打順間違い

「打順間違い」の考え方と記入処理。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■打順間違い

☆ポイント

 「打順間違い」とは、n番打者の打順なのに「他の打順の打者」が打席に入ることです。審判は打順間違いに気付いても黙認します。アピールできるのは相手チームのみです。打順間違いがアピールされると、「その打者の打席中(ボールカウント中)」か「打撃後」かによって処置が変わります。

打席中にアピールされた場合
 正規の順番の打者がボールカウントを引き継いで打席に入り直します。例えば、本来は2番打者B君の打順なのに4番打者D君が打席に入り、カウント1−2の場面で打順間違いをアピールされれば、カウント1−2の状態を引き継いでB君が打席に入ります。攻撃側から見れば、打順間違いというミスをアピールされたにもかかわらず、全くペナルティーを受けないわけです。

打撃後にアピール(ピッチャーが次打者へ投球するまでならアピール有効)された場合
 その打撃結果は無効となり、打者はアウト。走者も打撃前の塁へ戻されます。しかもアウトがつくのは打順を間違えた打者ではなく、正規の順番の打者(間違えられた打者)に記録されます。例えば、本来は2番打者B君の打順なのに4番打者D君が打席に入り、センター前ヒットやセカンドゴロなどを打ち、走者も進塁(得点)したとします。その直後に打順間違いをアピールされれば、進塁(得点)した走者は元の塁に戻され、打者はヒットを打っていたとしても出塁は取り消され、アウトになります。しかもこのアウトはD君ではなくB君に記録されます。そして次打者はC君です。

 打順を間違えても打撃完了後にアピールされなければ正規となります。例えば、本来は2番打者B君の打順なのに4番打者D君が打席に入り、ヒット(フライ)を打つ。相手チームから打順間違いをアピールされなければ、正規の次打者は5番打者E君です(3番打者C君ではありません)。

 注意点は、「打順間違い」とは他の打順の打者が打席に入ることです。打順に組まれていないベンチ内選手が打席に入った場合(代打の申告忘れ)や出場資格の無い者(交代済み選手やメンバー表に載っていない人)が打席に立った場合は打順間違いではありません。これらの場合の処置は審判や連盟などが判断します。


打席中に打順間違いをアピールされる

打席中にアピール

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「1番打者の打順なのに2番打者が打席に入る。カウント0−2の時に守備側が打順間違いに気付き、審判にアピール。1番打者が打席に入り直した」

 スコアブックをつける時は、必ず打席に入った打者の背番号を見て、正規の順番の打者かどうかを確認しましょう。そうすれば、打順間違いが発生したり、代打の申告漏れがあっても記入に困りません。

 まず、打順間違いを犯した2番打者が打席に入りましたが、スコアブック記入者は2番打者が打席に入った段階で打順間違いに気付いて、ボールカウントを2番打者のスコアカードに書かなければなりません。もし、記入者が打順間違いが発生していることに気付かなければ、延々と間違った打者のスコアカードに記入し続けることになる恐れがあります。
 2番打者のカウント欄に「ボールカウント」を書きます。ボールカウント2−2の時点で打順間違いがアピールされ、正規打者である1番打者が打席に入りましたので、1番打者のボールカウント欄に「2番打者のスコアカードに記入していたボールカウント」を書き写し、2番打者のボールカウント欄は消します。

 このように打席中に打順間違いをアピールしても守備側にはメリットがありませんので、打撃直後にアピールした方がお得です。


打席中に打順間違いを自らアピール

打席中に味方がアピール

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「1番打者の打順なのに3番打者が間違えて打席に入る。カウント0−1の時に1番打者本人が打順間違いに気付いたのでバッターボックスへ向かい、3番打者に『俺の打順だぞ』と言った。審判はそれを認め、1番打者が打席に入り直した」

 打席中に味方(攻撃側)が審判に打順間違いを申し出ると、現在のボールカウントを引き継いで、正規の打者が打席に入れます。ペナルティーは一切ありません。

 3番打者のカウント欄に「ボールカウント」を書きます。ボールカウント0−1の時点で打順間違いがアピールされ、正規打者である1番打者が打席に入りましたので、1番打者のボールカウント欄に「3番打者のスコアカードに記入していたボールカウント」を書き写し、3番打者のボールカウント欄は消します。


アウトになった打撃後に打順間違いをアピールされる

打撃(アウト)後にアピール

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁。次は2番打者の打順なのに3番打者が間違えて打席へ入る。3番打者の打球はサードゴロ。サードはファーストへ送球し、3番打者はアウト。1塁走者は2塁へ。ここで守備側は打順間違いに気付き、アピール。2塁へ進んだ1塁走者は1塁へ戻された」

 打順を間違えた3番打者はサードゴロでしたが打順間違いをアピールされました。このサードゴロの記録が正規の打者であった2番打者の打撃記録となります。また、一度は2塁へ進んだものの1塁へ戻された1塁走者は、始めから2塁へ進塁出来なかったものと考えればOKです。

 1塁走者(1番打者)は進塁出来なかったので何も書きません。書いてしまった右上枠の内容を消すだけです。
 3番打者は右下枠に「サードゴロ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。そして、打順間違いをアピールされましたので、2番打者のスコアカードに「3番打者のスコアカードに記入した内容」を書き写し、3番打者のスコアカードは消します。
 打順間違いがアピールされたことによって2番打者の打撃が終了した(アウトになった)ことになりますので、次打者は3番打者です。3番打者への記入は先ほど消去した3番打者のスコアカードに上書きする形になります。


ヒットになった打撃後に打順間違いをアピールされる

打撃(ヒット)後にアピール

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一塁。次は2番打者の打順なのに3番打者が間違えて打席へ入る。3番打者の打球はライト前ヒット。1塁走者は一気に3塁へ進んだ。ここで守備側は打順間違いに気付き、審判にアピール。3番打者はアウトを宣告され、3塁へ進んだ1塁走者は1塁へ戻された」

 打順を間違えた3番打者はヒットを打ったものの打順間違いをアピールされました。このような場合、ヒットを打った事実は取り消され、「打順間違いによるアウト」という記録が正規の打者であった2番打者につきます。また、3塁へ進んだものの1塁へ戻された1塁走者は、始めから3塁へ進塁出来なかったものと考えればOKです。

 1塁走者(1番打者)は進塁出来なかったので何も書きません。書いてしまった左上枠と右上枠の内容を消すだけです。
 3番打者は右下枠に「ライト前ヒット」を書きます。そして、打順間違いをアピールされましたので、2番打者のスコアカードに「3番打者のボールカウント」を書き写します。右下枠には打順間違いによるアウトを表す「×」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。「×」という記号は「その他のアウト」的な役割で用いますので、打順間違いによるアウトを表すために補足として「欄外に注釈」を加えます。3番打者のスコアカードは消します。
 打順間違いがアピールされたことによって2番打者の打撃が終了した(アウトになった)ことになりますので、次打者は3番打者です。3番打者の記入は先ほど消去した3番打者のスコアカードに上書きする形になります。

ページ最上部へ▲