ベースの踏み忘れ

走者がベースの踏み忘れをアピールされアウトになった場合の書き方。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■ベースの踏み忘れ

☆ポイント

 走者や打者走者が「あるベース」を踏まずに次の塁へ進んだ場合、守備側が「その走者のベース踏み忘れ」を審判にアピールすれば、踏み忘れた走者がアウトになります。ベースを踏み忘れただけではアウトになりませんし、審判は走者のベース踏み忘れを目撃しても黙っています。ボールを所持した野手がそのベースに触れた状態で審判に「走者のベース踏み忘れ」をアピールすればアウトになります。
 スコアブックをつける上での注意点は、ベースの踏み忘れが「何アウト目で、誰が何塁を踏み忘れたか?」によって、記録や書き方が異なる点です。この理屈さえ覚えてしまえば難しくありません。


打者走者が1塁ベース踏み忘れ
打者走者が1塁ベース踏み忘れ

打者走者が1塁を踏み忘れ

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「ランナー二三塁。3番打者の打球はライト前ヒットに。3塁走者と2塁走者が続けて生還し、ライトが本塁へ送球している間に打者走者は2塁へ進んだ。しかし、キャッチャーからボールをもらったファーストが打者走者の1塁ベース踏み忘れを審判にアピールし、アピールが認められ打者走者はアウトになった」

 打者走者が1塁ベースの踏み忘れでアウトになったということは、打者走者が1塁へ到達しなかった=出塁出来なかったことになります。出塁できなかったのですから、打者の記録は「ヒット」になりません。
 書き方ですが、「3番打者の打撃時のアウトカウント」によって2パターンに分かれます。

※無死か一死の場合
(左図a.)打者走者の1塁踏み忘れアウトによりアウトカウントが1つ増えますが、2,3塁走者の得点は認められます。2,3塁走者は、3番打者の記録がヒットだろうがベース踏み忘れでアウトだろうが「3番打者の打撃によって生還出来た」ということになります。
 3塁走者(1番打者)は左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、中心に得点を表す「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)は左下枠に3番打者を表す「丸3」を書き、左上枠から左下枠の「丸3」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心に得点を表す「」を書きます。
 3番打者は右下枠にアウトの要因を書くのですが、この例文ではファーストが審判に踏み忘れをアピールする為にキャッチャーから送球をもらいました。こういった場合、便宜上ですが打者の記録はキャッチャーゴロになります。もう少し細かく説明しますと、打球(ライト前ヒット)を捕ったライトは走者をアウトにしようとしてキャッチャーへ送球しました。ライトのプレー(打球を捕ってからキャッチャーへ送球)は、打者走者の1塁踏み忘れをアピールする行為に何ら関係が無い(貢献していない)ということになります。ライトからの送球を受けたキャッチャーは、審判へアピールプレーをしたいファーストへ送球しました。このプレー(ライトから返球を受けたキャッチャーがファーストへ送球)は間違いなく、アピールプレーを補佐しています。つまり、「キャッチャーが補殺、ファーストが刺殺」となり、「キャッチャーゴロ」と同じ扱いになるのです。3番打者の右下枠には「上向きのカッコ」と「2−3」、中心に「アウトカウント」を書きます。
 さすがにこの表記だけでは後々に記入内容を理解できないので「欄外に注釈」を加えます。

※二死の場合
(左図b.)打者の1塁ベース踏み忘れアウトにより3アウトです。打者は出塁していないこと(ヒットが取り消しになり、1塁でアウト)になりますので、2,3塁走者の得点や進塁は無効になります。
 3塁走者(1番打者)と2塁走者(2番打者)は中心に「残塁」を書くだけです。
 3番打者は右下枠に「上向きのカッコ」と「2−3」、中心に「アウトカウント」を書きます。
 そして「欄外に注釈」を加えます。


打者走者が2塁ベース踏み忘れ

打者走者が2塁を踏み忘れ

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「ランナー二塁。2番打者の打球はライト線を破る。2塁走者は生還し、打者走者は3塁まで進んだ。しかし、ライトからの返球を受けたセカンドが打者走者の2塁ベース踏み忘れを審判にアピールし、アピールが認められ打者走者はアウトになった」

 打者走者は2塁ベースの踏み忘れでアウトになりましたが、これは「2塁でアウト」なだけであり、1塁へ出塁したことは取り消しになりません。つまり、打者の記録としては3塁まで進んだのではなく1塁まで進んだ=スリーベースではなくシングルヒット、ということになります。打者の出塁が認められるのですから、アウトカウントに関係なく2塁走者の進塁と得点も有効です。
 2塁走者(1番打者)は左下枠に2番打者を表す「丸2」を書き、左上枠から左下枠の「丸2」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心に得点を表す「」を書きます。
 打者走者は右下枠にライト線を抜けるヒットを表す「」「」「」を書き、右上枠にはアウトの要因である(アピールするために)ライトからファーストへ送球を表す「9−3」を書きます。これらは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして「欄外に注釈」を加えます。


打者走者が3塁ベース踏み忘れ

打者走者が3塁を踏み忘れ

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「センターオーバーのホームラン。打者はダイヤモンドを1周して生還したが、サードが3塁ベース踏み忘れをアピールし、アピールが認められ打者はアウトになった」

 3塁ベースの踏み忘れでアウトになりましたが、これは「3塁でアウト」なだけであり、2塁まで進塁したことは取り消しになりません。つまり、打者の記録はホームランではなく、ツーベースということになります。仮に他のランナーがいたとすれば、アウトカウントに関係なく得点は有効です。
 右下枠と右上枠にツーベースを表す「」を書き、右下枠にセンターオーバーを表す「」「」を書きます。左上枠にはアウトの要因を書きますが、ホームランはスタンドに打球が入った時点でボールデッドになりますので新しいボールが球審から(キャッチャーを経由して)ピッチャーに渡されます。ベース踏み忘れをアピールするサードはピッチャーからボールをもらうことになりますので、それを表す「1−5」を書きます。これらは一連のプレーですので左上枠と右上枠を「継続線」で結びます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 そして「欄外に注釈」を加えます。


走者がベースを踏み忘れ、打者のヒットが無効
走者がベースを踏み忘れ、打者のヒットが取消に

走者がベースを踏み忘れ(ヒット取消)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「ランナー一塁。2番打者の打球はレフトの頭上を越える。1塁走者は3塁へ、打者走者は2塁へ進んだ。しかし、レフトからショートを経由してボールをもらったセカンドが1塁走者の2塁ベース踏み忘れを審判にアピールし、アピールが認められ1塁走者はアウトになった」

 1塁走者が2塁ベースを踏まずにアウトになったという事は、進塁義務のあった1塁走者が1つも進塁出来なかったということです。「ヒット」が成立するための条件の1つに「進塁義務のある全走者が1つ以上進塁する」というのがありますが、この条件をクリア出来なかったことになります。つまり、打者はレフトオーバーの打球を打ちながら、記録はヒットにならないのです。書き方ですが、「2番打者の打撃時のアウトカウント」によって2つに分かれます。

※無死か一死の場合(左図a.)
 1塁走者(1番打者)は右上枠にアピールアウトをするために要した送球(レフトからショート経由でセカンド)を表す「76−4」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はレフトオーバーの打球を打ったものの1塁走者が2塁でアウトになったのですからレフトゴロという扱いになります。右下枠に「上向きのカッコ」と「7−」を書きます。2塁への進塁は「記録に付かない進塁」になりますが、ちょうどアピールアウトのための野手の送球を表した記入が1番打者(の右上枠)にありますので、利用します。右上枠にはそれを表す「丸1」を書きます。これらは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。
 あとは「欄外に注釈」を加えます。

※二死の場合(左図b.)
 1塁走者(1番打者)は右上枠にアピールアウトの要因であるレフトからショート経由でセカンドへ送球を表す「76−4」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。。
 2番打者はレフトオーバーの打球を打ったものの1塁走者が2塁でアウトになったのですからレフトゴロということになります。右下枠に「上向きのカッコ」と「7−」を書きます。実際のプレーでは2塁まで進めましたが、1塁走者が2塁でアウトになって3アウトなので、打者走者が2塁へ進めるハズがありません。記録上は打者は1塁までしか進めなかったことになります。右上枠には何も書かず、中心に「残塁」を書くだけです。「欄外に注釈」を加えます。


走者がベースを踏み忘れ、得点が取消に

走者がベースを踏み忘れ(得点取消)

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「二死満塁。4番打者の打球はライト線を抜ける。3人の走者が生還し、打者走者は3塁まで進んだ。5番打者への初球を投げる前にキャッチャーがピッチャーにボールを要求し、ボールをもらったキャッチャーが2塁走者のホームベース踏み忘れを球審にアピールし、アピールが認められ2塁走者はアウトになった」

 「アピール権」は次打者へ1球目を投げるまで有効ですから、この例のような「プレーの流れが完全に途絶えた後」にアピールプレーがあることは珍しくありません。
 さて、2アウトの状態でベースの踏み忘れが発生したのですから3アウトになります。走者が3人還りましたが、「何点入ったことになるのか?」を注意して考えます。
 基本的な考え方として、二死でベースの踏み忘れがあった場合……

ベースの踏み忘れアウトが封殺だった場合
全ての進塁や得点が無効。

ベースの踏み忘れアウトが封殺ではなかった場合
ベースを踏み忘れた走者より前にいる走者の得点は有効。後ろにいる走者の得点は無効。

この例文ですと、2塁走者の本塁踏み忘れですから、後者が該当します。

 まず、2塁走者は本塁の踏み忘れでアウトですから3塁へ進塁した記録は有効です。3塁までの進塁が有効だという事は、進塁義務のある走者(この場合満塁なので3人の走者)が全員1つ以上進塁したことになりますので、打者の打撃記録はヒットです。そして、2塁走者がホームベース踏み忘れで3アウトなので、2塁走者の後ろの走者である1塁走者は得点(本塁への進塁)が認められずに3塁までしか進めなかったことになります。1塁走者が3塁でストップしたことになってしまいますので、打者走者は自動的に2塁までしか進めなかったことになり、打撃記録もスリーベースではなくツーベースになってしまいます。

 3塁走者(1番打者)は4番打者の打撃によって得点しましたので左下枠に4番打者を表す「丸4」を書き、中心に得点の「」を書きます。
 2塁走者(2番打者)は4番打者の打撃によって3塁へは進めましたので左上枠に4番打者を表す「丸4」を書きます。そして、ホームベース踏み忘れでアウトの要因である(アピールする為に)ピッチャーがキャッチャーへ送球を表す「1−2」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。これらは一連のプレーですので左上枠と左下枠を「継続線」で結びます。
 1塁走者(3番打者)は3塁までしか進んでいないことになってしまいました。4番打者の打撃によって3塁へ進めましたので左上枠に4番打者を表す「丸4」を書き、右上枠から左上枠の「丸4」へ向かって「1本の曲線」を引きます。中心に「残塁」を書きます。
 4番打者は記録がツーベースになってしまいました。右下枠と右上枠にツーベースを表す「」を書き、右下枠にライト線抜けるを表す「」「」を書きます。中心に「残塁」を書きます。
 あとは補足として「欄外に注釈」を加えます。

ページ最上部へ▲