反則打球

バッターボックスから足が出た状態でボールを打つ「反則打球」の書き方。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■反則打球

☆ポイント

 反則打球とは片足(両足)がバッターボックスの外側に完全に出た状態で投球を打つ反則です。「反則打球」という名称ですが「反則打撃」と考えた方がわかりやすいと思います(こんな事を書くと、名称を間違えて覚える原因になりそうですが……)。
 反則打球が適用されるのは「足がバッターボックスから完全に出た状態」ですので、バッターボックスの白線(枠線)を踏んでいる状態はセーフです(白線はバッターボックスの一部と見なす)。よく、「ホームベースを踏んで打撃をすれば打者はアウト」と言われますがそんなルールは無く、足がバッターボックスから出ればアウトになるだけです。ホームベースを踏んでいる状態でもその足の「踵(かかと)」がバッターボックス内に残っていれば問題ありません。
 また、投球を「打つ」ことが反則打球の条件ですので、空振りや見逃しといったバットとボールが触れなかった時には適用されません。投球を打ちさえすれば、フェア打球はもちろん、ファウルやファウルチップ、バントでも適用されます。
 これらの条件が揃い、審判が反則打球を宣告すると反則打球は成立します。打者や捕手が「あっ!」と思っても審判が宣告しなければ反則打球になりません。

 反則打球が発生した場合の処置はシンプルです。打者は即アウトになり、走者は元の塁に戻る。打球に関するプレーは全て無効。これだけです。記録上は捕手に刺殺が付きます。反則打球は明らかな打者のミスですので、打数に含みます(打率が下がります)。打者の打撃記録は「反則打球」という凡打扱いになります。


ヒットが反則打球でアウト

ヒットが反則打球

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「センター前にヒット。かと思われたが、打撃時に打者の足がバッターボックスから出ていたので審判が反則打球を宣告し、打者はアウトに」

 打撃内容に問わず、審判が反則打球を宣告すれば打者はアウトです。右下枠に打撃妨害を表す「×」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。「×」という記号は反則打球だけでなく、「その他のアウト」的な役割で用いますので、反則打球を表すために補足として「欄外に注釈」を加えます。センター前へ打った事に関しては一切書きません。


ファウルが反則打球でアウト

ファウルが反則打球

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「4球目を打ち、ファウル。かと思われたが、打撃時に打者の足がバッターボックスから出ていたので審判が反則打球を宣告し、打者はアウトに」

 右下枠に打撃妨害を表す「×」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。反則打球を表すために補足として「欄外に注釈」を加えます。ファウルを打った事に関しては一切書きません。


反則打球で走者は元の塁へ

反則打球で進塁が無効に

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「一死一塁。9番打者はファーストへゴロを打ち、ファーストが1塁ベースを踏み打者走者アウト、1塁走者は2塁へ進塁。かと思われたが、打撃時に打者の足がバッターボックスから出ていたので審判が反則打球を宣告し、打者はアウトに。1塁走者は1塁へ戻された」

 1塁走者(8番打者)は9番打者の打撃によって2塁へ進めたかに見えましたが、9番打者の反則打球によって1塁へ戻されました。結局、1塁走者は進塁にもアウトにもなっていませんので何も書きません。
 9番打者は右下枠に打撃妨害を表す「×」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。反則打球を表すために補足として「欄外に注釈」を加えます。ファーストゴロに関しては一切書きません。


スクイズ時の反則打球

スクイズ時の反則打球

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一三塁。8番打者は3球目にスクイズを試みたがバッテリーに察知され、投球を大きくウエストされた。8番打者は必死になって投球にバットを当てたが、バッターボックスから足が大きく踏み出しており、反則打球が宣告されてアウトになった。3塁走者は3塁へ、1塁走者は1塁へ戻された」

 この例文のプレーですが、2005年以前は打者の行為(バッターボックスから出てスクイズ)が3塁走者をアウトにしようとするキャッチャーへの守備妨害だと判断され、「3塁走者がアウト、打者はアウトにならず」という処分になっていました。現在は守備妨害ではなく反則打球が適用され、「打者がアウト、3塁走者は3塁へ戻る」という処理に変わりました。「3塁走者だけがアウト」と「打者だけがアウト」を比較すると、攻撃側から見れば明らかに後者の方が得ですので、攻撃側に有利な変更となりました。

 3塁走者(6番打者)と1塁走者(7番打者)は進塁にもアウトにもなっていませんので何も書きません。
 8番打者は右下枠に打撃妨害を表す「×」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。反則打球を表すために補足として「欄外に注釈」を加えます。例文ではバント(スクイズ)の打球がフェアかファウルかに関しては一切触れていませんが、どちらでも同じ反則打球という結果です。スコアカードにはバントに関しては一切書きません。

ページ最上部へ▲