故意落球

併殺を狙うため、ノーバウンドの打球を一度触れてからワザと落球するという反則行為「故意落球」の書き方。

草野球のためのスコアブックのつけ方草野球のためのスコアブックのつけ方

■故意落球

☆ポイント

 故意落球とは文字通り「故意に(打球を)落球したプレー」です。厳密には「無死か一死で1塁に走者がいる状態で、内野にいる野手がフライかライナーを故意にグラブか手で触れた後に落球するプレー」です。故意落球が宣告されればボールデットになり、打者は即アウト、走者は元の塁へ戻されます。このルールは普通に捕球できるハズのフライやライナーを故意に落球することによって走者と打者を併殺にするようなズルを防止するためにあります。もちろん、故意落球かどうかを判断するのは審判です。故意落球の条件に合致したと思われる落球が発生しても審判が故意落球を宣告しなければ、故意落球になりません。

 よく間違えられているのは、ワザと落球すれば故意落球になると思われている点です。故意落球は「グラブか手で触れた後に落球」した場合です。打球に触れないばかりか、頭や胸だけに触れた場合も故意落球の対象になりません。

 なお、「故意落球」という記号は存在しません。故意落球は補足的な意味合いのルールですので、「故意落球が発生した場合には、このように考えて記入する」って感じになります。

故意落球とインフィールドフライの相違点
  故意落球 インフィールドフライ
アウトカウント 無死か一死
必要走者 一塁(二,三塁は問わず) 一二塁か満塁
対象野手 内野で守備する全ての野手
(内野にいなければ内野手でも除外)
問わず
打球 フライかライナー(バント含む) フライのみ(バント除く)
発生タイミング 落球後 フライが上がっている最中
発生後 ボールデット ボールインプレイ

ライナーを故意落球

故意落球

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一塁。2番打者はショートへライナーを打ったが、併殺を狙ったショートが故意に打球をグラブに当てた後に落球し、2塁へ送球したが、審判が故意落球を宣告した」

 故意落球が宣告されましたので、1塁走者(1番打者)は1塁そのままです。何も書きません。
 2番打者は右下枠にショートライナーを表す「」「」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。
 現実にはショートがライナーを落球しましたが、故意落球が宣告されたことにより打者は即アウトです。つまり、ショートがライナーを落球したことが無効であり、故意落球の宣告によってライナーを捕球したと見なされるのです。記録上、打者の打撃はショートライナーですし、ショートには刺殺が記録されます。


バントを故意落球

バントを故意落球

《記録判断 ⇒ 審判
<例>
「無死一二塁。2番打者のバントは小飛球に。捕球体勢に入ったファーストは併殺を狙うために故意にグラブに当てて落球したが、審判に故意落球を宣告された」

 故意落球はフライかライナーならばバントの打球も対象です。
 2塁走者(1番打者)と1塁走者(2番打者)は進塁もアウトもありませんので何も書きません。
 3番打者は右下枠にバント失敗のファーストフライを表す「」「」「上向きのカッコ」を書き、中心に「アウトカウント」を書きます。
 現実にはファーストがバントフライを落球しましたが、故意落球の宣告によってフライを捕球したことになります。記録上、打者の打撃はファーストフライ(送りバント失敗)で、ファーストには刺殺が記録されます。


故意落球が宣告されず

故意落球が宣告されず

《記録判断 ⇒ 記録者
<例>
「無死一塁。2番打者はサードへのフライ。このフライをサードがグラブに当てながらも落球し、打球を拾ってから2塁(セカンド)へ送球し1塁走者アウト。セカンドが1塁(ファースト)へ送球したが間に合わず、打者走者はセーフ」

 「無死一塁で内野へフライ」「打球をグラブに当ててから落球」と、故意落球が成立するには十分な材料が揃っていても審判が故意落球を宣告しなければ成り立ちません。宣告されなかった理由としては、審判が判断を誤ったか、それともサードの落球を故意と捉えなかったのかのどちらかですが、このような「故意落球が宣告されても良さそうな場面なのに宣告されない」ことは、草野球では珍しく無いことです。

 このようなプレーが発生した場合は。「故意落球じゃないの!?」という考えは捨てて、実際に起きた見たままのプレーを記入します。つまり普通のサードゴロです。
 1塁走者(1番打者)は(打球を捕った)サードがセカンドへ送球したことによりアウトになりましたので、右上枠にそれを表す「5−4」を書き、中心には「アウトカウント」を書きます。
 2番打者は右下枠にサードへのゴロを表す「」「上向きのカッコ」と「」を書きます。

ページ最上部へ▲