント

 盗塁とは「守備のミスによらず、走者が自発的にスタートを切った進塁」のことです。野手のミス(ボールをこぼした等)を見てからスタートを切った場合には盗塁になりません。盗塁といえば「投手が投球している隙を突いて走ること」と思われがちですが、投球だけでなく、牽制や守備の油断を突いて進塁した時にも盗塁が記録されます。
 盗塁失敗のことは「盗塁死」と言わずに「盗塁刺(とうるいし)」と言います。音は同じですので会話時には問題ありません(笑)。理由はわかりませんが、守備側から見た表現を用語として採用しているわけです。別に「盗塁死」と書いても問題無いと(勝手に)思っています。以下の同義語は覚えておく方が便利です。

  • 盗塁=スチール
  • 重盗=ダブルスチール【二人の走者が盗塁】
  • 三重盗=トリプルスチール【三人の走者が盗塁】
  • 二盗=セカンドスチール【二塁へ盗塁】
  • 三盗=サードスチール【三塁へ盗塁】
  • 本盗=ホームスチール【本塁へ盗塁】

タイミング記号

タイミング記号

 盗塁や盗塁刺、暴投、捕逸、ボークなどといった「打者とは関係なく発生する進塁やアウト」を記入する時には、補助的な記号として「タイミング記号」なるものを用います。盗塁などのプレーを記入する枠と打席に入っている打者のボールカウント欄に同じタイミング記号を書くことによって、「このプレーは、この打者の○球目に発生したんだな」という関連性が明らかになります。
 プレーの関連性をつけるために用いますので、同じタイミング記号を(関連性の無い)違うプレーの記入に用いると、どの記入(ボールカウント欄)とどのプレーがセットなのかがわからなくなります。そこで区別を明確にする為に同一イニング攻撃内でタイミング記号を複数回使用する場合には記号を変える必要があります。異なるイニングでの複数回使用なら、ハッキリと区別がつくので変える必要はありません。当サイトでは「’」「”」「'''」と、コーテーションの点の数を増やしていく方法を用いています。同一イニングの攻撃で複数回必要な時は「’」「”」「'''」とコーテーションの本数を増やし、攻撃が終了して次の攻撃で必要になれば「’」からスタートです。


普通の二盗、三盗

普通の盗塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の初球に1塁走者が2塁へ盗塁。さらに4球目に3塁へ盗塁を決めた」

 盗塁が発生した場合、2人のスコアカードに記入する必要があります。1人目は「盗塁した走者」で、スコアカードに盗塁の記号を書きます。もう1人は「盗塁発生時の打者」で、ボールカウント欄に「どのタイミングで盗塁が発生したか」を表す記号を書きます。
 書き方ですが、1塁走者(1番打者)は盗塁を2回成功させました。まず2塁への盗塁ですが、2塁へ盗塁したので記入する箇所は右上枠です。右上枠に盗塁を表す「」を書き、それに「’(タイミング記号)」を加えます。次に3塁への盗塁ですので、左上枠が記入箇所になります。左上枠に盗塁を表す「」と「’’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者のカウント欄には盗塁が発生した時点で「’(タイミング記号)」と「’’(タイミング記号)」を書きます。盗塁を刺そうとしたキャッチャーがセカンドへ送球しましたが、この送球には意味が無い(その送球によって、アウトを取ったりエラーが発生したわけではない)ので書く必要がありません。


ディレードスチール

ディレードスチール

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。ピッチャーとキャッチャーが2番打者へ2球目を投げるためのサイン交換をしている時に1塁走者が2塁へ走り出し、それに気付いたピッチャーが慌てて2塁(ショート)へ送球したがセーフだった」
<例>
「無死一塁。1塁走者が大きなリードをしていたので2番打者の2球目前にピッチャーが1塁へ牽制球を投げた。すると1塁走者は1塁へ戻ろうとせず2塁へ走り出し、牽制球を受けたファーストが2塁(ショート)へ送球したがセーフだった」
<例>
「無死一塁。2番打者への初球後、キャッチャーが緩慢なプレーでピッチャーへ返球しようとしていたので1塁走者は2塁へ走り出し、キャッチャーが慌てて2塁へ送球したがセーフだった」

 これらの例は「ディレードスチール(ディレイドスチール)」と呼ばれるプレーです。普通の盗塁はピッチャーの投球動作に合わせて走者がスタートを切りますが、それ以外のタイミングでスタートを切った盗塁をまとめてディレードスチールと呼びます。スコアブックの記入や記録上では、普通の盗塁とディレードスチールの区別を一切つけませんので、普通の盗塁と同じように考えます。
 記入ですが、3つの例はプレーのシチュエーションこそ違いますが、全て「2球目前(初球後)に1塁走者が盗塁した」という同じプレーです。2塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁を表す「」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者のカウント欄には盗塁が発生した2球目前(初球後)に「’(タイミング記号)」を書きます。


盗塁時にキャッチャーが悪送球

盗塁時にキャッチャーが悪送球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目に1塁走者が2塁へ盗塁。キャッチャーは2塁(ショート)へ送球したが悪送球になり、ボールはセンターまで転がっていった。ランナーは2塁のまま」

 盗塁とはバッテリーの隙を突く行為です。キャッチャーの2塁への悪送球は、走者がバッテリーを焦らせた功績という扱いになり、キャッチャーにエラーは記録されません。この悪送球によって、盗塁した走者が更に進塁したり、他の走者が進塁した場合にはエラーが記録されます。
 記入ですが、この例ではキャッチャーの悪送球はエラーになりませんのでしたので書く必要がありません。1塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁を表す「」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者のカウント欄には盗塁が発生した2球目後に「’(タイミング記号)」を書きます。


盗塁刺

盗塁刺(盗塁失敗)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「一死一塁。2番打者の3球目に1塁走者が2塁へ盗塁を試みるもキャッチャーが2塁(ショート)へ好送球をし、タッチアウト。盗塁失敗」

 1塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁失敗を表す「CS」と「’(タイミング記号)」を書きます。そして盗塁を刺された経緯であるキャッチャーからショートへの送球を表す内容をカッコ付きで「(2−6)」のように書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者のカウント欄には盗塁失敗が発生した3球目後に「’(タイミング記号)」を書きます。

 「CS」は「Cut down a (base) Stealer(盗塁刺)」「Caught Stealing(盗塁失敗)」の略です。どちらも略せば「CS」なので、どちらが正しいとかは考えないで下さい(笑)。日本語では「盗塁刺・盗塁失敗」と1語の単語ですが、英語表記では文になります。大概の野球用語は、日本語なら単語なのに英語では文になります。


セカンドの捕球エラーによる盗塁刺

走者がセーフなのに盗塁刺を記録

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目に1塁走者が2塁へ盗塁。キャッチャーは2塁(セカンド)へ好送球をし、明らかにアウトのタイミングだったのにセカンドが落球し、ランナーにタッチ出来ず。ランナーは2塁セーフ」

 セカンドの捕球ミスさえなければ盗塁は失敗(アウト)でした。このような場合、走者が盗塁によって次塁へ進めたのに記録上は「盗塁失敗」となります。捕手には盗塁刺が記録され、捕球ミスした野手にはエラーが記録されます。もちろん走者の記録は盗塁失敗です。慣れないと違和感を感じるかもしれませんが、1塁走者は盗塁刺なのに2塁へ進んだことになるのです。感じとしては「内野ゴロを打ったのに野手のエラーによって出塁した」と同じようなものです。
 2塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁失敗を表す「CS」と「’(タイミング記号)」、盗塁刺の経緯であるキャッチャーからの送球をセカンドが捕球エラーをカッコ付きで「(2−E4)」と書きます。
 2番打者のカウント欄には盗塁刺が発生した2球目後に「’(タイミング記号)」を書きます。

※補足
 2つ上の例盗塁時にキャッチャーが悪送球で書いたように「キャッチャーからの送球が良ければ盗塁を刺せたであろう」と思われる場合は盗塁成功です。盗塁を刺そうとした送球が逸れただけ、という考えからです。「捕球が良ければ盗塁を刺せた」と思われる場合は盗塁失敗です。キャッチャーが盗塁を刺すためのお膳立てをしたのに野手の捕球ミスが台無しにした!という考えからです。なので、盗塁をアウトに出来なかったのに捕手には盗塁刺をつけてあげ、野手にはエラーをつけるのです。注意点は「野手が捕球ミスさえしなければアウトだった」という基準です。ランナーとの交錯プレーが原因で落球したり捕球出来なかった場合やキャッチャーからの送球がバウンドだった場合は該当しません。「難なく捕球が出来て、難なくタッチ出来たであろう」場合のみです(つまり、頻度が低い事例です)。


牽制で飛び出した走者が挟殺の末、盗塁

牽制で飛び出した走者が挟殺の末、盗塁刺

牽制から挟撃プレーが発生して盗塁

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の3球目前にピッチャーが1塁(ファースト)へ牽制球を投げると、反応が遅れた1塁走者は帰塁が出来ず、一二塁間に挟まれる。ファーストがセカンドへ送球し、1塁走者は2塁で……」

 牽制からの挟撃プレーにて走者が右往左往した場合、結果に伴う記録は以下の6パターンが考えられます。

  • 守備のミス(エラー)によって進塁 ⇒ エラーによる進塁
  • 守備のミス(エラー)によらず進塁 ⇒ 盗塁
  • 進塁しようとしている姿勢でアウト ⇒ 盗塁刺
  • 守備のミス(エラー)によって帰塁 ⇒ 記録無し(エラーが記録される場合も)
  • 守備のミス(エラー)によらず進塁 ⇒ 記録無し
  • 帰塁しようとしている姿勢でアウト ⇒ 牽制死

 このように牽制が発端で挟撃が発生しても走者がエラーによらず次塁へ進めれば盗塁が記録され、次塁へ向かおうとしている姿勢でアウトになれば盗塁刺になります。盗塁しようとした走者が途中で躊躇して挟撃が発生しても同じように考えます。この項では、盗塁の場合と盗塁刺の場合を解説します。

 盗塁成功になった場合が(左図a.)です。1塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁を表す「」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄に牽制からの盗塁が発生した3球目前(2球目後)に「’(タイミング記号)」を書きます。

 盗塁刺になった場合が(左図b.)です。1塁走者(1番打者)の右上枠に盗塁刺を表す「CS」とピッチャーからファースト、セカンドへ送球をカッコ付きで「(13−4)」、そして「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者のボールカウント欄には牽制からの盗塁刺が発生した3球目前(2球目後)に「’(タイミング記号)」を書きます。
公認野球規則10・07(c)
盗塁を企てるか塁を追い出された走者が挟撃されて、失策を記録されない守備側の不手ぎわからアウトを免れて、次塁に進んだ場合には、その走者に盗塁が記録される。(後略)
公認野球規則10・07(h)
次に該当する走者が、アウトになるか、失策によってアウトを免れたと記録員が判断した場合にはその走者に盗塁刺を記録する。すなわち、(1)盗塁を企てた走者(2)塁を追い出されたために次塁へ進もうとした走者(元の塁に戻ろうとした後に次塁へ進もうとした走者も含む)(3)盗塁を企ててオーバースライドした走者がそれである。
【注二】塁を追い出された走者が、元の塁に戻ろうとしてアウトになるか、失策によってアウトを免れた場合には、その走者に盗塁刺を記録しない。

(参考:盗塁刺)


ダブルスチール

重盗(ダブルスチール)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一三塁。3番打者の3球目に1塁走者と3塁走者がダブルスチールを成功させた」

 重盗は2人の走者が同時にスタートを切る必要はありません。1人の走者がスタートを切り、その走者を刺すためのプレーの隙を突いて、もう1人の走者がスタートを切っても構いません。拡大解釈すれば、一連のプレーで2人の走者が盗塁(のようなプレー)を成功させれば、重盗になります。
 3塁走者(1番打者)の左下枠には重盗を表す「DS」と「’’(タイミング記号)」を書きます。本盗なので得点が入りました。中心には得点を表す「」を書きます。
 1塁走者(2番打者)の右上枠には重盗を表す「DS」と「’’(タイミング記号)」を書きます。
 3番打者のカウント欄には盗塁が発生した3球目後に「’’(タイミング記号)」を書きます。


トリプルスチール

三重盗(トリプルスチール)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「二死満塁。4番打者の4球目に3人の走者が走り出し、トリプルスチールを成功させた」

これも重盗と同じく、3人の走者が同時にスタートを切る必要はありません。まあ、お目にかかれないプレーです。私は生で見たことがありません。
 3塁走者(1番打者)の左下枠には三重盗を表す「TS」と「’(タイミング記号)」を書きます。そして中心には得点を表す「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)の左上枠には三重盗を表す「TS」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 1塁走者(3番打者)の右上枠には三重盗を表す「TS」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 4番打者のカウント欄には盗塁が発生した4球目後に「’(タイミング記号)」を書きます。


暴投による進塁

走塁ミスによる盗塁刺

盗塁ではありません(1)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者への初球が暴投になり、キャッチャーは捕球出来ず。それを見た1塁走者は2塁へ進んだ」

 1塁走者が2塁へ向かって走り出したのは自発的なスタートによるものではなく、バッテリーエラー(暴投や捕逸)が発生したのを見てからスタートしました。このような場合は盗塁にならず、暴投(または捕逸)による進塁になります。
 1塁走者(1番打者)の右上枠に暴投を表す「」と「’(タイミング記号)」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に暴投が発生した初球後に「’(タイミング記号)」を書きます。
(参考:暴投捕逸)

 上記のような「バッテリーエラーが原因の進塁」は盗塁にならないと書きましたが、このようなプレーの結果、「走者がアウトになった場合」も盗塁刺になりません。例えば、

<例>
「無死一塁。2番打者への初球が暴投になり、キャッチャーは捕球出来ず。それを見た1塁走者は2塁へ走り出したが、急いでボールを拾い直したキャッチャーが2塁(ショート)へ送球し、タッチアウトに」

といったプレーの場合、暴投が原因による走者の進塁が発生しませんでしたので「記録上の暴投」はつきません。走者も「バッテリーエラーが発生した」と推定して走り出しましたので、自発的なスタートとは言えません。つまり、走者の記録は盗塁刺ではなく、判断ミスによる「走塁死」となります。
 1塁走者(1番打者)の右上枠にはキャッチャーからショートへの送球を表す「2−6」と「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はボールカウント欄に走塁死が発生した初球後に「’(タイミング記号)」を書きます。


送球の間の進塁

盗塁ではありません(2)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者の初球に2塁走者と1塁走者が同時に盗塁を試みたが、キャッチャーがサードへ送球し、2塁走者はタッチアウト。1塁走者は2塁へ到達した」

 このプレーを「3塁走者は盗塁刺、1塁走者は盗塁」と判断してはダメです。正しくは「3塁走者は盗塁刺、1塁走者は3塁走者を刺す為の送球の間に進塁」ということになり、盗塁は1つも記録されません。
 2塁走者(1番打者)の左上枠に盗塁失敗を表す「CS」と「’(タイミング記号)」を書き、盗塁を刺された経緯であるキャッチャーからサードへの送球を表す「(2−5)」を書きます。中心には「アウトカウント」も書きます。
 1塁走者(2番打者)は2塁走者(1番打者)が盗塁刺の間に進塁しましたので、右上枠には1番打者を表す「丸1」を書きます。この「丸1」が表す内容が、1番打者の左上枠の内容である盗塁刺なのです。このように書くことによって「2番打者の2塁への進塁は1番打者が要因、該当するのは左上枠の盗塁刺だな」とわかることになります。
 3番打者のボールカウント欄には盗塁(失敗)などが発生した初球後に「’(タイミング記号)」を書きます。


振り逃げ失敗の間に進塁

盗塁ではありません(3)

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死二塁。2番打者は空振り三振をしたが、投球がワンバウンドになり捕手が捕球出来ず。それを見た2塁走者は走り出し、打者は振り逃げを試みたが、ボールを拾い直した捕手が一塁へ送球し、打者はアウト。2塁走者は3塁へ進めた」

 2塁走者が3塁へ進みましたが盗塁ではありません。暴投(捕逸)による進塁でもありません。このプレーは「(振り逃げを阻止する為の)送球の間に進塁」という記録になります。
 2塁走者(1番打者)の左上枠には2番打者を表す「丸2」を書きます。これが振り逃げ阻止の送球を表すことになります。
 1塁走者(2番打者)は右下枠にキャッチャーがファーストへ送球して振り逃げ失敗を表す「K2−3」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。


盗塁にならず、野手選択。

記録上、盗塁になりません

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の4球目に1塁走者が盗塁を試みたが、キャッチャーは盗塁に気付いているのに2塁へ投げようともしなかった。盗塁成功」

 普通の盗塁成功のようですが、平成二十年の野球規約改正で日本でも守備側に盗塁を阻止しようという動作が見られなかった場合には「守備側の無関心」として盗塁にはならず、野選になるようになりました。米国では以前から適用されていたルールです。「守備側の無関心」が何を指すかと言えば、点差が大量に開き「盗塁を刺す・成功させるという行為に勝敗への影響が無い」という状態で走者が盗塁を行ったものの、

  • ピッチャーが牽制(の素振り)をしなかった
  • 盗塁先のベースカバーに誰もいない
  • キャッチャーが送球しなかった

などといった「盗塁を阻止する気が無いような行動」を守備側が取った場合です。まあ、定義が曖昧なルールなのは確かですし、一応現状ではプロ野球のみに適用する方向なので、この項の内容は無視しても構いません。

 1塁走者(1番打者)の右上枠には野選を表す「FC」と「’(タイミング記号)」を書きます。この野選には「誰の野選か?」という明確さがありませんので野手記号は書きません。
 2番打者のカウント欄には野選が発生した4球目後に「’(タイミング記号)」を書きます。

ページ最上部へ▲

記入の対象が打者(または打者走者)+走者といった「複数の選手」に係る記入を集めた中級者向けコーナー