インフィールドフライ

併殺を狙うため、ノーバウンドの打球をワザと落球するという反則行為「インフィールドフライ」の書き方。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■インフィールドフライ

☆ポイント

 インフィールドフライとは「無死か一死で、走者が一二塁か満塁の状態の時に打者のフェアフライを内野手が通常の守備を行えば容易に捕球できるであろう」時に審判が宣告することによって打者が即アウトになるプレーです。野手がフライを捕球する/しないに関係なく、フライが上がっている(打球が空中にある)状態で宣告され、打者が即アウトになります。フライをワザと捕球しないことによって複数の走者を併殺にしようとするズルを防止する目的のルールです。もちろん、インフィールドフライかどうかを判断するのは審判です。インフィールドフライの条件に合致したと思われるフライが飛んでも審判がインフィールドフライを宣告しなければ、インフィールドフライになりません。

 インフィールドフライを覚えるためのポイントが3つあります。
 1つは「フライに対してのみ」宣告されます。ライナーは対象外で、フライでもバントの打球ならば対象外です。
 2つめは「フェア打球のみ」が対象です。インフィールドフライが宣告されたもののフライが落ちた地点がファウルゾーンの場合はインフィールドフライが取り消されます。
 3つめは「実際にフライを捕球する野手は誰でも良い」という点です。内野手が容易に捕球できるであろうフライならば、外野手が捕球してもOKです。極端な例えですが、セカンド定位置に上がったフライをセンターが猛ダッシュで前進して捕球してもインフィールドフライの対象になるわけです。

 なお、「インフィールドフライ」という記号は存在しません。インフィールドフライは補足的な意味合いのルールですので、「インフィールドフライが発生した場合には、このように考えて記入する」って感じになります。

故意落球とインフィールドフライの相違点
  インフィールドフライ 故意落球
アウトカウント 無死か一死
必要走者 一二塁か満塁 一塁(二,三塁は問わず)
対象野手 問わず 内野で守備する全ての野手
(内野にいなければ内野手でも除外)
打球 フライのみ(バント除く) フライかライナー(バント含む)
発生タイミング フライが上がっている最中 落球後
発生後 ボールインプレイ ボールデット

インフィールドフライ

インフィールドフライ

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一二塁。3番打者がショートへフライを上げると、審判がインフィールドフライを宣告した。ショートはフライを捕球。1,2塁走者はそのまま」

 インフィールドフライが宣告された時点で打者は即アウトです。言い換えれば、宣告された時点で「○○フライ」が成立するわけです。
 2塁走者(1番打者)と1塁走者(2番打者)は進塁もアウトもありませんので何も書きません。
 3番打者は右下枠にショートフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。


インフィールドフライを落球

インフィールドフライを落球

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者がショートへフライを上げると、審判がインフィールドフライを宣告した。しかし、ショートはフライを落球してしまった。1,2塁走者はそのまま」

 インフィールドフライが宣告されれば打者は即アウトですので、野手がフライを捕る/捕らないは影響ありません。素でフライを落とそうが、ワザとフライを落とそうが打者はアウトなのです。
 2塁走者(1番打者)と1塁走者(2番打者)は進塁もアウトもありませんので何も書きません。
 3番打者は右下枠にショートフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。実際にはショートがフライを落としましたが、インフィールドフライ宣告によって打者のアウトは成立していますので、ショートがフライを捕球したかのように書きます。記録上、フライを取れなかったショートですが刺殺は記録されます。また、ショートの落球によって進塁が発生していませんので、ショートにエラーは記録されません。


インフィールドフライ落球で進塁

インフィールドフライ落球で進塁

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者がセカンドへフライを上げると、審判がインフィールドフライを宣告した。しかし、セカンドはフライを落球し、打球はフェアゾーンを転々としていた。それを見た1,2塁走者はそれぞれ進塁した」

 インフィールドフライが宣告された時点で打者はアウトになりますが、ボールインプレーですので、走者は自分の意思で進塁(落球を確認してから進塁やタッチアップ)しても構いません。
 2塁走者(1番打者)はセカンドがフライを落球したことによって3塁へ進塁しました。打球に対する捕球エラーは、普通ならば打者の右下枠に書くところですが、この例ですとインフィールドフライが宣告された時点で打者に対する「セカンドフライ」は成立しています。そこで、この捕球エラーは、捕球エラーによって進塁した先行走者である2塁走者に書きます。左上枠にセカンド捕球エラーを表す「E4」を書きます。
 1塁走者(2番打者)はセカンドがフライを落球したことによって2塁へ進塁しましたので、右上枠に1番打者(の左上枠)を表す「丸1」を書きます。ここにも「E4」を書いてしまうとセカンドが2回エラーをしたかのような誤解を生むかもしれませんので、そのエラーの代名詞ともいえる「丸1」を書きます。
 3番打者は右下枠にセカンドフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。実際にはフライを落としていますが、インフィールドフライ宣告によってアウト成立ですので捕球したかのように書きます。


インフィールドフライを落球し、併殺

インフィールドフライ落球で飛び出し

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者がショートへフライを上げると、審判がインフィールドフライを宣告した。しかし、ショートはフライを落球し、インフィールドフライの意味を理解出来ていなかった2塁走者は勘違いして3塁へ走るもショートが3塁(サード)へ送球し、タッチアウト。1塁走者はそのまま」

 インフィールドフライが宣告された時点で打者は即アウトなのですから、1,2塁走者に進塁義務はありません。しかし、野手がフライを落球した時には勘違いして「次塁へ走らなければならない」と焦る走者は結構います。
 2塁走者(1番打者)はショートがサードへ送球したことによってアウトになりましたので左上枠には「6−5」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。
 1塁走者(2番打者)は進塁もアウトもありませんので何も書きません。
 3番打者はショートがフライを落球しましたがインフィールドフライ宣告によってフライアウトが成立していますので、右下枠にショートフライを表す「」「下向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。そして、これら2つのアウトはダブルプレーですので、「}(波カッコ)」で括り、「DP」を書きます。


インフィールドフライを宣告も打球はファウルに

インフィールドフライを宣告もファウル

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一二塁。3番打者がショートへフライを上げると、審判がインフィールドフライを宣告した。しかし、強風によって打球が流され、3塁線を越えてファウルゾーンに落球した。打者はアウトにならず、ファウルとなった」

 インフィールドフライが宣告されれば打者はアウトですが、『野手が打球に触れずにファウルゾーンに直接落下した場合』や『野手がファウルゾーン内で打球に触れて落球した場合』など、俗に言う「ファウルの打球」の場合にはインフィールドフライ宣告は取り消され、普通のファウルとなります。
 2塁走者(1番打者)と1塁走者(2番打者)は進塁もアウトもありませんので何も書きません。
 3番打者はカウント欄にファウルを表す「」を書きます。一度はインフィールドフライが宣告されましたが、そのことに関しては一切書きません。


バントでインフィールドフライ

バントでインフィールドフライ

《記録判断 ⇒ 審判・記録者
<例>
「無死一二塁。3番打者が送りバントを試みると、打球がサードへのフライに。この打球に対して審判がインフィールドフライを宣告。サードはフライを捕球した。1,2塁走者はそのまま」

 ルール通りですと、バントの打球に対してはインフィールドフライが適用されないのですが、審判が宣告してしまえば、記録者はそれに従うだけです。
 2塁走者(1番打者)と1塁走者(2番打者)は進塁もアウトもありませんので何も書きません。
 3番打者は右下枠にバント失敗のサードフライを表す「」「」「下向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。

ページ最上部へ▲