隠し球

ボールを隠し持っている野手が離塁した走者にタッチする「隠し球」の書き方。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■隠し球

☆ポイント

 隠し球とは、走者に気付かれないようにボールを隠し持っている野手が、走者が離塁(リード)した時にタッチしてアウトにするプレーの呼称です。隠し球のことを卑怯という人もいれば、頭脳プレーという人もいますし、走者がマヌケなだけという人もいます。隠し球はこのような性質を持っていますので、少年野球では禁止事項にしている連盟や大会、チームなどがありますが、隠し球という行為は公認野球規則で禁止されていません。まあ、禁止されていないどころか、「隠し球」という言葉は定義すらされていません(笑)
 「隠し球」という名称はプレーを表したものではなく、行為(流し打ち・ヒットエンドラン・ファインプレーなど)を表す名称です。スコアブックをつける上でも「隠し球」という記号は存在しません。普通のタッチプレー(刺殺)と同じだと考えて下さい。

 記入上の注意点が1つあります。発生した隠し球が「その直前のプレーと一連の流れ」か、「プレーの流れが一旦中断した後の別のプレー」かを判断して下さい。これによって書き方が異なってきます。簡単に判断する方法として、野手がボールを投手に返球した(しようとした)後に隠し球が発生すれば、それまでのプレーと隠し球を別々のプレーと判断し、そうでなければ一連のプレーと判断する、といった感じです。


ヒット+隠し球

ヒット⇒隠し球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「センター前ヒット。センターからセカンド、ファーストへと返球が送られた。打者走者はファーストがボールを隠し持っていることに気付かずにリードしたところ、ファーストにタッチされアウト」

 右下枠にセンター前ヒットを表す「」「」「」を書きます。そして右上枠の下寄りにアウトになった要因であるファーストがタッチを表す「−3」を書きます。中心に「アウトカウント」を書きます。これらは一連のプレーですので右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。
 右上枠にはセンター前ヒット後の送球経緯である「84−3」と書いても構いませんが、センター&セカンドからの送球と隠し球とは関係性が希薄ですので、「−3」だけの方がベターです。記録上もセンターとセカンドに補殺は記録されません。
 また、右上枠に「−3」だけが書かれていると、右下枠のセンター前ヒットと直接結ぶことが出来ませんので、「ファーストが打者走者をタッチアウト=走塁死、つまり隠し球かな?」と推測することが可能になります。


進塁+隠し球

進塁⇒隠し球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の打球はライト前ヒットになり、1塁走者は2塁へ。ライトからセカンド、ショートへと返球が送られた。2塁走者はショートがボールを隠し持っていることに気付かずにリードしたところ、ショートにタッチされアウト」

 1塁走者(1番打者)は2番打者の打撃によって2塁へ進みましたので右上枠に2番打者を表す「丸2」を書きます。そして左上枠の右寄りにアウトになった要因であるショートがタッチを表す「−6」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。これらは一連のプレーですので右上枠と左上枠を「継続線」で結びます。左上枠には「94−6」と書いても構いませんが、ライトとセカンドには補殺が記録されませんので「−6」の方がベターです。
 2番打者は右下枠にライト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。1塁走者がアウトになりましたが、2塁へ進塁しましたのでヒットは成立します。


牽制+隠し球

牽制⇒隠し球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者の2球目前にピッチャーが1塁へ牽制。牽制球を捕ったファーストはピッチャーに返球したフリをしてボールを隠し持ち、1塁走者がリードしたところをタッチアウト」

 1塁走者(1番打者)は隠し球でアウトになりましたが、プレーの流れから見て牽制死と考えて問題ありません。右上枠の下寄りにピッチャーからファーストへの牽制死を表す「ケ(1−3)」と「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はカウント欄に「’(タイミング記号)」を書きます。普通の牽制死の場合と全く同じ書き方ですが、特に書き方を分ける必要は無いと思います。
 「これは牽制死ではない!」と考え、そのように記入したい方は次の項目「プレーの流れが止まった後の隠し球」の書き方と同じになります。


隠し球

プレーの流れが止まった後の隠し球

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「1番打者はレフト前ヒットを打つ。レフトからセカンド、ピッチャーへ返球が送られた。2番打者へ初球を投げる前にファーストがマウンドへ歩み寄り、ピッチャーと言葉を交わしながら密かにボールを受け取り隠し持った。ファーストは1塁ベースに戻り、1塁走者がリードしたところをタッチアウト」

 1塁走者(1番打者)は右上枠の下寄りにアウトになった要因であるファーストがタッチを表す「−3」と「’(タイミング記号)」を書きます。中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者はカウント欄に「’(タイミング記号)」を書きます。


隠し球未遂のボーク

隠し球でボーク

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「ライト前ヒット。ライトからセカンド、ファーストへと返球が送られた。ここで守備側は隠し球を画策。ファーストがボールを隠し持ち、それをごまかす為にピッチャーは投球板近くでボールを持っているかのような仕草を行っていた。この行為を見た審判はピッチャーのボークと見なし、1塁走者に2塁への進塁を認めた」

 ボールを所持していないピッチャーが、投球に関する動作(投手板を踏むかのような動作、キャッチャーとサイン交換など)を行うとボークになります。ピッチャーが隠し球の演技に夢中になるとボークの可能性が高まるという事です。
 右下枠にライト前ヒットを表す「」「」「」を書きます。2塁へ進んだ要因はボークですので右上枠に「bk」を書きます。このヒットとボークは一連のプレーですので、右下枠と右上枠を「継続線」で結びます。

 この記入例では、ヒットとボークを一連のプレーであると位置付けましたが、「次打者への初球前」という扱いにして、次打者のボールカウント欄に「’(タイミング記号)」を書き、1塁走者の右上枠に「'bk」と書いても何ら問題ありません。
(参考:ボーク

ページ最上部へ▲